FC2ブログ
2019/12/13

12月12日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 12,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月12日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀

犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。

12,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5hours.)

 今回、札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の周知活動を行いました。













 街宣途中、大通り公園にて私が拡声器で喋っていると、本日の学会のテーマであろうタクシーと共に、ダンプカー2台が私の傍らに停車して来た。それに以前にも記載しましたが、私は今現在千歳市内で勤務していますが、当然勤務中にも、彼等は、一方的に嫌がらせを行なって来る。がしかし、その目立ったものに対しては、その都度返り討ちにする様にしておりますが、切りが無い程次々と湧き出して来る。特に最近は、タクシー会社各社に潜伏する学会員供が共謀し、その営業車両を使用して、私の乗車する社用車に対して、進路妨害&監視行為の抱き合わせで、意図して敢行して来ていた。本日の街宣時でさえ、普段の街宣時よりも、学会側がタクシーの存在感をアピールしている様でも有ったので、私は、「タクシーの後ろ2台のダンプカーも何か意味が有り匂うな!」と意識した途端に、咄嗟にフラッシュバックして思い出していた事が有った。それは以前の、確か2回目の国会議事堂建屋前街宣でも、私が拡声器で喋っている正に真横に一台の2トントラックが停車して来ていた過去の同様なケースが有ったからだった。それはどう見ても、道路工事の現場資材満載の2トントラックで有り、以前の近隣の首相官邸前や自民党建屋前街宣に於いても、この場所にこの様な作業車が停車しているのを見た事も無かったし、少なくても、近隣には現場も無く、周囲からは、明らかに場違いに映っていたし、不自然に浮いていた様に見えた。この様な独特な感性は普段からの経験から、学会員供のしょーも無い嫌がらせの手引書が既に私の頭の中にインプットされており、そこからの引用から導き出した答えだった。それで私が、「このトラックは、学会員が乗っており、トラックから排出するマフラーからの廃棄ガスで嫌がらせしているのですよ!」と、即座に彼等の意図を読み、発言した途端にそのトラックは動き出し、掃けて行ったのと同様に、今回もそれと正にオーバーラップし、しかも、この街宣途中から大通り公園にタクシーと共に、後続として停車して来たこの2台のダンプカーに至っても、チンカスな学会員供の考えそうな仏敵への嫌がらせの勤行だろうと判断し、それで私が拡声器で「この2台のダンプカーが停車している理由は、排気ガスでの私への嫌がらせで、学会員だろ!」などと喋り出した途端にこのダンプカー2台は、早速反応し、動き出し始めたが、其の内の後ろの一台は、私が最後に発したフレーズの「学会員だろ!」に、再び私が断定した事に即反応した様で、それがよっぽど彼等の天邪鬼なカルト心に火を付けたのか、その内の一台は、その場所から前走車に連んで一緒に動き始めたのにも関わらずに、それを拒むかの様に途中でその場所に再度停車し、その後もそこに留まり続けた。しかも、この集団は呆れた事に、風向き迄考慮に入れている程の気の入れ込み様のいつもの呆れた信仰なのです。この盲目的に隷従する創価学会員供は、嫌がらせ出来る物で有れば、何でも使いながら一方的に嫌がらせして来るし、例えば、夜であれば車両のヘッドライトを、邪教ビーム(笑)として、徒党を組んで、路面の角度や、信者仲間との連携で、何としても私の視神経に障る様な嫌がらせを好んで勤行で行う、この人類有史以来、未だかつてこの様な低レベルな知性を共有する異常な大集団は、この創価が人類史上初であろう事は間違い無いだろう。私は、常時この様な狂信的で低レベルの異様な信者供にSNSの情報共有により場所をリアルタイムに特定され、常時マスゲーム的な付き纏いに付き合われ続けている。これは、常時、組織に付け狙われた者で無ければ、分から無い事ですが。

引用開始〜



「創価学会の幹部達は、そういう威圧を与える力として益々マス・ゲームを誇示し、一貫した指揮の元に動く統制の素晴らしさをデモンストレーショする」約50年前発刊の日本初の創価学会批判本 藤原弘達著創価学会を斬るから この本が発端で、言論出版妨害事件を学会が引き起こしている。

〜引用終了


 ですが私からすれば、この程度の嫌がらせや付き纏いで精神的に追い詰めると云う、学会側の下らない思惑と違い、正直、私は大した事無いし、なんて事無いと普段からそう思ってはいるが、蠅の如くに湧き出して来る彼等の習性がウザいのは、確かに事実でも有ります。但し、たまに共謀しながら、偶然を装い交通事故に誘導しようとする常套手段は、東池袋の母子の交通事故と手口を踏襲しているので、油断は禁物なのです。

