FC2ブログ
2020/08/01

7月30日(木)反日カルト、集団ストーカー組 織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。

7月30日(木)反日カルト、集団ストーカー組

織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。


先日、札幌ゲリラ街宣を市内中心部にて約40分程周知活動行い、

街宣途中に女に拡声器を壊されてしまいました。

30, July Gang stalker: The other day, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 40 minutes.

This street propaganda activity ended in 40 minutes due to the unintentional interference of a woman. I went to the police after the assault and the loudspeaker was destroyed, so I received a compensation fee from the other party and solved the problem. The long sentence in Japanese is an explanation of the tricks of terrorist activities on victims of the cult Soka Gakkai. The tricks are clever and difficult to explain, despite their low intelligence level.









mBNmBzwBWjqGAfR1596279274_1596279290.jpg

拡声器のコードが引き抜かれ、音が出せ無くなりました。

因みに、以前にも記載しました、玄関框を檜で自作したものです。まだオイルステイン
は塗っておりませんが、数枚の床貼りと共に金具取付後に完成です。

今回の街宣は、過去警察沙汰になったケースでは、ほぼ半年振り以来位の創価が差し向けて来たらしい妨害者事件となったが、過去にも拡声器を壊された同様なケース事件が約2年程前にもあった経緯も有り、この様なカルトに支配されつつある社会では如何ともし難いこの犯罪の被害者で有ればガスライティング工作と云う様な特異な状況に一方的に蹴落とされる訳なのですが、今回のケースで説明するとある一定の期間の間にほぼ同一の場所、人物、場面でのシナリオ演出である監視、嫌がらせ行為のスケジュールが事前に用意されており、全ての演目が終了すると、再度最初からのループプログラムで同様に工作が行われる。その間に、被害者に対して効果が出たと見るや途端にここぞとばかりに右肩上がりの工作数増加が顕著になるが、何れにしてもどの道工作は止む事なく、それが永遠に繰り返すと云う精神への連鎖的圧力での心理的疲労破壊させる目的のゲームなのです。

 この心理ゲームは一部の国の諜報機関から以前から存在していたらしいのですが、余りの下らない独自なチンケでカスなエッセンス満載の工作からも、どうやら創価がそれをデフォルメしたらしい事は、彼等の病的な執着心からもヒシヒシと伝わって来る。そして今や日本全国津々浦々で行われる集団ストーカーと云う名の独特なガスライティング工作は、創価信者の出来の悪い藪医者精神科医者供がこの仏敵心理ゲームのマニュアルを作っているしい原因と共に、余りの知性レベルの低い学会員供が演出する大根役者振りが功を奏し、結果的に学会員供への娯楽の提供の意味合いと共に、そのお馬鹿信仰からのまさかの学会組織への不満や変節者がでぬ様、又は信者が信仰に対しての疑問を一切持たせぬ様、徹底して自身で物事を考える事こそが悪で有ると洗脳させながら隷従と全体主義の忠誠を徹底的に躾けられる。その様な常軌を逸した狂気な信仰教義を具現化させた集団ストーカー共謀犯罪は、組織的には、その一糸乱れぬ団体マスゲーム的要素からの効能から団結心、共感、達成感、選民意識の醸成と組織のガス抜きが主目的の様で、この集団ストーキングを信仰の基本教義の勤行として取り入れている様だ。しかも、この令和の時代になっても時代錯誤の中世の魔女狩りと同様な事を現代に行い、その中世の魔女を仏敵に挿げ替え、例えば、SNSでその仏敵の位置情報をGPSや監視員により場所を常時把握特定し、その仏敵の行く先々で洗脳され思考停止にさせられた学会員共を動員しながら、あくまで偶然を装って交通事故や事件を自作で演出し、このゲームとは一切無関係な一般人の犠牲者まで出しながらも黙々と人物像捏造工作に取り組み、それがあたかも仏敵がその行く先々で痛ましい事故、事件が起こるのは彼らが信仰上憎む、第六天の魔王と同一の被害者の仕業だとの人物像レッテル貼りの理由付けの為に、金集めの道具として各地に被害者を選出させて、彼等の洗脳カリキュラムから被害者に対しての動物的感性での憎悪を抱かせる巧妙なマインドコントロールを反復させる事で、完全に組織に言いなりのロボット化した金太郎飴の如くの池田大作ユーゲント兵隊となる様だ。

 やはり、常人にはかなり理解しずらいカルト犯罪ですから常に前置きが長くなってしまうので、敢えてこの位にして本題に入ります。街宣映像②の終わりから③に掛けて、私の街宣途中に、自称知的障害者3級?の見ず知らずの女性から因縁を付けられ暴行を受けた事件なのですが、今回も刑事事件化せずに拡声器の弁償代金をその相手女性から貰う事で不問に付す事にした。それは何故なら知的障害者が事件を起こしても不起訴がほぼ確定してしまう国でも有るし丁度、池袋で起きたあの痛ましい母子の交通事故と同様に、勲章を貰った元役人を加害者に選定してその過失を意図的に免れる資格者をその条件とし、最初からその様なシナリオを描き期待している確信的な手口と同様だと私は見ているのと共に、しかもその女性自ら暴行事件を起こしておいて私に対して自ら知的障害者である事ををアピールし、あたかも事件の免責を狡猾に仄めかして来る時点でこの女性の意志と云うよりもむしろここに落とし込みたい背後に創価の描いた既に想定し尽くされた選択の余地さえ無い計画的なシナリオ工作である疑いの方が強いと思った。

 しかもその当時にも同様に偶然を装いタイムリーに起きていた私の街宣日である木曜日に当て付けの様に立て続けに起きていた事件があった。それは大通り公園テント切り裂き事件と共に、JR札幌駅での刃物振り回し事件から、その様な普段からの連想心理ゲームプレーヤーに強引に取り込まれている私の立場からも、学会が予め私へのその様な街宣を止めさせたい目的からそれを言い換えれば、この様な事前仕込み工作?事件から対応した私がその刃物に反応して、それに対抗しようとの自己防衛本能理由から実際に刃物武器武装所持での街宣に切り替えさせてそこに誘導したい様な警察内部に潜む学会員供の筋書き通りの罠へ、私をまんまと誘導するつもりでいた意向があった筈で、若しくは私が街宣主催する自信其の物が刃物武装所持で裏打ちされている武器の威を借るまやかしの自信であるとでも彼等は確信していたのだろうし、彼等がそう思い込み信じて疑わない私の人物像と重ね合わせてそれが当然一致するに違いないと念願していたであろう信仰だ。

 それでその様な筋書きで罠を仕掛けて置いて、事件後の事情聴取時に彼等当て付けシナリオである所持品検査から刃物発見を期待しその結果、銃刀法違反での検挙を信仰の果実としていた筈だ。そもそもが、被害者立場である私に対して所持品検査とは事件の経緯からしても明らかにおかしいし、最初から所持品検査ありきでそこに警察の何らかな意図を隠蔽している事は、その不自然さから明白だった。実際事情聴取後に私への持ち物検査が取り行われたのは云うまでも無いし、その検査の動機の裏に彼等の工作の核心である銃刀法違反での摘発からの社会的抹殺を図ると云う様な仏敵への強い信仰を感じた。

 一般の方々は、当然警察官がまさかその様な工作をやる訳無いと高を括るでしょうが、現実に警察の一部創価信者警察官やその協力者は普段から、学会員供と共謀しながら公務を公私混同しながらパトカーにてお得意のマスゲーム的要素をタップリ取り入れた実に下らない監視行為を好んで行って来るんてすから、正に空いた口が塞がらないとはこの様な事を云うのだろうと思う。そして今回も札幌ゲリラ街宣でも、例外無く何時もながら何かしらの工作に備えながら街宣前の札幌駅前に於いて、事前に工作を避けるコツから敢えて誰もいない場所で街宣準備をしていると、やはり数分もすると何処からか早速学会員の監視役と共に現れた容姿スタイルの良い?女性が私の目前をこれ見よがしに如何にも思わせ振りに歩いていく姿だった。当然、その周囲からまぁ〜下ら無くしょ~も無い浮いた不自然さから、直感で私は何時もの何らかな工作であると思い不審に思ったが、大概が工作の序章の布石工作で有る場合が殆どであるからある程度はその様な備えの心持ちだけはいつも持つ様にしている。

 しかもその工作自体は、工作指示を出している創価幹部の創価脳の発想力が概ね中学生高学年程度の知性レベルなのと共に、未だ世に日の目が出る筈も無いし寧ろそれをひた隠しにしているこの工作マニュアルの根幹である人間関係での人間学の新境地、如何にカスっぷりを極めるかの人間カス学と共に、その哲学的応用の副産物、カス道、追及の新しい倫理観価値を闇雲に開拓創造する名前の通りの創価学会の下らない新ジャンルである画期的な取り組み観点から真摯に今回彼等の描いたチンケなシナリオを想定してみた。それでそのシナリオはこうだ『先ず、仏敵に容姿スタイルの良い女を事前に見せ付けて於いて、性欲を感化させておく。その後学会員女を仏敵の街宣中に因縁を付けさせて拡声器を壊す、それで当然仏敵は学会員女の暴行に対する応戦から手を出して来る。それで先程事前に仏敵に工作して事前に性欲をそそっておいたから当然にHになっていて、きっと学会員女の体をどさくさ紛れに触って来るよ。その後現場横に停車していたグルのタクシー運転手のタクシー内に仏敵を誘い込み、そのまま仏敵は多分ラブホにでも行けば、強姦容疑と共に体を触った痴漢行為での申告で社会的抹殺完了で、皆で祝えるよ!因みに、タクシーの車両ナンバーは、交差点毎で何時も仏敵に見せ付けているゾロ目の11がいいかな?それを徹底しとく事も忘れないでよ!』とこの程度の知性レベルの創価学会員共の発想により、勤行シナリオを一方的に彼等が決め付けたその程度の人物像に都合良く当てがわれ、常時その様な低レベルの嫌がらせ工作を受け続けるのです。しかも前回と比べて、今回は工作自体に女性を登用する事で、性を武器に追加した工作に新バージョンアップ化し、更なる進化を遂げている事が問題です。それは何故なら、再来年位に又、新たな工作が待ち受けている事が容易に想像出来得るからなのです。

 処で現場の暴行女は、その時に私の腕を掴み私を軸に左回りでグルグルと回り始めておりました。これには、彼等のしたたかな算段が有って、私がデジカメで撮影している焦点を振り回す事によって暴行女への焦点を合わせられない様にする試みであり、それで私が咄嗟に機転を効かしてそれを逆手に取りながら、ある考えがひょいと浮かんだので早速そのシナリオを実行する事にした。それは冷静に相手を見ながら先ず映像で暴行女が繰り出すパンチ映像を確実に撮影した上で、当然に周囲のオープンカフェにいる目撃者達でさえも振り回される拡声器の死角で殴られた箇所の特定は実際目撃確認出来ないだろうと思えたので、その後駆け付けた警察官に対して取り敢えず、私はこの暴行女から胸の辺りを殴られたと警察にその殴られた部位をアピールし、その様に申告していた。それは今後の聴取状況展開で私へ有利に働くと確信を持ったからで、これはあくまで今後の暴行事件が起こるであろう事からその再発牽制効果の意味合いを持たせたい意図と共に、事によっては相手がお触りされたとの偽証から度風向きが180度状況が変わる可能性も考えられる。しかも性絡みの明らかに圧倒的に女性に分が有る立ち位置からの咄嗟の私の自己防衛からの現場判断での申告で有り、偽証してそこから金銭や不当な相手への懲罰制裁要求目的では有りません。

 そもそも知的障害者からのパンチや蹴りなど、10キログラムの拡声器の重量ハンデを持ちながらでもいとも簡単に全てかわしておりました。その後殴られた箇所を警察官が写真撮影したいと云ったので、Tシャツ一枚の下腹部をその警察官と共に、取り調べ室に居た他の4人の警察官に見せた。私、最近の巣籠生活での贅肉が下腹部に付いていたので、わざわざ見せる必要も無いのに披露した事を後で後悔していた。その後、拡声器の弁償代24000円をその女性から貰う事でこの件を水に流した。

 それから暫くして、分割支払い(笑)などの紆余曲折場面もあったが、結局24000円全額を相手女性から受け取った。そしてその24000円の金額根拠も取り調べ室で、スマホで検索したアマゾンの金額よりも5百円多かったが、拡声器に貼り付けていた旭日旗のシール代金も含めてほぼ同額かと思ったので、余りな妥当な金額過ぎてこれも仄めかし工作かと勘繰ったが、考えるだけ無駄であるからそのまま弁償金を受け取ってその場はそれで終わった。

 それで自宅に戻って、ケーブルテレビ電源を入れて拝聴し始めると、最近のCMパターンと違い早速、下腹部の贅肉を落とすサプリメント?CMを明らかな私への当て付け仄めかし監視工作?!を何時もながらな精緻なタイムリーなタイミングで放映して来るのですね。皆さんは一個人に対して監視を仄めかす目的でテレビCMや、生中継でのワイドショー番組等のMCが個人の夕食メニューの言い当てや行為のリアルタイミングでの発言、反映など信じられないでしょうが、創価学会批判を毎週行う街宣主催者の私へは、一千万人の学会員共の総力を挙げて、監視、嫌がらせ、不安創出、感覚の創出、悪評の流布等のガスライティング工作を一致団結し行い、それを病的に行う異常な社会となってしまっている国日本。それは政権を牛耳る権力があればこそ可能な狂信的な似非カルト宗教組織犯罪なのですよ。

 但し、恐らく実際その様なテレビからの仄かし被害を受ける真の被害者は、全国で百人以内程では無いだろうか。何故ならその様な同様な被害者が例えば1万人もいれば、テレビからの特定の人物への仄かし工作など到底同時には成立しないし、しかもそこから更に被害者の中からも重点的敵対者として厳選されて工作されているらしい様だ。特に私はその重点的敵対者に該当しているのだろうから、外国ドラマやケーブルTVしか見ないし、流石に外国テレビ番組だとその仄かしは無いが、CMは日本の通販物が絡み上記の通りに創価の工作がやり放題状態です。因みに、地上波テレビ番組に出演しているキャスティングに例えると、基本拝聴して無いのでチラッと電源入れる際に見る位で詳しくは有りませんが加藤浩次さん、サンドイッチマンさん、所さん、博多華丸さん、創価学会系タレントか、在日朝鮮系タレントがその殆どだと思える。これは、ご本人云々と言うよりも、テレビ業界の裏方組のスタッフ迄も含めて創価支配の反映では無いでしょうか?しかも学会員共は、普段から集団ストーカー被害者に対して、偶然を装っての進路妨害や事故誘導をほぼ交差点毎程の頻度で罠を仕掛けて来る様な集団なのですから、お笑い界の大御所の志村けんさんさえも、当然学会が邪魔と思えば例外では無いでしょうし、ゴールデンタイムでのレギュラー番組での出演チャンスを学会員タレントへ渡したいと云う動機が仮にでも有れば、志村外しの為に肺に問題の有ったの疾患に乗じて、偶然を装いながら意図的に感染させた可能性も考えられると思いますし同様に、創価悲願の女性天皇擁立に邪魔になる秋篠宮家が正にガスライティング工ケースに合致していると私はそう確信する。

 そして今後、一般の方々もいつ創価学会から一方的に敵対者としてこの被害を受けるかも分から無い訳です。この様な事は、政治に関心を持た無くなる様な愚民化政策によって行き過ぎた漫画やアニメ、パチンコ、インチキカルト宗教を道具に、国民の人心のチンケ化へ誘導し、カス学カス道(笑)の一千万人の信者実践で社会を骨抜き、腰、腑抜け文化を蔓延助長させ、自身で物事を考え決断、実行する力を奪う事での結果、国防すら体たらくにし国を乗っ取らんとする創価学会の戦略であろう事に最近信憑性を痛切に感じ始めております。

 最後に書いておきますが、未だ創価学会と云う反社会的なカルト集団の実態が報道で伝わって来ませんが、私の主観だけでは無く、仮にでもその真相事情が社会全体に知れ渡れば例え、この集団を誰がどの様に見たとしてもきっと共通した感想になるに違いない。それは創価学会は新しい全体主義者集団で、人類史上最も卑劣で最低レベルの知性信仰を信者で共有する世界一最低な下らんバカ集団で有る事だけは間違い無いと思える筈だ。盗聴教団、ストーカー集団で凡そこの様なレベルの低いカルト集団は日本以外に発生し得ないと断言できる。それは何故なら上記の愚民化政策が実際功を奏しているからです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re: 試してほしいです。

それはあなたの頭がおかしいか、創価学会のカス共かのそのどちらかですよ!

Re: Re: 試してほしいです。

金を巻き上げられ、集団ストーカー要員でありながら創価の奴隷。しかも偽本尊に願を掛け功徳、ご利益の箱の中はそもそもすっからかんのカラ!それでも騙され続ける無意味で哀れな創価学会員の人生に幸あれ!

Re: Re: 試してほしいです。

創価学会員のあなたは気がちっちゃいバカ信者だから本名も書けずになりすましか。堂々と本名名乗れよ!創価のカス共!