FC2ブログ
2018/08/11

ある被害者さんのSNS発信内容を私なりに考えてみた。

本題のツイッター被害映像

https://twitter.com/i/status/1027895327670513664
すいません。ツイート映像の添付が出来ません。


再々度、以前活動を共にしていた被害者さんの気になるツイートを拝見したので、それに対し
私の思う事を記そうと思います。

この映像は、電磁波犯罪被害者さんの被害記録映像で、隣室?からの加害電磁波照射に依
る、被害者脚部の痙攣反応被害との事での犯罪被害の構図の様です。

普通、一般の方がこの映像添付ツイートを見れば、布団床で体を横たえている女性の脚部
が単に痙攣していて、その原因は、過度な運動をした後か?又は、登山後?なのか位の印
象でしょう。それで、上記ツイートフレーズの『電磁虐待加害の図』を見た上で思う事柄
は、恐らくは、自身の意志で足を動かしている又は、低周波マッサージ器を足の裏側に当
てて電圧ツマミのコントローラーを強弱させている位に思われる事でしょうし、私もあの
映像に映っている女性の足の様に動かしてみてみるとその彼女より、上手く演ずる事が出
来た。それにかなり以前に私がある他の女性被害者に対し、ツイートで今回のケースと同
様な映像にケチを付けた事が有り、それは、例えばラジコン飛行機のコントローラーを上下
左右操作すると、それに反応するかの様に男が付き従い、そしてその女性被害者のツイー
トの文面が、『遠隔操作で操作されるBMI被害者』との記載が有り、私思わず『私ならそのコ
ントローラーの真ん中の赤いボタンは下痢モードにするな!笑』と茶化してしまったが、突飛
な被害者の主張する根拠等は、実は、この程度のレベルなのですね。

以前からの私のブログにて集団ストーカー組織犯罪の信憑性の論拠を完全に喪失させる目
的で、加害者側がこの被害者への攪乱工作としてのテクノロジー犯罪と共に、電磁波犯罪
とを、まやかし工作の引き合い材料に設定し、結果、一般社会に対して、この犯罪被害者
が摩訶不思議で科学原理法則をも顧みずに無視し、果たしてそはの様に周知する事が、ど
のような結果をもたらすか、又は、どのような影響を周囲に及ぼすか、若しくは、目的を早期
達成する為にはどの様な周知方法、その案件の優先順位等、普通は、都市伝説に近い様な
案件である集団ストーカー組織犯罪の周知方法はシビアで、繊細な対応が求められるにも
関わらずに、その場その場の加害者への報復としての自己満足の憂さ晴らし的な根拠のS
NS発信が、咄嗟のレスポンスでの直接加害者へ報復出来無い受け身の女性被害者に特に
多いが、SNSでろくに有効な周知活動出来ていない男性被害者は更に多い。


結局は、その被害者自身で被害の早期解決を達成させる為の客観、本質的な想定、検証さ
えも論理的に構築出来無いその傍らで、ただただ感情面からの発想のみで、闇雲に被害者
が論拠も示さず感情的な被害者仲間への感情移入や連帯意識の忖度での弊害に陥り、『ま
やかし』から自ら抜け出す事が出来なくなるばかりか更に深みに入り、洗脳されてしまう。
何故なら、孤独への恐怖感対峙と向き合う勇気を問われる事を被害者は極端に嫌うからだ。

これ等の『まやかし』被害者の誘導する加害者側の工作意図に被害者が自らまんまとそれ
に乗っ掛り、SNSで社会に対し、一方的に自身の首と共に、他の集団ストーカー組織犯罪
被害者の首までも絞め続けている現実さえも想像も出来ずにただただ害悪を垂れ流し訴え
続け、本来、一般社会からの客観的視点を配慮、加味した周知方法を選択するのが当たり
前の大人の判断で有り、被害者自身の社会生活で養われている社会経験と云う名のフィル
ターを一度通してから判断精査し、それを悟る対処能力を自身で身に付けている筈な訳な
のですが、何故かそれが出来ない。それは何故なのか。