 そして、最近の煽り運転での一発免許取り消し策定や、ヘイトスピーチ規制条例もそうですが、これ等の規制の特徴は、適用範囲が曖昧であり、片務的で有り、一方通行だ。しかも、これ迄に無い様なあたかも片方に肩入れしたかの如くな、未だかつて経験したことも無い様な異質な極端さが共通している様にも見える事です。恐らくは、反日組織が権力側で、その権力側に都合が良い、特定の集団に便宜供与と利益誘導している事の表れでは無いかと思う訳です。後者は、川崎市池上町の在日朝鮮人の不法占拠問題の一応表面形での凍結と供に、日本人に対してのヘイトスピーチの新規固定の抱き合わせの利点。そして前者は?と記すと、上記にも記載している、全国で学会員共が人、車両等を使っての被害者への組織的進路妨害や付き纏い、嫌がらせ行為を学会の敵対者として行う信仰に於いての結果として、この組織のカルト集金ビジネスの集金力維持と利権維持が現実に運転し存在している。そしてその被害者の中でも、今の処、日本で唯一毎週学会批判街宣を行う私が学会に対しての一番順位の敵対者であろう事からの最優先成敗目標たる超仏敵工作に於いて、正に、そこに導きたい自殺誘導や、例えば車両による進路妨害に対して、普段の私の学会員への行動パターンを読解吟味した上でのリアクション報復を便乗利用して、その顛末の結果として、その煽り運転での免許取り消しでの職を奪う事で社会的抹殺が誘導出来る事や、不安感、学会員への報復牽制効果の創出、そして共謀する学会員自体を守る事が可能となる。この様な壮大?な囲い込み工作により彼等学会員供の狂信的で偏執な勤行での目標成就が全学会員の最優先する何よりの総意なのです。この日本での一大大権力信仰宗教が一個人を敵対者と見なし、法律までを手に掛け、歪めながら、配下の裁判長や法曹界、公明党議員まで動員し、末端の盲信者を扇動しながら、個人を徹底して追い込む。その一方で、自作自演の利益誘導を完遂する上で、末端信者を狂気の信仰により駆り立て、煽り運転をしながらエアガンを撃たせてみたりと故意に派手な事件を起こさせては、その都度、マスコミに病的に報道させ、それにより一般国民を洗脳しつつ、その結果、法改正に持ち込む常套手段だ。その他、ドライブレコーダーメーカーや、仲介販売業者までをも潤わせながら、そこからのキックバックを期待する程の織り込み済みの狡猾さと共に、個人対一大組織が対峙する構図での有り得ないスケールギャップから、それにより、私の主張を信憑性無きものにする程の一定な説得力を持たせながら、私の信用を貶め、自他ともに認める精神疾患患者に誘導出来れば、法廷での証言力を喪失出来る効能からも、、完全犯罪成立の筋書きも完璧にし、超仏敵への信仰工作の結末共々に、昇華する事で彼等の果実である功徳やご利益に直結出来る一番な利点が得られる。そしてこの様な抱き合わせのカルトビジネスを、今から、約50年前辺りから各界の著名人や政治家著作の創価学会の批判本にも多々記載している数々の批判本内容から、彼等の思考や、そこから彼等の病的な振る舞いの経緯や背景から、仮にでも専門家が今改めてこの組織をプロファイリングでもすれば、恐らくは私の主張もまんざら不整合とはなら無い筈であろうし、逆にそれを裏付けている様にも思えるだろう。仮にそうであれば、昨今起こる、妙な事件、事故、放火等、それで辻褄が合うのではなかろうかと思えるし、病的なカルトとは、彼等学会員供の盲目的に服従し、しかも目的を達成するには、手段を選ばないまでに狂信的で常軌を逸する日常の振る舞いから、例え一人の個人に対してさえ、信仰での功徳や御利益欲しさに、教団の敵対者としてレッテルを貼れさえすれば、そこまで執拗で偏執的に徹底出来るサイコパスさをこの組織自体が有しているのです。

-事実は小説よりも奇なり-
私の主張に対して、まさか!と思われている方々は、至って正常な方々ですが、現実の日本の現状は異常其の物なのです。世界の十か国から反社会的で危険なカルト宗教が政権与党に居座り続ける現状です。正にイカレてます。

 最後に、上記の創価学会を斬るにも、記載が有りますか、創価学会の低知能で、狂信者集団の異常な実態の記載が有り、国民の皆様は、この異常なファシズム集団に実態を知るべき事は国民の義務だと私はそう思います。何故なら、この国の未来を、国民が、政権与党のこの集団に託している現実と、実際、重要な政策のキャスティングボートさえこの集団が握っている訳なのですから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント