FC2ブログ
2015/02/15

被害初期の創価絡み暴行事件

水曜日朝から相模原簡易裁判所の法廷に出た。この集ストの
被害が酷くなる以前の事だが、私が外廻り営業の帰りに自転車
に乗り車道左の路肩を走行していると、逆行して来た男と揉めて
お互い手を出した為に、相互傷害事件として起訴されたが、それ
ぞれ、お互い不起訴になり刑事事件としては決着をしたが、相手
から唾を掛けられ、しかも相手から手を出して来たのに、知らば
膨れるこの男を許す事が出来ないし、そもそもこの男が交通ル
ールを守らず逆行してきたのが、発端で、その私の傷害治療費
に7万円程掛かっており、その金を取り戻す為にも民事裁判で、
訴えた。

この男、事件の際に左手の刺青を私に見せて、ヤクザだぞ!
お前なんて殺せるぞ!と脅迫して来た後は、歩行人に、この
男(私)に殴られていますから、警察に通報して下さい。と言い、
東大卒だの何の脈絡も無い事を言い出したり、誠に変な男でま
ともな人間では無い。今回初めて耳にしたが、この男生活保護
者で、県営住宅に住んでいて、何故か警察も顔を知っている。
そして、この男寄りの有利な方へ持って行こうとする意図性を
感じた。恐らく創価仲間だろう。

前回の法廷でも次の審理日の都合をを裁判官に聞かれたこの
男は「私は脳腫瘍で、大腸ガンだ!」と自慢するかの様に裁判
官に言っていた。お前の病気は聞いてないだろ!と思ったが、
少なくても、灯台卒なのは間違い無いであろう。(笑)

その後自宅に戻り先日電話連絡頂いた町田署の警官を待った。
それと、丁度PCの調子がいつも悪いので、ジェイコムを呼んで
いた訪問時間と何故か同じ時間に絡み付く感じになる。それは、
予定時間にその警官が来なかった為で、同じ時間に同時訪問
になれば、警官の書類作成に気を取られて、ジェイコムの方に
目を気配り出来なくなり、何か工作されるのでは、ないかと警戒
して、ジェイコムに1時間訪問を遅らせて貰った。

その後警官が自宅に来た。この訪問は、以前一人町田街宣で
創価学会員に殴られて、警察沙汰にした為だ。私がカンペを読
見上げていると、視界の上辺りから何かが落ちてきたかと思った
が、単に男に拳で殴られたのだ、その際私は直ぐその男を取り
押さえて、周りの若い男性グループが警察に通報してくれた。
(このグループ再度夜中に現場検証の為に現場に警官と戻った
際にタイミング良く、車で乗り付けて来て、挨拶してくれたが、私
がその車のナンバーを見ると8888のカルトナンバーで、そう言
えば一人で街宣なんてやるとこれからも又こんな事になるよみ
たいにやんわり脅しを受けた。全員グルの創価のストリートシア
ターだった)

その後町田署に行こうと私がパトカーに警官3人と乗り走り出すと
助手席に座った警官がおもむろに携帯を取り出し、何処かにメール
を送ったのが分かった。その後5分位して救急車が私の乗車して
いるパトカーに対抗する様に走行して来た。その際私が「集ストは
警官もやっていて、助手席のお巡りさんがメール送ったから救急車
が来たのでは」と左右に座っている警官に言ったが、「信教の自由
だからね」とビックリな返答だった。市民の人権侵害より、同僚の
信教の自由の方が重いのか?と私は思った。

その後署に着いて、加害者共々取り調べを受けて、最後に加害者
が私に謝りたいとと言う事で、私の所に謝罪しに来た。その加害者
は、「私は創価学会員でこれを機に創価学会辞めようと思います」
わたしは、そうか、そうか、と駄洒落を言う事もせず、(当然です笑)
「創価辞めてくれるのなら、この事件穏便に処理しますので」とその
際傍に居た2人の警官に言った。私としても、顔が腫れる程でも無
いし、痛くも無いし、私の一人街宣で創価脱退者も正しく創出!出
来たし気分が良かった。

それから5ヶ月後の今、その加害者は創価を脱退したか定かでは
無いが、職に有り付けたと言う事をその訪問して来た警官に教えて
貰った。今回訪問して来た理由は、起訴した加害者の罪を私が取
り下げた理由の書類造りだ。

それにしても、裁判法廷出席日に別件の事件の罪の取り下げて、
その取り下げ書類造り時間にジェィコムが絡んできて、絡む=粘着
⇒創価学会で全部グルか!??

それと、町田署の津久井様、吉野様お世話になりました。
実に気持ちの良いお巡りさんでした。有難うございました!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

警察官がカルト宗教を信仰する事に問題有り!!

墓地開発で土地を不正取得し、開発反対派住民や百条委員会つぶしを暴力団に依頼したり、

政教一致で公明党を追求していた、共産党宮本顕治委員長宅電話盗聴事件を起こしたり、

パナマの独裁者・ノリエガ将軍に麻薬取引の運転資金を融資したり、

朝木明代・東村山市議を暴力団を使って脅迫して、誤って転落死させたり(高倉良一・香川大学教授の裁判の陳述書で、そう述べられている)、

集団ストーカーしたり(創価学会が集団ストーカーしていることは、警察官も認めている)

しているカルト宗教を、公務員で犯罪を取り締まる警察官が信仰していて良いのだろうか?

あげくの果てには、そのような事をしている宗教団体を辞めたり、勧誘を断った人々(当然ですね)にパトカーや防犯パトロール車(警察天下り団体の防犯協会がやっている)で付き纏いの嫌がらせ(集団ストーカー)をする。

日本警察はカルト宗教による弊害がモロに出ていますね。


参考サイト
『白バラ通信 パンドラの箱』:創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その135 2014/06/22(Sun) 裁判記録
⇒陳述書 殺害予告に脅えた背景となる事情 -野崎至亮氏から聞かされていた東村山事件の「真実」- 平成25年6月10日 高倉良一

『FORUM21』⇒「2004-9-1 特集/警察の創価学会汚染」(⇒「警察への浸透を企図」)・「2002-10-15 特集 携帯電話通話記録窃盗事件と創価学会の盗聴体質」・「2011年10月 特集/島田紳助問題と創価学会」・「2003年03月01日(25号) 特集/創価学会の「カルト度」を検証する「巨大カルト」創価学会の危険度」

『AGSAS ~疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装、国家茶番劇劇団システム情報サイト~』⇒「清水由貴子さんが訴えていた真実」・「清水由貴子さん音声反訳」

『侍蟻-SamuraiAri- 外国人犯罪撲滅協議会』⇒2015年1月27日「集スト裁判の告知」・2015年1月29日「帰化人集スト裁判のご報告!」・2015年2月08日「治安最前線シリ-ズ1」・2015年2月28日「集スト裁判完結と新たな凶行の予兆?」(創価学会の勧誘を断った親子が集団ストーカーの被害にあわれ、民事裁判を起こされています)

『雑木帖』⇒「2005-12-03 公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる?」