FC2ブログ
2018/08/01

最近の社会時事問題と、集団ストーカー組織共謀犯罪との因果関係を考えてみた。

最近の権力者崇拝とその周囲の権力者に対しての忖度と共に、組織の利権、私物化が
社会問題として表面化して来ています。これ等の構図は、小作農搾取、独裁政権、カルト
として過去から現在に至る迄の歴史上古来から存在する訳ですが、その人類の経験上
ろくな結果にならない経緯、結果を鑑み、世界の先進国は、その後、グローバル化して
来た現状を踏まえ、国を跨ぐ様な通常の組織犯罪での派生、連携、又はテロを事前に防
ぐ事が、自国の安全保障に直結する事を事前に想定、予期想像出来たからこそイタリア
のパレルモ条約を日本を除く各国が批准して来た経緯だと思うし、実際、世界の犯罪形
態に占める割合の殆どがこの組織犯罪で有るからの実情に他なら無いからだろうか。

にも関わらずに、翻って我が国日本は、自国の歴史経験上オーム真理教を除き、組織
犯罪と云えば主に暴力団で、他共産党、革マル、等以外は経験が浅く疎かった感も拭え
切れ無いいと思うし、それとも、集団ストーカーを主体的に行っているカルト党が政権与
党に組した事により、そのパレルモの批准が阻害されて来たのかと思う。実際、そのパレ
ルモ条約を発端とする共謀罪、テロ準備法案を最期までいじり倒して骨抜きにしたのも
このカルト党で有る事。

その経緯を経て、ようやく日本もテロ組織犯罪に対して世界標準のレベルに追いつい
た?のでしょうが、逆に世界から見れば、組織犯罪に対しての後進国で有る事が事実
上露呈しまっている。この様な背景から日本での国内組織的犯罪や外国人犯罪問題
に対しても、後手にまわるであろう事は容易に想像が付くし、実際遅れている。それで
当然、組織犯罪や組織的犯罪に法の不備を突かれたり、逆に逆手に取られたりして
似非労働組合や似非宗教等の組織犯罪の温床土壌が出来た。結果、労働組合、宗
教法人、連盟、大学、省庁の利権による不祥事、パワハラ、嫌がらせ等が法治国家立
憲主義である筈の我が日本に於いて、その刑罰が組織権利に守られアンタッチャブル
でのタブーとして捜査の手を逃れる様な事件が実際、今現在でも潜在的に多数横行し
ているし、これ等の問題は日本社会での氷山の一角である事は利権まみれでもそれ
を由とする様な看過黙認して来た国民の無関心と共に、社会構造的な欠陥から来てい
るからだと思える。

要は、想像力の欠如(国、行政のチェックの甘さと共に国民の組織犯罪への意識の低さ)

そう言えば、私は以前、法務省前での単独街頭街宣活動の際、来られた公安の方が、
街宣前の雑談の中で集団ストーカー周知活動黎明期に活動されておられていた伝説の
日護会の黒田大輔氏をご存知の方で、その数々の歴戦を見て来たであろうその公安の
方が私に対して云われたのが『この集団ストーカー組織犯罪は漫画の20世紀少年その
ものだ』とこの犯罪を例えた発言をされたのを思い出しました。私、普段から漫画やアニ
メは幼稚臭いとお思えて正直嫌いなのですが、20世紀少年は何となく何故かおぼろげ
ながらにも知っていた。それは、テレビの番組等からの断片的な組み合わせに依るレベ
ルで正直良く分かりませんが、独裁者を崇拝する20世紀の新たな形態のカルト、正に
学会そのものだろう事は察しが付く。

それは、この集団ストーカー組織犯罪の首謀者はこのカルト党が1999年政権与党に
組し、その5か月後にこの20世紀少年が初刊が刊行された。この20世紀少年の内容
は世界滅亡を望むカルト集団のっぺらぼうの『ともだち』とその人物の特定のストーリー
らしい。そしてこの20世紀少年を知らない日本国民は若い人を除けば殆どおられない
のではなかろうか?

その後、時の麻生総理の時代、元公明党委員長の矢野恂也氏が同じ組織の創価学
会員からの付き纏いや恫喝の実情を国会での予算審議会の場に於いて亀井静香議員
が代弁し、その亀井議員との答弁に際、麻生総理が創価公明の共闘蜜月関係の立場上、
組織防衛の発言に依り、国民に対してのこの組織の危険な真実の実態が捻じ曲げられ、
懐疑的な発言に終始してしまい、結果的に国民にはそこにある危機を知る機会を摘んで
しまい、以後、社会に巣食うカルト問題は完全に闇に葬られてしまった。

その代わりと言ってはなんですが、麻生元総理は、漫画の殿堂構想を117億円掛け
て作ると云う政策をぶち上げた。

私は、個人的に現麻生財務大臣はあらゆる意味で問題無い??お方だとは思っておりま
すが、国民文化にもなり、世界からの等身大以上の高評価に依り、自己賛美にも似た
内容のサイトがネットに溢れております。確かに、有用な漫画、アニメも有るのは私も
認知する処ですが、有権者の振る舞いの鏡でも有る総理大臣までも及ぶ漫画、アニメ
似非宗教信者の如くに信奉するその傍らで、過去に忘れられたデメリットでもある医学
的見地からの想像力の欠如に繋がるとの見解は、現実社会に於いてそれ等を整合、
照合して見た結果、卵が先か鶏が先かのロジックでの因果関係と、夥しい数のカルト
信者の行う幼稚な振る舞いである集団ストーカー組織犯罪がラップし浮かび上がって
見えて来るのは、集団ストーカー組織犯罪被害者の私だけかと思えますが、上記の
様に、財務省文書改ざん問題文科省裏口入学の受託収賄事件、文科省職員700万
円着服事件、日大アメフト事件、日本ボクシング協会問題等の負の連鎖スパイラル原
因の伏線は、想像力の欠如を後押しして来た詰込み教育と、メリットしか一切論じられ
無くなってしまった漫画、アニメ文化の社会での位置付けと共に、そもそも分析べた、
議論嫌いの国民性がそれを担保しているのかも知れないし、物事を深く思考しなくても
済むカルト依存への適性が有るのかも知れない。

因みに、漫画、アニメはあくまで子供の文化の位置付けとしている方が、私は少なくて
も大人でいられるとそう思っております。何故なら現実社会は3次元世界で有るからです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント