FC2ブログ
2018/12/22

12月19日(木) 集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅札幌ゲリラ街宣を行いました。19, December Gang stalker: I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月19日(木)本日、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
         
         札幌ゲリラ街宣を行いました。

19, December Gang stalker: I did street guerrilla anti organized
crime propaganda activity in Sapporo city.

I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities
in Sapporo city center for about 2hours.


特に問題無く約2時間の周知活動を行いました。

今回、先日札幌市内で起きた消臭スプレー缶爆発事件の難しいお題を街宣内容に取り込み、昨今の変な事件、事故の社会的背景からの可能性として、カルト教の教義関連から『現世利益』『思考停止』の2点のキーワードを入れながら内容を組み立てててみましたが、当然、世間に出せる確証エビデンスも無く憶測からの観点で有りまして、結果的に街宣内容が曖昧になり信憑性に欠けてしまう結果になってしまった事は反省事項になりました。

ですが実は根拠理由が有りまして、以前からの私のこのブログ内容で、私の言動や、行動シンクロから、社会で起こる事件、事故等の反映で、消臭スプレー爆発事故が起こる2日前に、私の勤務先の事務所流し場に有る瞬間湯沸かし器の周囲のみがガス臭く、其れまでこの様な事が全く無かったので、この件に対して同僚が集まった中での会話に於いて、私が『流し場が何か臭くないです?』と云うと同僚が『何かガス臭い』『これまでこの様な事が無かったから何なんですかね?』とその際事務所内に居合わせた者同士でその様な雑談を交わしておりました。それはこれまでの経緯から事務所内の会話は間違いなく創価側に盗聴されておりますから、加害側が私に対してが可燃ガス+瞬間湯沸かし器での点火との2点キーワードの刷り込みの意識付けの事前仕込み工作確認後に、2日後に起こす??あのスプレー缶爆発事故を、条件反射で私が街宣内容に取り込み入れる事を期待し、その結果、明らかに突飛な関連付けから私が精神疾患要件事項に自ら嵌り込んで行き、社会から浮き出て行く様をその症状とし、それを、最近北海道内のラジオで頻繁に宣伝アピールしている薬物中毒者にでも仕立て上げたい意向なのであろうと思えた。それは当然、ラジオCMでは、最近耳にしない脱法ハーブなぞの賞味期限切れの話題を今更蒸し返す訳にも行かず、社会での薬物中毒者の実際問題の実態からはどうも乖離しており、それは明らかに整合性の無い感も否い筈なのにも関わらずにだ。それは単なる悪用防犯協会連合会や、精神医療利権からの来年度北海道予算取りの為の事前運用実績材料造り位にしか私にはそうとしか思えない。

その他、今年の春頃に、私が営業車両にて顧客に会う為に千歳市から苫小牧市に出掛けた際に、常日頃から毎度毎度、信号機の無い交差点毎に私の進行の左右を出合い頭に遮る様に特に青色の車両が絶妙なタイミングで出くわすのパターンと共に、毎交差点毎に前走車両のライセンスナンバーがゾロ目で有る事が98%位で有るパターンから、私もいい加減常態化したこの行為に対してブチ切れまして、途中の苫小牧に行く国道36号線の道中に於いて、その該当車両と思われる車両をターゲットとして、当て付けに日頃の鬱憤を晴らすかの様に前走車両を後方から自車で煽りまくったりした後、その車両がUターン迄して逃げ出そうとしているのも厭わずにひたすら追いすがるまでして何度も何度も執拗に煽りまくり威嚇しました。それでその件から約1~2週間後?位の暫くして、あたかもそれに対応するかの様に報復で有るかの様に、東名高速道にて、被害車両を煽り停車させた挙げ句に追突させて、結果、被害車両の夫婦が死亡した事件が起きました。確か加害車両に乗る運転手は確か在日朝鮮人であった?かと思います。そしてそれ以後の今現在では、煽り運転をマスコミ、マスメディアが正に魔女狩りの如くに病的で執拗に報道を繰り返しているのは、最近のテレビ等の過剰過ぎる報道で、皆様も当然ご存知の事だろうかと思いますが、私の観点から見れば、マスコミを完全に支配し、コントロール出来る大お得意様の立場で有る創価が、全国で被害者に付き纏う学会員車両共の立場を保護し、その様な事から事前に予防線を張る意味合いの為に、上記のケースパターンの如くに自作自演しながら、社会問題にし、マッチポンプで癒着する警察とのウィンウィンの関係で防犯利権さえも潤わす事が出来る抱き合わせの布石であると私はそう確信しております。

この様なこれから起こる事象を事前に私に対し、知らせ、リンクし、仄めかす事に依り、(逆のパターンと半々です)私の会話や個人間の事情、情報、思考、行動までを分析把握し、マスコミ、マスメディア迄介在させながらそれを監視道具とし、正に、病的なカルト信者の取る常套監視手段、手口なのです。

先ずは、何気にこの異常なカルト信者の動機について考えてみました(笑)

カルト信者が反社会的行動に駆り立てられる深層心理の公式

創価信者の教義=『現世利益』

創価信者=『現世利益』

不動産仲介会社=『現世利益』

連立イメージ方程式

1、   【創価信者】   :1『現世利益』×『末端信者思考停止インチキカルトビジネス』     

2、 【不動産仲介会社】 :1『現世利益』×『(消臭)インチキビジネス』

      
        左項      右項

1、 +2『現世利益』=『末端信者思考停止インチキカルトビジネス』-  
『(消臭)インチキビジネス』 

2、 +2『現世利益』=『末端信者思考停止カルト』

3、 +2『現世利益』÷『末端信者思考停止カルト』


4、   『末端信者思考停止カルト』
----------------------------------------------
       +2『現世利益』  
(2現世利益は有り得無いので逆説的な観点から2次元想定の現世利益と冥界利益)


5、=分母の2分割された現世と冥界でのそれぞれ各々の末端信者思考停止カルト信者が自由に選択出来る利益追求出来る2択項で有り、分子の洗脳が進めば進む程思考停止の数値が大きくなり、その数値が大きくなればなる程、分母の現世と冥界の境界が曖昧になり、その結果、生死を厭わずに現世と冥界の境界無く自己利益値の高い方を選択させられると云う公式。当然これは、信者が思考停止している為に第三者の2択取捨選択誘導教唆に左右され易くなる。逆に分母の数値が大きくなれば信者は満たされて何の反応も動作させる事さえ出来無い。

かなり解りずらい想定で強引なこじ付け(笑)ですが、概念的にはこんな感じですか??(爆)

要は、モラルが現世利益の共通の教義であるカルト信者が引き起こした??事故で有る可能性も有り?、信仰上の創価上層部の絶対指示に依り、『自身で物を考えれば考えるほど功徳が逃げて行く』『創価の教義を一つでも疑えば罰が当たる』とのマインドコントロールに依り、指導する立場の第三者から教唆され、思考停止させられた上での自傷自爆行為?で、創価上層部の現世利益の追求から割り捨て切られ利用されたのかもと思える???

その他、20日朝、私が勤務先に出社し、全支店リンクでのネットで繋いだ動画像全社朝礼での際、私が経営フィロソフィー定型文を読み上げ、そのお題での自身の感想を全社員に向けて発信すると云う様な1ヶ月おきに巡って来る定期的な朝礼場面での私が、『以前は、お客様は神様だと云う様な風潮も有りましたが、お客様と5分5分のギブアンドテイクでお客様に満足して頂く事が肝心』などと発言しました後日の本日19日朝、9時10分頃、テレビを点けた絶妙のタイミングで、テレビ番組の特ダネの報道内容から先月迄私の出張滞在先でした山口県岩国市の市営バス会社のしょーも無い『岩国市バスの職員の意識改革との事で改善しない職員に対し、お客様の暴力で叩き直して下さい』などと?、余り私は意識しないで半分くらいの内容しか見聞しておりませんでしたが、それは昨日勤務先朝礼にて、私が発言した内容とは全くの反対の意味であったものの正にそれに対応しているかの様でも有り、結局の処、これは何時ものしょーも無い創価の仄めかし工作なのですね。

因みに、何時も街宣を行う木曜日は、帰宅してその街宣映像をYouTubeにアップロードしようとすると、ネットがフリーズし、毎週全く埒が明かなくなるパターンでして、先週母親の法事が有り、急遽街宣を前日の水曜日に前倒しして行った訳ですが、その街宣映像をYouTubeにアップロードしようとすると遅めでは有りましたが何とか問題無くアップロード出来ました。当然、その翌日の木曜日は、毎週の如くに朝からネットがフリーズし、映像をアップロードした訳でも無いにも関わらずに全く使い物にならずでした。しかも、今回の街宣は当然水曜日でも有り、問題無く街宣映像をアップロード出来る筈と思いきや、またもやネットが重すぎでなかなかアップロード出来ません。恐らくは、山口県出張の際に優先の光回線からモバイル無線WIFIに変更した為、電話回線会社に潜伏する学会員が、回線速度制限を敢えて街宣日にでも狙って操作しているのだろうかとも思える訳ですが、それは、普段から、私が居住している共同住宅の創価信者は結託し、偶然を装っては嫌がらせ、監視活動を行って来ますから、当然周囲のカルト信者住民と共に、あらゆる立場の学会員が一致団結し、有線、無線に関わらずに回線を意図的に制限、飽和状態に近付けているに違いないと思えます。この様な異常な執着心を駆り立てる彼等のモチベーションは、東京都の創価本部である信濃町周辺の創価信者経営者の商店に陳列して有る御菓子類を見れば一目瞭然で彼等の内心を推し量る事が出来るのではなかろうか。それは、人々の心の癒しを求める信仰を象徴するであろう日本の一大宗教法人本部への信者巡礼の旅の終わりでの帰郷先へのお土産名称が宗教の信仰価値観とはかけ離れた『勝利の卵』『勝利の〇〇』等で、それらは、『選挙での公明党勝利!』『仏敵を叩きのめした上での勝利!』これが創価上層部に意図的に都合良く歪め挿げ替えられた彼等の偽信仰の実態に他なら無いからなのです。

一般の皆様は、当然私の思い込みに依る事が原因だと思えるでしょうが、二面性の有る、思考停止した病的な反社会的なカルトが公権力にまで浸透し、芸能界、法曹界、政治家、商工会、教育、自治会、運輸、消防、救急、郵便、省庁官僚、天皇家、地方、国会議員、各省庁職員等あらゆるカルト信者約500万人が提携し、創価の狂気のカルトビジネスに利用され取り込まれている日本の現状を考えて頂ければ、どれ程の規模でこの様な組織犯罪を行っているか想像して頂きたい。当然どの様な事も行う事も可能で有り、恐らく、出来ない事は皆無だろう。しかもそれは揉み消す事も容易に出来るのです。何れにしても私の主張の全てが錯誤無く?真実であるか又は、逆に創価が正統な仏教徒で、過去から今に至る経緯に於いて、犯罪も侵さない公共の福祉を提供してきた宗教で有るかのどちらか二択の内の一方が今置かれているこの国の正しい実態であると断言出来ますよ!

それと街宣映像の件ですが、他の曜日は何の問題も無く使用出来ているにも関わらずに水曜日、木曜日の私の休日のみ(笑)インターネットがフリーズし、殆ど使い物になりません。それで、21日本日、ネットカフェから映像をアップロードを試みましたが、その1時間目に4つの映像の内のその内の一つがフリーズし全くアップ出来無くなり、即、店員に申し出て他のPCのブースに変更移動させて貰い、結局、その後1時間、計2時間も仕事をさぼる羽目になってしまいました。当然、この店や店員は既に囲い込み、取り込まれているのは間違いないし、私の一度来店した先には、例外無く、徹底し、学会員が張り込んで待ち受けているのです。










スポンサーサイト



コメント

非公開コメント