FC2ブログ
2020/07/03

国会議事堂裏議員会館前にて反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 街宣を行います/ 7月2日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。

国会議事堂裏議員会館前にて反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 街宣を行います。

6735beb8e2ddf632fb1059229bc5937a_t.jpeg


日時: 2020/7/16(木)

開始:11:30〜        

場所 : 東京メトロ 国会議事堂前出口を出て、国会議事堂裏衆議院会館前交差点付近にて行います。

 我が国、日本の立法の府である国会の衆参両院議員に対し、なるべく一人でも多くの国会議員に対し、この集団ストーカー組織共謀犯罪の現実情を訴え、認識を持って貰いながら、この問題に対し国会の場で取り上げて頂ける様直接問い掛け周知を試みます。

 公権力に迄浸透しながら、警察権力の防犯利権と巧みに懐柔癒着し、学会の集金力維持拡大、利権収奪の為に組織を挙げ、日本全国津々浦々でこのカルトビジネスを展開しながら、信者を駆り立て集団ストーキングを道具としていると確信する。それに依り、放置され続ける全国の被害者に対しての非人権的な実状を先ずは一人でも多くの国会議員に対し周知する。

 他、過去に、参議院予算審議会等で議題に挙がった内容と同様に、創価学会員が共謀し、個人に対しての尾行、張り込みの嫌がらせ等の反社会的行為を、未だ止む事なく現在に及んでも常時継続されている顛末と共に、今では創価学会と一体不二の公明党が自民党と連立政権を組み、その連立政権の実態は、犯罪者集団と自民党とが日本政府の一翼を担う国家権力側におり、当然この組織共謀の抑えが効かないばかりか更に助長し、かつ巧妙、狡猾にそして大規模となり、それはまるで中国共産党が国民を監視する以上の個人監視行為を実際、この民主主義国家である日本国の国内社会の水面下で行い、正にあのオーム真理教を超越する程、卑劣で陰湿な組織共謀が全国で常時行われている実態への説明責任を公明党議員と共に連立政権の盟主である自民党議員に対しても同じく要求する。

On July 16, I will carry out anti organized crime propaganda activity in front of the Nation Parliament members Office Center in the back of the National Assembly Building. In this activity, the cult Soka Gakkai formed a LDP and a coalition ruling party, and against the backdrop of its enormous power, I would like to ask parliamentarians to solve the abnormalities of the country that is conducting terrorist activities against general individuals. In addition, as long as the Komeito and Soka Gakkai, which are all inducing profits to Chinese Communist Party, exist in the ruling party, they will not be able to guarantee the freedom of people in Hong Kong, Uighur, and Tibet. And This anti-social cult religion and the Chinese Communist Party also add that they are a common enemy of humanity.
(The Komei Party is the same as the Soka Gakkai organization, and is a political party that guides the cult's interests.)


7月2日(木)反日カルト、集団ストーカー組

織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。


先日、札幌ゲリラ街宣を市内中心部にて約1時間半程周知活動行い、

地元最寄り駅前でも約30分行いました。

2, July Gang stalker: The other day, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 1.5 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2 hours )











因みに今回、私の遠距離移動のジンクスの件ですが。

一昨日の6月30日に、警視庁公安の担当者の方に、7月16日開催予定の街宣を事前に日時、場所を打診していた処、7月1日の昨日、その担当者の方より問題無いとの回答を頂いた後に開催を決定しました。そこで何を言いたいかと記せば、以前からの私の遠距離移動のジンクスです。

 昨日、7月1日、東京都上空でで火球が観測されたと報道されています。それは、去年1月10日に私が投稿したブログ記載内容と同一に踏襲しており、未だ、私の街宣内容では確証の裏付けが取りづらい周知活動なのが現実ですが、ただこの活動の誠さは、創価学会員共の悪事を天はとっくに御見通しであるのを私に正義をお示し下さっているのかも知れないと、信仰を持た無い私でさえ神の御心が思え伝わって来るかの様だ。そう言えば思い返してみれば、去年1月3日に場違い?の北海道神宮前で年初の街宣を行い、今回も国会閉会での街宣開催で、この周知街宣が国会閉会なのにも関わらずに果たして効果的な周知効果なのかどうかと自身に問い、内心懐疑的な気持ちになっていたその時と正に同じ心境だったのを思い出しました。しかもその隕石と今回の街宣内容の落とし所がが千葉県が起点での成田空港発着ですし。

下記にその去年1月10日投稿の私のブログ内容を一部添付しときます。

2019/1/10投稿の私のブログ内容です。  一部分抜粋。

『一人で他に依存しないで体を張りながら単独であの邪教テロ集団共と戦い、ひたむきに誠の真実を社会に対し訴え続ける私の姿勢に対し、それが天に通じた!??それは正に、神からの人間界の私に宛てたメッセージであると思えてなら無い。それは、目に見える形で火球をその手段として道具とし、私に対してもお導きの目を掛けてくれているとのアピールなのかもしれないと思えた。私は恥ずかしながら信仰は持ってはいませんが無神論者でも無い』

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント