FC2ブログ
2020/02/23

2月19日(水)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 広島ゲリラ街宣、2月21日(金)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 国会議事堂建屋前街宣を行いました。On February 19, I conducted a publicity anti-organized crime propaganda activity in Hiroshima city center to disseminate anti-organized crime, and on the 21st, I did the same activity in front of the National Diet Building in Tokyo.

2月19日(水)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 広島ゲリラ街宣、2月21日(金)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 国会議事堂建屋前街宣を行いました。

Gang Stalker:
On February 19, I conducted a publicity anti-organized crime propaganda activity
in Hiroshima city center to disseminate , and on the 21st, I did the same activity
in front of the National Diet Building in Tokyo.

I have no intention of associating anything, but one year ago a suspicious traffic
accident or mass murder that occurred daily in Japan, the Shurijo Castle fire in
Okinawa at a World Heritage Site, the Shirakawago Fire in Gifu Prefecture, the
Japanese government A fire on a dedicated aircraft probably has the potential
for terrorism. It resembles an artificial fire in Australia, a major influenza pandemic
in the United States, and the coincidence of coronavirus outbreaks. It's like a
conspiracy theory, but there are believers who have been brainwashed in 190
countries around the world, and an antisocial and dangerous cult Soka Gakkai
holding an estimated asset of 10 trillion yen has a motivation for concealment
of ferocious nature, I think so there is a little possibility to do that.

Incidentally, 249 of the 284 members of the Liberal Democratic Party of Japan's
ruling party are already dependent and controlled by this antisocial cult Soka Gakkai,
which holds 6 million votes in elections.

In the future, Japan will give priority to interests with China, and there is no doubt that
this cult religion will lead them to pro-China.

今回の街宣では、広島市内中心部に於いては、約3時間程度、東京都内では国会議事堂建屋前で一時間半程度の周知活動を行いました。

2020/2/19 広島市内中心部

Activities in the center of Hiroshima City, Hiroshima Prefecture





















2020/2/21 東京都内、国会議事堂建屋前
Activities in front of the Parliament Building in Tokyo












私の勤務する会社の仕事での出張で、山口県岩国市で仕事を行ってましたが、この国が今現在緊急事態の正に、国難の状況下に於いて、歴史で言い換えるならば、長州の奇兵隊の出現でも無ければ国が滅び兼ねない局面に於いてさえも、政治に関心を示そうとし無い、羊の群れの如くの国民と共に、コロナウイルスが国内で蔓延中なのにも関わらずに、緊急事態条項加憲を阻害しようと企む、カルト創価公明に完璧に洗脳され盲目的に隷従、思考停止させられた創価信者とが国民の中で立場上潜在的に水と油で分断混在し、これと同様に、この問題解決に早期に取り組まなければならない政権与党多数派内の自民党国会議員284名中249名がカルト創価の小選挙区、比例代表制での学会票で当選している依存実情の手前、与党内では弱小少数派のシナに媚び諂う公明党山口那津男代表が先頃、加憲よりも現行法でのコロナウイルス対策発言に、次選挙での学会員票を期待しながらも、落選懸念不安に常に苛まれ続ける事での創価頼みの内情に、国民の生命すら対応を蔑ろにする創価公明の意向や、顔色を伺いながら忖度し、既にカルトの言いなりの自公推薦自民党議員だ。国民、自民党自体も気付いていないが、事実上自民党は既に凋落解体状態で有り、多数派で有りながらも自主性の機能不全へ陥っている。その様なカルト神輿に担がれている安倍首相や、利権欲旺盛の二階幹事長とてカルト創価と方向性を一にし、現状二個一の一蓮托生カルトファッショ政党へ戦前回帰変質中だ。

 将来的に、二階幹事長や自民党自体も、歴代の警視総監の様に創価の犯罪を揉み消してきた便宜を謀って来たのにも関わらずにいざ定年で退官すると、その後創価に相手にもして貰え無いかの如きに、用済みになると捨てられる運命だろうな。引用ソース、『水滸会記録』元創価学会顧問弁護士山崎正友氏著書から。

街宣後、江別市の自宅マンションに帰宅すると、基本、北海道での道路舗装公共工事は、除雪経費追加計上、作業効率性を考慮に入れ、春先での着工が常なのですが、特段緊急性も無い様な舗装工事を去年から永遠と工事している異例さで、市議会に巣食う学会員共の仏敵への騒音嫌がらせを冬期間にマンションの南側で行い終了させ、春先からは、北側の再開発に途切れ無く嫌がらせ勤行行為を行いたい様な病的なカルト性の介在を疑ってしまう。しかもオリンピックのマラソンコースの整備さえ春先からでの工事を行う姿勢らしい札幌市よりも、工事を前倒し迄して冬季施工する理由は何処に有るのだろうかと考えると、結局は、冬期間公共工事で潤わない学会系ファミリー企業への利益誘導か!??
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント