FC2ブログ
2019/12/04

11月27、28日、東京都内での周知活動を終えて。

11月27、28日、東京都内での周知活動を終えて。

27日 27/Nov, JR Yamanote Line Outside Main 8 Stations Street Propaganda activities.

I addressed the dangers of the cult Soka Gakkai to the citizens on the street.
This false Buddhism has spread to about 119 countries around the world. This
religion is a cult religion that worships the greedy Daisaku Ikeda. In Japan, this
organization is a group that surveillance and stalks individuals. This organization
had a history of anti-social anomalies being discussed at the Diet 20 years ago,
but now it is in charge of the government, concealing the suspected murder case
of former lawmakers It has been done. It seems that Japan has begun to move
into a new dangerous religious fascist state, as the cult designation of the Soka
Gakkai decided by the House of Representatives of the French government in
the past. This organization has already begun to distort Japanese politics,
some judicial systems, and police justice. There are about three activists,
including myself, who are criticizing this Soka Gakkai in Japan today.
Previously, members of the Diet and public opinion were aware of the
abnormalities of this organization. After that, all criticism was calmed by
the acquisition and threatening work by this organization.

W3vJXkWt9YIxf8X1575426104_1575426111.jpg
品川駅前 In front of JR Shinagawa Station

品川駅前 In front of JR Shinagawa Station
fffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff.jpg
In front of JR Shibuya Station

渋谷駅前In front of JR Shibuya Station

新宿駅前 In front of JR Shinjuku station

池袋駅前 In front of JR Ikebukuro Station

秋葉原駅前 In front of JR Akihabara station

東京駅前 In front of JR Tokyo Station-①

東京駅前 In front of JR Tokyo Station-②

新橋駅前 In front of JR Shimbashi Station

有楽町駅前 In front of JR Yurakucho Station

 午後1時過ぎ頃に品川駅に到着し、40分から街宣を始めた。それから、渋谷、新宿南口、池袋東口、秋葉原、東京、有楽町、新橋駅前の山手線主要8駅にて周知街宣を行い、移動時間意以外は、全て喋り通しで、正に体力勝負の持久力街宣。秋葉原では、デジカメの電源を入れるのを忘れて、2回目の映像が撮れてません。


28日 28/ Nov, activities

before Nation Parliament building
I did street propaganda activities in front of the National Assembly .
I appealed to the anti-social nature of the cult religion, in front of the Houses of
Parliament against the legislators who would return to the parliament dormitory
during the lunch break. Using the Komeito Party, which is synonymous with the
cult religious group that reigns in this Japanese government, it is hidden in
society and continues to attack individual human rights.

11時チェックアウトのホテルに宿泊し、居心地が良かった為か?何故だか時間を混同し、ブログにて告知していた街宣開始時間に遅れてしまい、結局11時半から街宣を始めました。

 この時に一方的に私の街宣時間失念騒動に巻き込んでしまった公安の方々、大変申し訳ありませんでした。この場を使い、改めてお詫び申し上げます。

 今回も、昼食時間に外を歩いて議員会館に戻る議員さんを見る事は有りませんでしたが、街宣後に、議員会館から出て来られたと見られる秘書さんらしき方に、興味を持たれた様で「チラシはないの?」かと問われましたが、私の活動では街宣のみでチラシ配布活動はこれまでもして来なかったのと、若干持っていたチラシの在庫が切れていたので、この絶好の機会すら活かせなかった事に残念さだけが残った。











 その他、今回の街宣では、街宣映像から受ける印象とは違い、実際はかなり人通りが有った事と、自称被害者の方が一人、見学に来られていた。それで街宣前に幾つか会話を交わしてみると、何やら「ローテク」だとか言っていた。このローテクノロジー被害と言う事は、その対義語からハイテクノロジー被害も意味し、それを認知する信奉者である事は、これまでの私の経験から容易に判断がついた。私、「被害者は、私が活動し始めた4年前と同様の次元で、未だにそんな処に拘り燻っているのか!」と、頭の中で、全く進歩しない被害者に対して苛立ちを感じずにはいられなかった。かなり大袈裟かも知れないが、私一人、単独で試行錯誤しながらも、常に先を見据え、目標に向かって進歩して来たつもりの自負の念からすれば、私の頭の中には、ドリフターズ世代だからか、あの一つの有名なフレーズが浮かんでいた。それは、「駄目だ、こりゃ!」(笑)


 しかも、このハイテクノロジー犯罪とか言う実在しない犯罪は、何をもってハイテクなのかの定義が曖昧で、それを逆手にあたかも実在する犯罪かの様に偽被害者が触れ回るが、これは明らかに加害側が創価の犯罪を煙に巻く為の道具に使っているに過ぎず、例え、スマートフォンと言えどもハイテクノロジー製品なので、どの様にも都合良く使える撹乱工作としての用語の言葉の綾にしか過ぎ無いし、若しくは、被害者自身の個性の問題で、例えば、抗議出来無い被害者の弱さを逆手に取られ、あらゆる鳴り物の電気製品等を加害側に持ち込まれ、悪戯まがいにいい様に、好きな様に、やられ放題にさせてしまっている状態では無いかと想像が出来るし、特に被害者は、社会経験が浅い方が多い様に思えるから、その内のどちらかだろうかと思う。

 しかも、この活動を始めた頃は、全てこの電磁波やハイテクノロジー被害を訴えてる組織が全てで選択の余地すら無かったが、考えてみると、明らかに創価が一般市民に対して組織的な付き纏い、嫌がらせを行なっている事実は、著名人や元政治家の暴露本、国会での予算委員会でも以前議題に迄上がっているにも関わらずに、この被害を訴える純粋な被害者の会が何故だか何処にも皆無なのも実に府に落ちなかったし、逆説的にしてみると、電磁波やハイテク被害を訴える自称被害者9割以上の殆どが、実は、加害側の息の掛かった工作員であるとも言える。

 と云う事は、その様な被害を訴える自称被害者と活動を共にしてしまうと、何としても煙に巻きたい加害側の意図に自ら乗ってしまう事に直結してしまう。だから私は、以前活動を一緒に共にしていた被害者の方々に対しても、それを匂わせる、電磁波、テクノロジー犯罪のワードをSNSで仄めかしている被害者へは、有無を言わせず一方的にブロックして来ました。そうでもし無いと上記の被害者と同様に、負のスパイラルを断ち切る事は出来無いし、益々胡散臭い被害者連中が次々と湧いて出て来る。恐らくは被害者は気付いていないだろうが、上記の犯罪を被害者が自ら認めてしまうと、少なくとも加害側には脈有りと見られてしまい、胡散臭い学会員供のお遊戯的なショーも無い乳幼児レベルの儀式に無理繰り付き合わされた上で、その彼等の舞台へ引き摺り下ろされてしまい、負のサイクル被害に被害者自ら油を注ぎ込み、助長させている事など考える範疇も無いのだろう。

 私はそうした事を完全に割り切り、被害者が一番恐れる孤立を覚悟で、そうしたブロックをし続けている内に、その努力の甲斐あってか、今では、SNSでのフォロワーは、一般の方々がほぼ全てになっている。ですが被害者では、こうはならずにSNS上では全てが被害者、偽被害者ばかりとなっている筈で、肝心な一般社会への周知発信でさえ、結果的に被害者仲間内の狭いコミュニティのみで伝達完結されてしまう。これでは、周知活動の努力、労力迄を含めて全ての意味さえ皆無に帰す事となる。これに対して、私の場合は、そうした加害側の意図に自ら乗らないばかりか、一般の方々への周知が出来る利点を手に入れたと思える。但し、リツイート、いいねが増えない限りは、結局の処、他の被害者と同等の周知活動レベルとも言えるし、それが今後の私の課題でも有る。

 最近は、それでも胡散臭そうな自称被害者がSNSでフォローして来るが、面白い事に、私がブロックしまくったせいで、もう弾切れたになったのだろうか、今では、1ヶ月以内程度の急ごしらえの即席IDばかりで、このことにより、偽被害者の判別が非常に分かり易くなった(笑)それは、兎に角被害者にネットで纏わりつかせて、創価信者同士の手口同様に、先ず人情の柵を造らせ、同情を誘い、それで意のままに操れる操心術をそこに嵌め込み、洗脳を繰り返して逝く、これ等の手口では、加害側、被害側と共に同様の手口で騙される一定数の人々が居て、それに自ら気付気ないレベルの人々が加害側の学会員、被害者にも居るという事だろう。

20191204091209e80.jpeg

20191204113607802.jpeg



 先日、ツイートでも発信したのですが、復路の航空会社に手荷物として預けていたソフトキャリーバッグに付けていた南京錠が壊され、しかも、バックの中身が物色された形跡が有った。早速、翌日その航空会社に連絡を取り、その南京錠を持って千歳空港に迄足を運んで、出発カウンターの担当者と鍵を見せながら話をしてみたが、結局、担当者曰く、「付属品は、保証対象になりません!」「今迄、その様な事が無く、当社の社員が鍵を意図的に壊す筈有りません」と頑なに内規を盾にこちらに譲る素振りさえ見せる事無く、結局、私が泣き寝入りとなってしまったが、たかが千円程度の南京錠では有るが、今後の事も考え加害側へ牽制を入れる意味合いでも有ったからです。仮に、街宣の映像を記録したデジカメのSDカードの抜き取りがその目的である可能性も有り得たので、今後は、搭乗前に画像を残し、担当者の氏名を聞いた上で、鍵が壊れていないかチェックして貰い、搭乗後の手荷物受取で再確認を必ず行い、警戒を怠らない様常に、海外滞在モードで徹底しようと思う。

