FC2ブログ
2019/05/09

5月9日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 9, May, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

5月9日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅

 札幌ゲリラ街宣を行いました。

9, May, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities
for a total of 2.5 hours.)


自宅最寄り駅での街宣時間も入れるとトータル約2.5時間の周知活動を行いました。

以前、私のこのブログにてゲリラ街宣は大通り公園をメインにしていると記載したが為に、
彼等の敵対者である仏敵の私(爆)のメインステージに対して、何としても邪魔したい、嫌がら
せしたいと云う様なカルトの偏執的で病的な意向に依る指示が本部から出ているのだろう。
だから毎回この同じ場所でのみ学会員の工作員に絡まれる。

被害者の皆様へ

電磁波、テクノロジー犯罪なる実在しない犯罪とこの集団ストーカー組織犯罪を決して一
緒にしてはなりません。この様な被害者に限って特に『どの組織から加害されているか分か
りません』などと誰しも常識人であればどの様にも庇い立てするのにも無理が有るからです。
それは何故なら、社会人世間一般的に物理的にも全く有り得そうも無い加害に依る被害に
対して、増してや誰が加害しているかも特定出来ていない様な案件を被害者間に自ら持ち
出して来ては、通常なら社会から精神疾患者と疑われるで有ろう様な事を無神経にSNSで
発信して行こうとする訳なのですから。それは正に、集団ストーカー組織犯罪自体を貶める
行為で、それを平然と行う訳です。

他方、集団ストーカー組織犯罪は、創価が行っている犯罪だと訴えるこの周知活動のみ
で有れば、元公明党委員長や、元創価の顧問弁護士の方々が、その著書で創価とは、集
団で付き纏い、嫌がらせ等を過去から行って来た犯罪者集団であると云う様な内容と、以
前からの経緯と共に、国会での答弁等が実際有った訳でも有り単なる被害者の被害妄想
でも無いのは事実上明らかな訳で、その様な事実が有る限りは、周知活動自体が所謂、
精神疾患者や統合失調症と集団ストーカー組織犯罪とは何の関連性も無い事なのです。
なのにも関わらずに、被害者仲間の同情心からか上記の電磁波、テクノロジー犯罪まで囲
い込んでしまう被害者が余りのも多く、世間から胡散臭い、都市伝説や実際に精神疾患者
ではなかろうと疑える余地を被害者自らが社会に対して与えてしまう。加害側は、正にそれ
を狙っている現実を被害者は理解すべきで有るし、それを理解出来無い限りは、進歩も無
いしこの組織犯罪の解決も有り得ない。














スポンサーサイト



コメント

非公開コメント