2015/05/17

集団ストーカー!大和警察署のパトカーの付き纏いの苦情を言いに行った。



最近又、パトカーの付きまといが多くなって来たので、
再度大和警察署にパトカー付きまといの苦情を言いに行った。

もう十何回位になるのだろう。大和警察署に注意しに行ったのは。
彼らは私がクレームを言いに行った時だけはパトカー等の付きまとい
が無くなるが、ほとぼりが覚めてくると、1台、2台と営業中見るパトカー
の台数が徐々に増えて来る。増えて来るだけでは、無くて、例えば、
スーパーで買い物をすると、チェッカーの処でタイミング良くガードマン
が私の前に現れて、その後、スーパーの出口を出るタイミングで、
パトカーがタイミング良く現れる様な事が日常になる。正に私が万引
き常習犯の様な人物像を警察が捏造、仕立て上げを疑う程の茶番劇
で有る。

いやこれは、警察に依る確信犯的な人権侵害を一般市民に対し行い、
それで、防犯ネットを悪用して、裏金造りを行っているのは間違い無い。

警察は、創価学会の後ろ盾の中、創価警察官も含めて学会員が儲かる
カルトビジネスを日本全国でこの様な悪事を展開している。

この様にこれに巻き込まれている被害者は当然、日本全国に居る。

この集団ストーカーを伊達な地名ネーミングとしてでは無く、この日本が
自国民の創価学会員に依り食い物にされている現状に、大和警察署員
の良心で日本人としての大和魂を取り戻して頂きたいと期待しております
し、古来からの築き上げてきた日本の歴史が一人の男の野望で世界に
恥ずべき歴史をこれから刻み始めている現実を認知して頂きたいですし、
それを解消して警察自体を正常化して頂きたいと。

一市民として切に願っております。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私も店から出て駐車場にある自分の車に向かうタイミングでパトカーやスクーターに乗った警察官を見せつけられたことが何度もあります。ですので夏場以外は車の中に携帯電話を置いて店に入るようにしています。また店員や警備員や防犯協会員に強制尾行された事も何度もあります。集団ストーカーの事を知る以前はその店に行くのを辞めていましたが、集団ストーカーの事を知ってからは強制尾行されたら逆に警察と防犯協会と創価学会が集団ストーカーをしている事を説明してやろうと待ち構えています。