 確かに、この担当者の言う事も理解出来るのですが、私、「御社だけでは無く、他の航空会社にも学会員がおり、自身の信仰に基づいて、信仰の敵対者に対し、正義の勤行を行なっているのですから、内規や法令遵守、それよりも信仰の教義がそれに勝るカルト信仰が、特定の個人に対し、この様に鍵を壊し、バックの中身を確認した物色した動機も有り得る」「しかも、この南京錠は、自宅に所有する工具位ではびくともしない代物で、例えこれが何処かに接触して変形する位なら、そもそもソフトなキャリーバッグの方がが衝撃を吸収してしまう筈で、この様な南京錠のつる部分の変形は、意図的で無い限りは有り得無いし、私自ら帰宅後に、自身のバッグを壊す理由も当然見当たら無い。実際、自身でキャリーバッグを開けるのにペンチを使用したのにも関わらずに南京錠は、ビクともしなかった。しかも、法外な請求をし、不当な復旧を求めている訳でも無いし、南京錠が壊れたのは、明らかに飛行機搭乗の際に、手荷物預けた時以外どう考えても有り得ない」と言っても、内規ありきで私の言い分もはぐらかす事に終始している様に思わずには居られなかった。

 確かに、一部警察官でさえこの集団ストーキングに加担している現状で、当然個人ではどうにもなら無い限界を感じた。だが、その担当者が『手荷物作業の監視カメラ迄確認出来る』と云い、もし、犯罪であればその立証が完璧に出来るであろう自負があろうから、自社職員がそこ迄のリスクを冒して迄個人の手荷物の物色をするなど到底有り得ないと思うのは当然だろうし、逆に、私の方が可笑しなことを言っていると思うのは至極真っ当な案件でもあるが、例えば、首里城火災もそうだが、監視する警備会社すら警察官僚の天下り先で有り、防犯協会連合会とも懇意の仲で有り、そもそもこの組織を造ったのも、利権収奪目的の犯罪者集団である創価と公明で胡散臭い事この上無い。その事からも、監視カメラの死角を把握し、内規を逆手に取り、当然の事、その監視員迄もが既に加害側に取り込まれているか又は、信者共の共謀であるのは想像に難く無い。そう言えば、この担当者とスマホで会話している際にも何故だか電波状態が悪いだとか、気に触る様なノイズが聞こえて来て、回線に第三者の関与が有る様な気がしていたが、これは、以前にも経験していた。それは、私主催の自民党本部前街宣を行う際に警視庁の公安担当者と日程の擦り合わせをしていたスマホでの会話での状態と全く同様な症状だった。それは、その後の自民党本部建屋前街宣時に来た麹町署の担当警察官の不審な振る舞いが正に、創価信者の振る舞い其の物だったのを憶えている。

 この事で一つ理解が進んだ事が有る。それは、この集団ストーカー組織共謀犯罪犯罪被害者が、実は、被害者が主張する程は被害者数が少なくて、恐らくは24時間体制での監視行為や、徒党を組んで動員を掛けた大規模の付き纏い行為被害を被る被害者、この組織の信仰から仏敵とレッテルを貼られて、攻撃を受けている所謂、集団ストーカー被害者は全国に100人もいないのではないかと云うもので、この組織からちょっとした嫌がらせや、子供の学校での虐め行為、利益誘導の為の不慮の交通事故死、以前からの個人情報不正取得事件の個人データの集積から、学会系企業の商売敵への盗聴、PC情報のリーク等の被害者は全国で数千人程度の被害者がいるのではないかと思えるし、少なくても、ヤフーBB個人情報450万人分、ベ〇ッ〇コーポレーションの流失個人情報から、個人情報保護法の宗教法人除外規定がお墨付きを与え、今後もその不正な個人情報のこの組織の濫用、悪用が考えられると思う。

 私は、宝くじの3000円以上の高額当選すらないにも関わずに、このしょーも無い集団ストーカー組織共謀犯罪の被害者に当選する確率て、どなたかにお譲りさせて頂きたい位で(爆)

 因みに、私が長距離移動のジンクスは何故か特に有りませんでしたが、加害側が私の都内での街宣が先月であると踏んで工作していたにも関わらずに、当てが外れたのか?もし、強いて関連付けすると、ローマ教皇が東京を旅立った翌日に、私が山手線主要駅街宣を行ったタイムリーさ位か?今回は無しでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます