FC2ブログ
2019/07/18

7月18日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 18, July, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

7月18日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
      
札幌ゲリラ街宣を行いました。

18, July, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.5.hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities
for a total of 3 hours.)

 今回、札幌で約2時間半と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、3時間程度の周知活動を行いました。

実は、余りにも常識から乖離し過ぎで、しかも余りにも下らなく、考えたくも無いが一応頭の中身を疑われた無い様に一応、憶測?と前置きを書いておきます。

普段から彼等の信仰心から、私を精神的に挫こうと、あの手この手を使い世間で起こる事件、事件、事故を意図的に引き起こし、私の行う街宣の取り止めや、精神疾患のレッテル貼り促進の為や、関連付けする事を期待したり、若しくは、私の生活の中での行為や行動にシンクロさせる効果により、加害側の描く都合の良い落とし所へ私を化学反応させようと、あの日本の将来さえ左右出来る程の創価が、全国で唯一、毎週創価批判街宣を継続して行う一番の信仰上の敵対者であろう一個人の仏敵の私に対し、手段を選ばず全勢力を駆使しながら、全力で組織のプライド迄をこのマインドゲームに賭け、通常考えられ無い様な常軌を逸した歪んだ固執さと異常な迄の執着心を携え保持しながら、末端信者やあらゆる社会での組織、ポスト、コネを駆り出し動員し、そして全社会を不幸にも巻き込みながら、一方的に加害側から信仰心充足の目的で、寄って集っての約五百万人規模での策略を、私に対し、そこ迄やるか?位の細かさで徹底し、仕掛けて来る訳です。

皆さんこの様な事を信じられますか??これと似たケースで元公明党委員長な矢野絢也さん著書の【黒い手帳】にもそれに似た内容の記載が確か有りました。

例えば、今回の札幌ゲリラ街宣を行う為に、自宅にて街宣に行く支度をしていると、ふとテレビを見ると報道で京都市伏見区でのアニメ制作会社の放火事件の映像が放映されていた。その時、加害側が何か企んでいるなと思ったが、恐らくは、私が街宣を行おうとする事に対しての彼等の自己満的な牽制だろうか位に踏んでいた。それは何故なら、私はその事に対しては、一応は、一般人と同じスタンスでそんな事はある訳無いと断定し、その時は、何とも思っても無いのですが、その後、私自身にしか分かり得ない様な個人情報のシグナルを絡ませ、世間を揺るがす事件、事故がその個人的な情報に基付き、当て付けの様にシンクロして起こって来た過去からの経験からこの様に判断せざるを得ないから、この様に書かざるを得なくなる。そしてこの様な異常な事象を紐解けば、カルト共は、学会の為でする事で有れば、それは犯罪では無いと高を括って疑わない。全くそこには、犯罪意識が存在し得ない異常な環境に信者は置かれている様だ。そこには兎に角、一般人の生命や財産などお構い無しの様で、全て学会側の人間以外は単なる道具としか見ていない。そして彼等のその様なサイコパスな様は、以前の私のこのブログにも過去から記載して来ました通りです。但し、この異常な組織共謀が理解しづらい一番の原因は、一個人対大権力集団が対峙すると言う様な特殊なケースと共にそこからもたらされる個人的な日常の生活の些細な事と、世間を揺るがす大事件、事故とが、意図するシンクロ工作からのスケールギャップ効果で一般社会との間を分断する事です。


その後自宅から外出する際に、私、ガスの元栓や水道の蛇口からの水漏れチェックをし忘れ、水が蛇口からダダ漏れだった事が以前有ったので、入念に2度チェックしてから出て行く様に習慣付けているのですが、度々3度もチェックを行う様な事が有り恐らく、学会側は「火災が不安かい?」などと勝手にそう判断する様で、その私の不安な様の気配を察し、情報リーク役の上階の住人を経由し、仏敵の精神不安が大好物な加害側の対応勤行として、私の不規則で不定期的な単なる気まぐれ程度の事であるが仮にそれを不安期バイオリズムと名付けると、その行動パターン時期にシンクロさせて、事前に温め、それ用に仕込んで置いたサイコキラーに指示を出して、私の行動パターンに沿った形で意図的にタイムリーなタイミングで事件を起こせば奴に更なる火災不安を煽ろと云う様な得意のマインドゲームなのでは無かろうかと思えた。それは、以前の私のこのブログにも記載しておりますが、相模原の擁護施設の大量殺人の事件も、それ以前に原付でその施設の前を毎週末通っていた時期のかなり後ですが事件が起き、私の勤務先の本社に応援に行った際にも、会社寮に入るのが嫌で、あの大量殺人が有った神奈川県相武台の殺人現場のアパート入居契約も格安であった理由で検討していた後に事件が起きた。最近では、先々月の国会議事堂建屋裏前街宣での宿泊予定の宿の東池袋の最寄駅で、街宣を牽制するかの如くに確か1〜2週間前にあの痛ましい母子の交通事故がおきた。この様なややタイムリーなタイミングで世間を揺るがす事件や事故が身近に次々と起こると改めて振り返り、自身の身辺とを各々照合してみるとどう常識的に考え様としても上記の様に考え、思わざるを得なくなる。但し言える事は、加害側の立場から見て裏を返せば、少なくても意図的に信仰上の邪の人物像にでっち上げ様とするので有れば、末端信者に対しては、非の打ち所が無い、打って付けな理由を有する人物像だろう。

それ以前にも外出するタイミングで同様な火災報道が以前にも何度も経験しており、つい最近では千葉成田での産業廃棄物の自然発火原因火災が有った


 しかも、最近の私の街宣発言内容で『この集団ストーカー組織犯罪は、コミック漫画の20世紀少年の様だと、警視庁の公安の方が私の法務省建屋前街宣の際にそう言われた』『だから、加害者側の監視、嫌がらせ行為も漫画チックで、過去の被害者側の周知活動自体も漫画チックで正に同好会の如くに漫画好きが多いのです』『私は、アニメも漫画も下らないと思っている人間ですから、そういった因果応報な人達でストーキングごっこを行えばよい』などと、高評価過ぎのアニメ、漫画を批判めいた発言をしていましたから、もしかしたら、この私に対しアニメ、漫画ワードでの当て付けのシグナルを送った上で、事件を引き起こしたのかもと思ったが、その後まさかと思い直してその後気に掛けなかった。

因みに、アニメ、漫画批判はかなり以前からたまに街宣内容に取り入れておりました。(乳幼児や有用な作品を除く)

 それから最寄り駅に到着してみると、下り線は運行が停止状態でして最近、ご無沙汰だった電車運行遅れ等の意図的と思える嫌がらせは鳴りを潜めていたが、それは、何時もは私が利用する区間のみに影響が出る状況場面が多いのにも関わらずに、今回に限っては、私の利用する区間は特に問題は無い様で
、その際私は、何かが変だと思った。だがもしや、私がその異変を察知して、私が京都の放火事件と自宅の放火又は火災のサインとして捉らえ、被害妄想的に自ら関連付けし、自宅に引き返すのでは無いか?と加害側がそう期待していたのかどうかさえも改めて考えるのも面倒臭いが、学会の敵対者たる仏敵を何時も精神的に不安定にさせておきたいカルトの信仰であるガスライティングを一方的に仕掛けたいカルト宗教らしい何時もの常軌を逸した病的なカルトレベルの発想かなとも思えた。

 その後街宣を終え、自宅に戻りテレビの電源を入れて見ると、丁度、京都伏見のアニメ制作会社の火災報道が終わり、次に、東池袋駅でのあの痛ましい
母子交通事故から明日で丁度3か月経過したと云う様な内容の映像であった。そう言えば、前回の街宣発言内容で、『あの東池袋駅でのあの痛ましい母子
交通事故や類似の事故が短期集中的に起こったが今は、何処行った?』と云ったその3日後に正に呼応挑発するかの如くに、札幌の交差点内で車が信号待
ちの人々に突っ込むという事故が起きた。それで今度は本日の街宣日にも大量殺人の事件が起こった。

当然、誰しもその個々の事故事件は別件?であろうが、少なくても大量殺人を念頭に置いていると思えるのは共通する要件事項だ。

 私が思うに、神奈川のあの異常な大口病院大量殺人事件もその後有耶無耶に不可解なまま終結し、実は、これ等の異様な事件事故の連鎖の原因は、隣国の反日半島人が首謀し、日本人に対する大量殺人を由としている意図した共謀組織犯罪なのではないだろうか?その異様さにカルト宗教の儀式臭さプンプンで有るし、カルトシナリオで、カルトの為の、サイコキラーに依るカルトビジネスで、金儲けの為の大量殺人?。在日創価なだけに。

 当然常人には理解し難い事は、私も重々理解している異常な想定ですが、結局の処、国民にはこの創価の実態が病的なカルトであること自体、マスコミは一切公正中立に報道をしない現実があり、行政、立法、司法の三権分立も既に機能不全に陥っている事は、ヘイトスピーチ解消法の違憲性も司法が立法に忖度し?看過している時点でそれを裏付けているだろうし、既に、この国がこの気違い共に少なくても要職は、既に乗っ取られているのだろう。このカルトは、思考レベルは浅く低いが、絶大な権力を保持しているのは間違え無い事実だ。














スポンサーサイト



コメント

非公開コメント