この問題に於いて、実際、この加害者の犯罪を顕在化出来そうな能力の有る被害者は、加
害者側の利益を損ねてしまう訳で、そもそもその様な人はこの犯罪に巻き込まれにくいし、
逆に、引き籠る原因での因果関係の有る漫画、アニメ好きな人々の心理的要因を逆手に取
り、隠蔽工作、ミスリードさせたい強い意向を反映出来易いこの様な人々を加害者側が好
んで選出しているし、実際、被害者にはその様な趣味嗜好を持つ方々が多い。それに社会
的経験が浅いや大人になり切れてていない被害者が多い様に思う。加害側は、外で恫喝したり、
徒党を組んで被害者に付き纏う事で被害者を自宅に追い込んだ上で一時的な段階的結実を
得、その行いの対価が利益還元での功徳、ご利益だと得られると盲信させられている偏執的な
変質者集団であって最終的には、被害者を自殺や社会的に抹殺する事を至福の喜びとし、
それを教義信仰の果実としている。

ですが仮に、例え自称大人?で有ったとしても周囲の被害者の連帯意識の情に流されてしま
い、上記と同様に加害者の画策する隠蔽攪乱工作のドツボの罠に嵌って身動きが取れ無く
なってしまう被害者がほぼ全てだと云って過言では無い現状だと思う。

この様な顛末の発端となっているのが、普段の活動からの勉強会等に出席し、孤独な被害
生活の状況下から自身の被害状況を情報共有し、理解して貰いたいが為に自身の信用の置
ける被害仲間を見つけ出そうとし、それは、1、付き纏い、嫌がらせの集団ストーカー被
害のみを主に訴える者、2、電磁波被害を主に訴えている者、3、他の突飛な被害を受け
ていると云う者達が集うが、厄介なのは、その全てや2つ以上の複数被害を兼ねて受けて
いる被害者なのです。

何故なら、3、の被害者は本当に可笑しな者か突飛な被害を訴える事で、社会の注目を引
き優越感を得たい者か又は、加害側の隠蔽攪乱工作の任務を負っている偽被害者である可
能性有る者。2、の被害者は電磁波過敏症疾患者の可能性か、上記と同様な偽被害者です。
2、3、被害者のケースでは加害者が隣室居住者等の遠隔操作での加害被害を訴えており、
加害者特定をブラックボックスにし、加害被害のみの状況を主にSNSで発信している。そして、
1、の被害者は、その加害者の特定で学会員が主に加担していると旨を明確に主張している
被害者で有り、2、3、の被害者の様に加害者特定を敢えてボカシて摩訶不思議な被害を訴
える必要の無い被害者なのです。例えば、以前私が関東で周知活動をしていた時に、2、
3、被害者が主催した勉強会に出席した機会が有りまして、その内容が、最もらしい材料
を並べては、その加害の可能性を突っ込んで探るでも無く、単なる紹介のみに終始し、あ
る中年の女性被害者の発表では、『自宅の床と壁の際から謎のこの物質が出て来る』とこ
れ見よがしにその謎の物質を見せびらかすのですが、それを誰が見ても単なる自然発生的
な綿ゴミで有り、それは単なる冷やかし攪乱の学会工作員としか私は見ていなかったし、
執拗にタイミング良く騒音を立てて来ていたそれらの輩に対し、私と、他の数人の被害者は既に
学会員だと見抜いていた。この様に被害者のこうした会合は、摩訶不思議な加害被害を被
害者に刷り込む為の工作会が実態の被害者の会が殆どで、そこにはハニートラップ等の工
作をも含んでいる念の入れ様なのですね。


こういった被害者の取り巻く環境では、上記に記した1、2、3、の被害者が混入し、それら
の被害者の信用の置ける真の被害者選定の項目条件は、誠意の有る様な常識人や長年
の被害経験からの被害者、又は気の合う同志位の条件では無いのではなかろうか。その
結果、電磁波、テクノロジー犯罪被害ありきの周知活動を自動的に承認し、その仲間意識、
所属意識に依り、要は情に流され、色眼鏡で真実を正視出来ないマインドコントロール状態
に被害者が置かれ、それで益々洗脳が進み、周知が正しく効率的に出来ない様に意図的に
誘導させられ、学会員の如くに可笑しな事にも思考停止で自身で気付け無くなって、更に傷
を深められ、被害者団体の仕組まれ囲い込まれた被害者と共に、末端信者加害者全体をを
巻き込む集金カルトビジネスに依り、結果的に実際、被害者も含め、各々一部の加害者上
層部に間接的に飼い慣らされている事だろう。

それで冒頭の電磁波犯罪被害映像を真実だと思い込んでツイートをリツイートされた被害
者さんの信じる根拠は改めて何だろうかと考えてみると、恐らくは、この被害者さんが真の
被害者である事を疑わない被害者だと信じ思い込みに依るものなのだろう。そう仮定すると、
この被害映像の信憑性は、単なる友情で成立していると云う事となり、非科学的な感情論
でとなるであろう。当然、加害側もこれを利用しない手は無いだろうし、当然加害者側の想
定の範疇で有る事は容易に想像が付く。これはやはり、加害スケジュールのフローチャート
図に乗っ取った経緯での正に、工作誘導に被害者が罠に嵌ったケース結果である事は明
らかだ。

それに現実的に科学的原則からの観点で鑑みても、電磁波で人体の筋肉を作動させるに
は、電極の皮膚との端子の接触からでしか考えられない事から、あの被害映像は創作映
像か又は、心因的外傷に依る、身体の拒絶防衛反応か電磁波過敏症疾患者らの痙攣か
だろうかの3択であろう。

その他、この様な電磁波テクノロジー教に被害者を落とし込みの誘導の為に工作員を予め
周到に工作員を仕込んでいる用意している事だ。これ等の経緯は、私と以前共に周知活動
をされた事も有るこの被害者さんとて、例外では無く、それは冒頭の被害映像を信じて疑
わないまでに刷り込み、社会に対しても電磁波被害をリツイートする程迄に落とし込ませ
る為の誘導された筋書きの経緯までも以前の彼女のツイートからも垣間見えて来るのです。

それは、2つ前の私発信のブログ内容文面上に記載した。アメリカのサイトに記載が有っ
た電磁波銃??の日本で実使用での加害被害の可能性からの商品紹介だったのですが、彼
女がこのリツイートする内容の電磁波銃のソースの出何処先は、被害者の中では、割と知
名度がある大〇〇〇さん発信の内容でした。実は、以前私、この方に電磁波犯罪の実態を
知る為に直接電話で会話をした事が有りました。

その会話内容が一方的でつっけんどんな高圧的な印象を受けた内容だったと記憶していま
す。

例えば、

『相談しに来た電磁波犯罪女性被害者の性器の電磁波で犯したらしい』

『その局部をピンポイントに〇〇〇を攻撃!』

『この犯罪は、道警本部の〇〇警部とも話が付いていて警察本部から電磁波攻撃
をしている』

等、女性器の通称を何度も叫び、男性である私の性欲を利用し、興味本位で聞かせる事に
依り信憑性と好奇心を煽る様な学会一流の工作(笑)方法で、余りにも分かり易く底の浅い
学会員らしく陳腐な工作が見え見えで、途中から私、全くバカバカしくて内容を半分位も
聞いておりませんでしたが、この様な場面は、SNSを利用する立場からすると、エロ、下ネタ
系は正に、嫌がらせや怪しい利用料金徴収を不当に要求して来る輩だと云う事は、敢えて
記さずしても誰しも理解が出来る事だ。

これらの事から分かるのが、被害者の信頼を勝ち得る性質の工作偽被害者を事前に仕込み、
被害者に対し、常に従順に誠実に振る舞う事で被害者からの絶対、絶大の信頼を置かさせ
、その結果、その工作偽被害者の被害に対し情が移る事で、その内に工作偽被害者を被害
者自らが自主的に庇い立てする様な構図を加害者側が期待、誘導演出し、被害者自身も知
らず知らずの間に偽工作被害に感化され洗脳され、更なる次の段階でのディープな有名被
害者のコアな偽周知工作に対しても肯定共鳴し始め、その結果、被害者自身のSNSで発信
する程までにミスリード派生させられる昇華に依り、その被害者を信頼する他の新たな純真
無垢な被害者をも次々と巻き込んで、新たな洗脳者を増やすかの如くに増殖し、そのねずみ
講の様な洗脳スパイラルに陥って来たのが今存在する被害者の真の経緯、姿なのでは無
いのでしょうか?!


次は、他の被害者さんのブログ内容の件です。

それは、『自宅に盗聴器、盗撮器が仕組まれている可能性が有ると云う様な内容です』
この件については以前にも記載致しましたが、盗聴器、盗撮器を家宅不法侵入し、取り付
ける選択と、携帯電話会社、プロバイダ会社、回線保守会社、総務省、警察庁に潜伏する
学会員の持てる力を駆使すれば、容易にリスクを負わずに、わざわざ足の付く、証拠を残
す様な犯罪行為を行わずにしても、一台組織のスケールメリットを利用し、既存保守管理
施設等を利用し、ほぼ出来ない事は無いと思われます。

普段から、私、仕事柄営業車に乗り個別住宅訪問営業の仕事をしておりまして、常時その
間も普段良く通る道すがらには、待ち伏せの車、進路妨害を意図し毎交差点毎に偶然を装
い左右から湧き出して来る嫌がらせを受けておりますが、私は、加害に対しては、全く受
け身では有りませんので、常に状況を先読みでの考えを巡らせておりまして、例えば、何
故、毎交差点単位で他車と絶妙なタイミング良く交差点でかち合うのかを考え、色々と消
去法を使い試行錯誤してみました。

先ず、携帯電話位置情報等のあらゆる設定項目等をoffにしまして、fake GPSをインストー
ルし活用し運転してみますと、警察のパトカータイムリーな交差点でのかち合いが少なく
なり、僅かに効果が上がりましたが、その後、何故かfake GPSのランダムな位置情報の選
択画面ボタンが押せなくなり使用出来無くなりました。それで違う策に出る事にしまして、
それも上記同様に携帯電話位置情報等のあらゆる設定等をoffにしましたが、その結果、
そこそこカルトナンバー車両のゾロ目等が交差点でタイムリーにかち合うタイミングはほぼ
何も変わらずで、、そこそこ私の位置情報が学会側にリークしている様でして、更に
携帯をいじり倒していると、どうやら自身の携帯からGoogleグーグルプレイ開発者のみが、
アプリ全停止の指示を逃れる様に断続的に自身の位置情報を発信している様なのが分かった。
それで、これを断てば加害側からは、精密な位置情報把握は難しいだろうと思いそれを即、
実行してみると、確かに精密で絶妙ななタイミングでカルト車を誘導出来無い様に思えまし
たが、段々その効果も何故か薄らぎ始めていて、それは何故だろうと更に原因を突き止めよ
うと思い、例え携帯の設定の組み合わせを幾ら組変えてみても効果が上がらなかったので、
それならば、いっそ原因の残るスマホの下部に有るマイクに対して、交差点進入毎にプラス
チック製の棒で音をけたたましく叩きながら走行して行くとあら不思議!付き纏い車両が自
車の周囲にもい無くなり、通常の田舎の風景が久々復活した。

そして加害者側は、仏敵情報を少しも逃さずに、正に盗み聞く事が信仰で有って、周囲に走
行するカルト信者共にも、どうやら私のスマホからのマイクが拾った音を聞ける共有機能が
有る様でも有り、それは、スマホ会話回線常時解放でのラジオ機能代用途によってもたらさ
れている様だ。何故なら、スマホ同志の無料通話は常識で有るから使わぬ手は無いだろうか
らだ。

要は、加害者側が私の携帯のグーグルプレイ開発者からの意図的な位置情報の抜き取りが使
えなくなり、補完的に使用していた私の携帯んの音声マイクを加害者がメインに使い出し、
私のスマホのマイクから例えば『今、方向指示器下ろした。』『エンジン音が40キロ位の
スピードで3秒走行したから、田中さん次の交差点から奴の進路を塞ぐ様に右折して来て!
タイミングは声掛けるからスマホ切らないでこのままにしておいてね!』などと被害者(私)
のスマホのマイクから、通常被害者がスマホで会話する音質品質での常時音が盗み聞かれて
いると云う事で、これが原因で例えば、被害者が自宅から出たタイミングを自らの持ってい
る自身の携帯電話からリアルタイムで漏洩盗み聞かれていて工作されている事を常に意識し
ている必要が有ると云う事。

この事は、加害者がこの事を加害者のメインツールに他ならぬ被害者の携帯電話情報に依存
している事実に、気付け無い様に、様々な陽動策や動員をし掛けたりして攪乱工作して来ま
すが、上記の事を行うと、明らかな結果として、ハザードを点けた停車車両が多くなり、そ
ういった監視員の合図で出合い頭のかち合わせタイミングや、碁盤の目状の街路であれば、
携帯電話の位置情報が寸断されている訳ですから、路地のX,Y方向に必ず対向車や尾行車の
走行量が通常より遥かに多くなり、被害者位置情報把握にの為に監視員動員を掛けてまで彼
等は躍起になってこのしゅーも無い監視ごっこを一方的な信仰を動機に行って来るのです。

その他、被害者が歩行者、自転車に乗車中の場合は速度がそもそも遅く、加害者に対してア
ドバンテージが無く有り余り恩恵は得られ無いでしょうが、自身の知恵の使い方次第で、被
害者が主導権を持ち加害者を掻き回せるツールに成り得る可能性が有ります。

特に、車両運転中は、携帯電話の電源を入れない方が、入れるより遥かに安全で有るし、加
害側に更なる負担を負わせる事が出来る筈ですし、若しくは、彼等の加害に依り、被害者が
むしゃくしゃした場合は、八つ当たり報復の嫌がらせツールにもになりますが、音声マイク
を叩いたり、打ち付けたりの騒音行為を他の一般人に見られないで行う事をお勧め致します。(笑)

それに加害者は、私がプラスチック製の棒でパンパン大きな音を立てた当初は、恐らくは、
私の携帯のマイクが拾った音をヘッドホンで聞いていて、ビックリ!!たまらん!(笑)表情
になった筈ですが、今ではそのマイクを相当大きな音立てをしない限りは、オープンスペー
スでの外部スピーカーに変更した模様の?対策を講じて来ている様でして、こちらも次の
一手を考える必要が有りますね。

因みに、被害者の場合、創価学会員警察官(司法警察官巡査部長以上)と創価学会員地方裁
判官(裁判長)又は利益、便宜供与の恩恵に預かる不良脱法警察官等に結託により、通信傍
受法改正に依り悪用防犯パトロール活動での対象人物に指定済みで有り、警察建屋内での
パソコンで、第三者であるNTT職員を介さずに被害者の位置情報や音声盗聴、PCや携帯電
話から合法的に行う事が出来るのですよ。被害者の方々は各々万引きや痴漢や詐欺等を行
う可能性の有る容疑者未達の要注意人物であり何らかのレッテルを警察が一方的な自己都
合で貼られているのは間違いないだろう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント