2015/02/13

携帯のバイブ機能で絶妙な嫌がらせタイミングを計るちんけ学会員達!!?

最近行きの通勤路を変えた。そうすると、途端に沿道で工事があちらこちら
で始まる。これは被害者に対して、騒音を聞かせる為で、敢えて期間を前倒
ししてでも集中的に行おうとする。普通の人が見るとただの工事と思うのが、
当たり前ですが、被害初期の頃は自宅アパートの周りが申し合わせたかの
様に一斉にリフォーム工事が始まった。被害者に分かる様にメッセージ性が
有るのでそれと分かる。上記の様に新規にルートを変えた時とかだ。こんな
加害は一過性の事なのに、ちんけ学会は、ガスライティングのプログラム
通りに淡々とそれをし続ける。これらの事は創価の権力が有る裏付けでも
有る。

rTtgwucoQilIXek1423749589_1423749759.jpg

工事現場の鉄塀に座間市のゆるキャラ ザマリン ただ良く考えて見ると、
ひまわりの花言葉いつも貴方を見ています!でその服装も喪服?てな事
で、実は、集ストのドSのキツキャラじゃないのか??(笑)

一般の方々から見れば、私の書いている事が、強引で、被害妄想ではない
かとお思いになられるのは、当然の事です。ならば、私と被害者が、被害
妄想を抱いているのか、又は、カルト宗教の創価学会の権力者が、気違い
共を操って、権力を悪用しているかのどちらかだと思います。その創価の
支持する公明党が、百人に一人の統合失調症患者がいると説いている。
用は、創価の悪事に公明党が組織防衛の布石を打っている訳で、誠に
稚出な論理ではあるが、この健全な被害者を貶し入れるカルトビジネスと
しては良く出来ていて筋が通っている。実際は、殆どいない統合失調症を
煽って、医療に強い創価の利害を担保している。

昨日11日上司に他の営業マンと同行して下さいと言われ、言われるがまま
自転車に乗りあるマンションの営業に行った。こないだ、シンガポールに行っ
た際に同室だった同僚だ、彼は、シンガポールで私の替りに仏敵に間違わ
れた希少な経験者だ(笑)交差点で止まると、カルトナンバー車を私が指差し
て、その同僚も納得!?マンションに入ると、先ず近所の消防署から救急車が
走行して来た。その次はアメリカ海軍カルト厚木基地所属の戦闘機が轟音を
けたたましく鳴らしながら、飛んできた。先日、私が営業で厚木基地に近づく
と、セキュリティーのワゴンに乗った白人が私の方をジッーと見てくる事数回。
それと、セキュリティーのアメリカ人女性兵士に話しかけたら、何か様子が変
で、その他、ビルの谷間に音が反響する所を自転車で通ると、戦闘機がタイム
リーに飛んでくるし、休日の日にゴミ出しの際にも、狙っているかの様に戦闘
機が飛んできた。恐らく創価自衛隊から私が北朝鮮の工作員だとか、嘘を吹
聴しているのだと推測する。奴等基地周りを旋回して回るのが仕事だから、
一被害者を空から弄ぶ事等簡単な事だろう。これらも被害妄想と思われがち
だが、私の行動とシンクロして必ずメッセージ性を持たせて来る。これらは、
周りで監視しているちんけ学会員が居ればこそ成せる技だ。こんなちんけな
事をカルト宗教は一日中やり続ける。

obYoZexdEHnBMt21423750343_1423750400.jpg

戸別訪問する際に限って、郵便屋、宅配便、新聞屋が付き纏って邪魔しようと
する。いきなり来て私の話している所帯の隣の部屋へゆうパックピンポイント
奇遇配達。
fjCLnqviCN2tRhg1423751492_1423751541.jpg
アメリカ海軍カルト厚木基地所属のちんけ学会粘着仕様の
スーパーホーネットリ

2pdOWp3iUrxKbKG1423750926_1423750973.jpg
こんなゾロ目のカルトナンバー車が至る所に駐車してのちんけ小細工

WGayAshBb06oCJV1423751151_1423751214.jpg
その後2人で次のマンションに移動する途中で又救急車が走行して来た。

因みに最近入社して来た営業マンに創価の集ストの事を話して、退社時に会社
出口で信号で止まっている車2台のカルトナンバーを指差したら、その新人さん
カルトナンバーに納得していました。

それと、被害者に対して、余りにタイミング良く嫌がらせが出来るのは、被害者
が来る事を今迄の行動パターンを事前に検証して、想定していている。そして、
筋書きが既に出来ていてちんけ学会の情報の共有をフルに駆使して。被害者
がその場所に実際来たら、携帯のバイブでの合図でバカ信者共の任されて割
り当てられた自分の任務を行うので、あれ程の精度のタイミングが可能になる
のであろう。思考共有の超能力は、あのちんけな爺じぃー婆ぁーのあの顔見れ
ば明白だ。恐らくオレオレ詐欺の被害者と集ストの加害者の兼ね合い使い程度
だろう(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント