創価学会の集団ストーカーを妄想と言われない様に、私に付き纏う全警察車両を止めて逆職務質問

今思えば、7月から集団ストーカー被害が酷くなる前から、加害者側は事前にお膳立てをしていて7月には満を持して一気に加害して来たのだと気付いた。と言うのも私は外廻り営業で自転車で各世帯を廻る際に、AMラジオを左右のイヤホンをを装着して音楽を聞きながら、自転車走行していたのですが、(私洋楽が好きでアメリカ軍のラジオ番組を移動中聞いていた)良く両耳イヤホン装着の事で警察官に過剰な位の注意を受けていた。中には、私が自転車で歩道を走行しているだけで、パトカーが急にサイレンを鳴らしながら、私の進行を遮ろうとバック走行してきて、犯罪者確保の捕物特番みたいに、パトカーに拘束され、パトカーの中から、110番を掛けてその大和警察署の上司に解放して頂いた事も有った。(前代未聞 笑)

それから7月になり、奴等商工会や県警ヘリや自衛隊ヘリ、パトカー、鉄道職員、ライフライン会社、郵便、宅急便、救急車、爺、婆総動員でまるで、北朝鮮の統率の採れた一糸乱れぬマスゲームスタイルの付き纏い、アンカリング、ノイズ、ブライティング、を一気にされた際には、非常に混乱した。通り過ぎる各家から爺、婆がゾンビの如く湧いて出て来た際には、気味が悪かった。今は、知識を得て創価学会員が、この社会と権力迄に浸透し一部?の創価警察官、創価救急隊員、に依る付き纏いで、集団でストーカーする事での利権構造が既に出来上がった中での建前上池田大作への宗教上の生け贄とでも言うのか、私の置かれた立場を理解すると精神的に落ち着いた。

以前警察官がイヤホン両耳装着自転車走行を注意して来たのも、その後のノイズキャンペーンする際に効率が良くないと判断したから執拗に注意して来たのだろう。県警のホームページにもイヤホン両耳装着自転車走行がOKと出ているのに変だと、あの当時は外廻り営業がてら日曜だけ、百均で売っているサインボードに【イヤホン両耳装着自転車走行OKです】と書いて背中に背負って練り走ったり、大和警察署に怒鳴り込んで行ってみたり、ネット県警ホームページにもイヤホン両耳装着自転車走行OKと書いてあるのに何で警察が注意してくるのか、本当の真意が分からずにミスリードさせられ【今日本の表現の自由が犯されつつ有ります】【防犯行き過ぎ隣組に注意!!】等日曜日の繁華街を自転車で毎週計6回位自転車で練り走って一般周知していた。

先にも書きましたが、外廻り自転車営業中に一日多い時で、パトカー、救急車含め14台位に交差点で出会い頭に出くわした。その際その度に大和、海老名、座間警察署、県警本部、大和、座間消防に相談、注意しに行った、彼等は当然付き纏いを認めるはずが無く、ある時さすがに私ムカついて、自分の目前に付き纏ってくる警察全車両を手を挙げて止めてそのパトカーに乗車している警官全員の名前、パトカー番号、その出くわした時間、場所を私が警官に対して逆職務質問をして、救急車は救急車ナンバーをメモに控えて、1ヶ月程毎日日記にして残した。こうすれば、奴等の常套手段の妄想は私には通用しないだろうと踏んだ。映像は撮ってなくて状況証拠にはちと弱いが、近いうちに県、国を相手どり訴訟を考えています。

今は、被害が酷くなる前に、自転車で走行中に対抗してきた恐らく創価学会員の男に先に暴力を受け、私もそれに応酬したので相手に被害届出されて、お互い書類送検後不起訴になった。( そして私が不起訴になると思いきや奴等先の男と同じようなトラブルメーカー男を私へ又充てがって来たから、結局私の職を奪う為の策略だったのだろう )先ずはこの男を今通常裁判で訴訟中なので、この件が落ち着いたら第2段として負け戦覚悟で訴訟ってみようと思います。因みに以前の私の日曜周知活動に依りイヤホン両耳装着自転車走行は創価学会員の工作員達に多分に普及した。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

furan

Author:furan
このブログはリンクフリーです。
初めまして。furanと申します。集団ストーカーを被害妄想と統合失調症等の精神疾患者と同様なレッテルを貼り付けようと信者全体で被害者を囲い込んで隠蔽しようとする大多数の創価学会員と一個人との闘い!昨年相模原より帰郷し、今は北海道在住です。:相当昔から被害を受けていた様ですが、本人はタイミングが良過ぎるな位にしか思っておりませんでしたが、7月1日から特に集団ストーカー被害が酷くなりました。被害初期は混乱していましたが、その2週間後目には。一念発起で一人町田街宣をして創価学会員に殴られたりと、この被害前には有り得ないほど退屈な日々でしたが、突如の短期間で波乱人生津波乗りサーファーにでも無理繰り仕立て上げられた様な感があります。(因みに私はサーファーでは有りません)

※注!

因みに、投稿コメントへの書き込みに対しては、基本的に返信は致しませんのでご注意下さい。この投稿コメントは、加害側の探りの道具に利用されておりまして、正直ウザイ!!(笑)為、宜しくお願い致します。常連の被害者さんは個人メールの方へお願い致します。その他の方は、公開しないで投稿する機能がこのコメント欄で選択出来ます。

現居住 北海道

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR