FC2ブログ
2020/02/28

2月27日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。 27,Febrary Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

2月27日(木)反日カルト、集団ストーカー組


織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。

27,Febrary Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5 hours.)

昨日、札幌ゲリラ街宣を行いました。今回、大した理由にもならない様なつまらんシナ批判内容が元でツイッターが凍結された為、未だ街宣映像をツイート出来ていませんが、約2時間程の周知活動を行いました。
















 今回の街宣は、身障者を要所要所の交差点に配置した後に、創価の最終兵器の救急車(笑)を、かれこれ30年来以上拝聴して無い年末の紅白歌合戦オオトリの北島三郎さん登場と同様な演出仕方で、『貴方は、怪我をして救急車で運ばれるのよ!!』とのガスライティング常套手口の一つである精神不安の連想演出の為の目的のカルトらしいチンカスさが売りの手法で、私の街宣経路に待ち伏せ(笑)の他、道警本部前では救急車がサイレンを鳴らしながらの創価祭りの山場を迎え、『大・作・先・生っ~!!』とカルト雄叫びの池田大作先生への忠誠を、当て付けの私(仏敵)に対しての嫌がらせ、監視行為に変換しての精神的な追い込み勤行なのである。そのカルト創価の余りの病的で幼稚な一生懸命な健気さと共に、大の大人がど真面目に雑技団的な妙技の数々を私に対して披露する事で、さも上から目線で『どうだ!まいったか』と、ドヤ顔で、その安い主従人情ドラマと共に、マスゲーム的妙技精度の高さが私への精神的受傷ダメージと連動比例しているゲーム設定らしく、それを永遠と一方的にそれを見る事を強要される。私にとっては、この知性や感性の欠片一つ無い、どうでも良い邪教カルト共の、下らん価値を創造する名の通りの創価のカス共の、分かり易い単細胞的ワンパターンなカルトの単純レベルを見るに付け、面倒臭さと共に、笑いを誘う。当然、一般の方々から見れば意味不明だとは思えますが、あのイカレたバカ宗教に洗脳された信者共と同様に、我が国の政権与党第一党の自民党が支配されている構図と正に重ね合わせる事が出来る

 因みに、台湾旅行でのジンクスを書いた後で、今回の山口県への出張のジンクスを思わず書き忘れてしまいましたが、珍しくステップダウンのジンクスは、無かった様に思いますが、強いて書けば過去、2年前の山口県への出張の際は、2018年8月26日に新千歳から出発し、その10日後の9月5日に北海道全域が台風の災禍に晒されたその翌日には、海道胆振東部胆振地震が有りました。丁度、出張での私、不在の自宅周辺も断水、停電が一週間程続いた様でして、その難を逃れられたのはラッキーでしたが、今回の山口県への出張では、2月9日に新千歳を発ち、13日に択捉島沖でマグニチュード7の地震が起きた事?ですかね?その前回の山口県への出張の内容は、以前のこのブログ内容で『8月30日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 広島ゲリラ街宣を行いました』に記載しています。
何にしても、私は信仰を持っていないが創価の邪教共と、単独でそれと戦う私とが、どちらが正邪の行いかを天が指し示しているのかも知れない。

おまけ。一般の方々は、まさか、たまたまだよ!とお思いになられるでしょうけども、実際そこまで徹底してやるんですよ。



  山口県に出張に行った帰路に、東京都内での国会議事堂建屋前でカルト宗教の糾弾街宣を行おうと、帰路の航空券を手配したつもりが、手違いで、私の勤務する会社本社にて、東京羽田乗り継ぎでの間を置かない乗り継ぎに手配予約してしまった。それだと、乗り継ぎ時間が60分程度となってしまい結果、議事堂前での街宣が出来無くなる事に途中で気が付き、慌てて、改めて乗り継ぎ時間を最低6時間程度取り、街宣が出来る様に再予約しようと航空大手2社の予約サイトを見てみると、びっくり!街宣終了時間が13時以降の便が全て空席待ちで2社共一時満席に。しかも、出発5日前の平日出発で!?恐らくは、学会糾弾の街宣を何とかして止めさせたいカルトの動機で東京出張中の学会員共が動員されたか、仮に予約したかのいずれかでしょうか?!しかも、国土交通大臣はカルト信者大臣ですから。結局、成田発のLCCで予約が取れ、事無きを得ました。因みに、彼らはそこまで一個人に執着している病的なカルト集団なのですよ。何にしても、私は信仰を持っていないが、この様な偶然が創価の邪教共と単独でそれと戦う私との、そのどちらかが正邪の行いをしているかの答えを天が指し示しているのかも知れない。何故なら、日本人の人生の内で大地震後のブラックアウト経験を、一度遭遇するかしないかの確率を、1ヶ月程度の出張で、かわす事が出来ている事です。しかも、東日本大震災の際には、私、神奈川県相模原市在住で、計画停電は、行われる予定の地区で有ったが、結局行われな無かった経緯も有る。ですが今回の出張で一番救われたのは、道内での感染経路源幹線であるJR千歳空港行きの通勤満員電車に札幌雪祭り期間に乗車を避けられた事だろう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント