FC2ブログ
2019/02/15

【業務連絡】集団ストーカー組織犯罪の被害者さんへ

【業務連絡】集団ストーカー組織犯罪の被害者さんへ

 私は、この組織犯罪の早期解決を僅かでも早める為に、情に流される事無く、しかも客観的に何が悪くて何が原因なのか、そして何が障害になって改善出来無いのかを自身なりに考え、如何に少ない作業で効率的な周知効果を発揮させ最大の結果を産み出せるかの課題に対して、今後の私の活動を少しでも進歩、先鋭化させる必要性が有りまして、先ずその課題から導いた答えは、被害者の街宣内容で有りがちな、加害者側の創り上げた攪乱隠蔽工作で有り、存在しない電磁波、テクノロジー犯罪被害内容の不合理性をひたすら説き続ける被害者をSNSの私のアカウント上で完全排除をする事です。この様な内容に固執している被害者に限って、自己満足や、穴の中から隠れながらいい加減で突飛な被害内容の害悪だけを周囲に垂れ流している者と共に、加害者側の偽被害者がその殆どであり、結果的に一般社会への周知効果云々以前にこの組織犯罪自体の解決を遅らせるだけの活動になってしまっている事に被害者自らが気付いていないケースが多い。裏を返せば、被害者のその程度の活動と荒唐無稽な被害を訴え続ける事で日本国の権力を自在に操る事が出来る加害者側と対峙してこれをを倒し、その問題解決を図れるだろうとの甘い見通しと共に、最も重要な状況分析が欠如、露呈していると思えてならない。
 

当然私の周知活動とて、効果的な代物で有るとは言い切れませんが、少なくても本名を世間に晒し、加害相手を特定するリスクを背負い、毎週2時間程度の街宣活動で、週7で割れば、単純に一日当たり15分程度の街宣周知活動している事と同等にはなりませんが、毎週の頻度で街宣を定期的に継続する事自体は、結果的に社会への信憑性のアピールに一役買っている効果は疑いようの無い事実で有るし、私は、この活動を始めた時からそれを狙っている。

被害者の皆さんは、恐らく私の街宣内容を拝聴し、何故、時事問題ばかりで集団ストーカー組織犯罪の事を少ししか街宣で発言しないのか?と疑問を持たれてられると思います。それは何故なら私は、大衆心理を少なからずも取り入れているからなのです。例えば、外国からの例ですが、私が強盗に遭い金銭を取られ、私が『皆さん強盗です!助けて下さい!』と周囲に叫んだとしても、周囲に居合わせた人々は、犯人が凶器を持っているで有ろうと考え保身に走ってしまったり又は、個人の問題だから警察に行けば良いと高を括る等の群集心理での個々人のケースでの話ですが、これに対して『皆さん火事だ!助けて下さい!』と社会性の有する発言に言い換えて発すれば、周囲の人々の関心を得られ、少なくても聞く耳を持って貰えると云う例から、これを集団ストーカー組織犯罪に当て嵌めデフォルメした方法だからなのです。ですから、この組織犯罪が横行する社会背景と土壌の説明に街宣時間の大部分に割きながらアピールし、その様な有り得そうも無い犯罪の輪郭を少なくても浮かび上がらせる表現効果からの信憑性を期待すると共に、その背景である政治、経済の時事問題の主張にに対しての世間からの私の批評精度が高ければ高い程、その有り得なさそうなこの組織犯罪さえも説得力がそれに正比例して増して行く筈であろうと、私はそう確信しています。

そう言えば、つい最近YouTubeで拝聴した大阪での集団ストーカー被害者主催の街宣で、私と全く同様な手口(笑)で街宣している弁士の人が目に留まった。そしてその街宣内容の99%は正に議員候補者並みのレベルでの創価、公明絡みの政治問題の主張で有りまして、その街宣内容の中で、『携帯電話から電磁波で攻撃する』などと、その全発言内容の中でたったこの一言だけが集団ストーカー組織犯罪の被害らしい発言内容だったのでした。それは例えば、その文言の部分を曲に例えてサビの部分とすると、私の街宣内容でのサビの部分は、『学会員が主体的に行う集団ストーカー組織犯罪です』なのに対し、その被害者さんのサビは、『携帯電話から電磁波で攻撃する』と云う事になります。と云う事は、何としても集団ストーカー組織犯罪周知街宣に捻じ込みたい本当の主題は、私の場合は創価犯罪で有り、他方は、電磁波犯罪となります。この様に物理的に存在しない犯罪を主に主張する被害者は、加害者側の自称元学会員、共産党員、他のカルト教信者であるケースが多く、誠意の有り人柄の良い偽被害者達と人間関係構築に依り、取り込まれてしまった真正被害者も多い。しかも確かこの街宣の主催者は、同様な新興宗教の〇〇会の元青年部幹部であった経歴をお持ちの方だった様に思えた。

それに街宣主催を一人で約4年行っていると、常に上記の様な突飛な被害を訴える自称被害者が纏わり付いて来る経験から、例え、電磁波やテクノロジー犯罪が現実に有ろうと無かろうと、そこから只々伝わって来る事は、兎に角、集団ストーカー組織犯罪に電磁波やテクノロジー犯罪を何としても捻じ込んでやろうと云う様な加害者側の執念と共に、そこに見え隠れする信仰だ。
 
私は最近この様な経緯から、以前からの顔見知りの被害者や活動を共にした被害者をも区別せずに、事前に電磁波やテクノロジー犯罪を主張する被害者のSNS上の痕跡すらの排除を行うとの自身のブログに記載した上で一方的にツイッターやブログ上から該当者のブロックや消去を行いました。当然、ブロックや消去を突然行われた方の方々は、福井から理不尽な扱いを受けたとお思いでしょうが、それは何故なら、私が信憑性や説得力の向上の為にひたすら試行錯誤しているその傍らで、それら等の非現実的でネガティブな情報の害悪を垂れ流している事と同等な訳で有り、それは、例え悪意が有ろうと無かろうと、偽被害者であろうとなかろうと、真正被害者で有ろうと無かろうと、他意が有ろうと無かろうと、結局、私がこれから活動し突き進む上での明らかな障害に違い無い訳で有り、それは抹消するに値する十分な理由が有ると判断し、そう決断した結果だからです。確かにそのブロックや消去された方の方々へは突然降りかかって来た晴天の霹靂であったに違いないと思いますし、その件に対しては大変申し訳無いと思っております。ですが烏滸がましく今更では有りますが、今となってしまっては、上記の内容を踏まえて頂いた上で少しながらでもご理解とご協力を願う次第です。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント