2015/06/06

創価信者が言う、集団ストーカー被害者に対する被害妄想の現実。



交差点の信号待ちの最後尾車両は必ず、ゾロ目のカルトナンバー車両
が止まっているお決まりのマニュアルがあるのだろう。加害者側は少な
い車両で如何に被害者がカルトナンバーを見せる事が出来るかの効率
を考えているのが、信号待ちの車両が多い際に、その車の配置を最後
尾から決まって数台にカルトナンバーをたて続けに置いている事で、そう
判断が出来た。

ただ、この精度を毎回行うには、信号機の操作が欠かせない事で、警察
の介入が浮上して来る。現に彼ら創価信者の警察官もこの集団ストーカ
ーの常連であるのは、以前のブログに記載済みだ。



最近、他の被害者が人工衛星を利用しているとの事を以前から、聞いて
はいたが、権力に迄浸透しようと試みる創価の総体革命が実際にかなり
成し遂げられている昨今、脇道で監視カメラも創価の監視員も無い処で、
継続的に交差点で私の進行方向を遮るタイミングで車、人が湧いて出て
来る絶妙さに、さすがに私も最近打ち上げられている情報収集衛星の
悪用を疑う様になって来た。

通常では考えられられない想定だが、創価信者の衛星担当者が、北朝
鮮のキムジョンウンの動きのない動向を、上司に報告後、上司もか??
見られていない隙にコソコソ集ストの被害者の動向を監視しているので
はないかと、それは、創価の有り得ない行動に慣らされていると、私は
それは有り得ると思える。最近ではそう思える様になってしまった。



集ストの被害者の通る駐車場には、被害者の目に入る所には必ず、
カルトナンバー車両が駐車して有ります。これも、マニュアルが有るので
あろう。兎に角集ストの被害者の視野には、カルトナンバー車両、宅急便、
郵便、新聞屋、を見せ付けて24時間監視状態に置いて精神的に追い詰
めようとして来る。被害初期には、私が外で歩いて見ている視線の先を
周囲にいる工作員が見ていて、私が違う方向に視点を向けた先にタイミン
グを合わせて、自衛隊の飛行機がビルの谷間から離陸等、視点を変える
度に宅急便の猫マークを見せつけたりされた。被害者の中には、これと抱
き合わせで、買い物に行った際に自分が買いたい物の前に人がいて邪魔
していたりと、加害者が単にコンクリートマイクで盗聴していて、以前のレシ
ートで分析して、当たりを推測しているのに過ぎない事や、住居侵入も有る。
そして自分の癖やライフサイクルを詳細にデータベース化されていて、
それを、思考盗聴等にミスリードさせられているのではないかと言う状況も、
私も経験しています。考えて見ると人間の日常なんて、何時も同じで本人
も本来は退屈だと思いますし。

創価信者が言う集団ストーカー被害者に対して、被害妄想や統合
失調症と火消しに走ろうと躍起になってブログに被らせようとする
動機は、自分達が正に行っているこの集ストの隠蔽を謀ろうとして
いるに過ぎないのだろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

左右対称や完璧さに美を求める朝鮮

 まとわりついてきたり、まちぶせしたりする人や車、気配でそれとわかるので逆に気にしたことはなかったのですが、ゾロ目、言われてみると確かにそうです。

 この車おかしいな、と思ってみるとぞろ目であることが異様に多く、ああ、なるほどな、と思うようになりました。

 呉善花さんの本に有りましたが、韓国では左右対象とかピカピカ、完璧さに美を求めるので、例えば3日月とか雲のかかった月は美しいとの感はないそうです。侘びさびについては何をかいわんや。
 通名に左右対称の名前を多い、のもその一つだそうです。

 ゾロ目を揃えている、というよりも、カルトをやってる人たちに朝鮮系が多く、もともとぞろ目ナンバー車が揃ってるのかもしれません。