シンガポール行って来ました。

先日シンガポールに行って来ました。

1月31日~2月4日の旅程で会社の社内旅行行って参りました。
と言っても、毎月天引き積立です(笑)








行きは7時間で、常夏の気温30度超えのシンガポールです!

帰りは時速200キロジェット追い風気流で対地速度マッハ1超えで
6時間でした。

チャンギ国際空港に到着して私がゲートから出た途端に、子供が
ポールの天蓋?を落として「ガチャーン!」又始まったと思いました。
それから、空港からホテル迄のバスでの道中での車窓から、走行中
の車を見ていると、連番ナンバーの車が10台位立て続けで、遭遇。
ただ羽田空港迄のバスの道中のガチなご苦労!(苦しうないぞよ!
上から目線。笑)徘徊車軍団台数依りも大雑把で空港周辺以外は
ノーマークでした。因みに普段はカルトナンバーは敢えて見てません。

翌日午前中の会議を終えてフリータイムになり、歩いて同室の同僚
といざ市内観光へ行きましたが、それまでは、それと分かる付き纏い
は感じられませんでしたが、チャイナタウンを見て歩いた直後に消防
車、1台、救急車3台の明らかな立て続きの付き纏いが有りました。



チャイナタウン 2月1日旧正月だそうです。


vKW3QWZahOMAuB51423120560_1423120582.jpg

御丁寧にお得意様です。1号

chz6898ntQFKIRt1423198700_1423198723.jpg

貴方様の為なら、何処でも付いて行きます!2号



シンガポールでも御ターゲット様への外廻り御挨拶は、欠かせません。3号

それと何故か同室の同僚が地元の協力者に仏敵と思われているら
しく、例えば、会議中にホテルのボーイがその同僚のグラスに水を入
れようとした際に、水を机上にこぼして何か不自然なその様に、私が
何気に天井に目を向けると、シャンデリア風の天井半面に沢山の電
球照明が有ったが、その同僚の真上に有る電球のみが切れてるのを
発見!これって、仏敵の位置情報??(相変わらず芸が細かいちんけ
学会!)私が会議前に想定外のトイレに向かったので、位置が一つず
れて、同僚が仏敵様へ大変身~!(笑)それからというのもの、その同
僚が宴会でボーイが食べ物を配膳する際も、ズボンに食べ物をこぼさ
れたり、歩道を歩いていると、ビル工事の歩道天井保護板を落とされ
そうになったりして、その度にその同僚に「あ!ターゲット!」と私がか
らかって言え、笑えました。普段から私、社内で「ダサい宗教~♪ちん
け学会!~♫」などと替え歌を歌いながら、フルオープンに同僚達に話
している為に、創価の集団ストーカーの事は皆周知済?です。
その同僚も私がカルトナンバーの8888を指差すと、感心していました。

地下鉄、雑踏の人ゴミ、に紛れるとほぼノーマークでしたが、ホテル
周辺に咳をする人間が多くて、隣に中華系スーパーに初めて入店
した際もわざとらしい咳をしてくるので、私も嫌がらせの咳の応酬を
して営業妨害。そうすると、店の評判を落とす犠牲を払ってまでの義理
は無いと思ったのか、それから、翌日にその店に行っても、咳をされ
る事は無かった。面白いもので、意表を突いて一人で外に出歩いた
際には、逆に気持ち悪い位に咳をされなかった。(これが真のシンガ
ポールなのか??)

恐らく、社内にもカルトに内通者がいるのだろうと考えていると、そう
言えば社長は創価学会員?でした。(笑)

一人で買い物に行ってホテルに戻ると、何故か社長が1階に居て、
一緒にエレベーターに乗る羽目になった様な事が、3回程有り、(30人
位の団体旅行で、その他の人と偶然出くわすなんて1度有るか無いか
の確率なのに、う~む不自然だ)学会員独特の傍から見れば、中途
半端な程に付き纏おうと試みる不自然な執着心が垣間見えた気がし
ました。公的な顔と学会員としての顔が場面によって見え隠れする様な
感じか!?

それと、もう一日フリーの日が有りまして、2回も同じ所を観光して見る
所も無くて、万金近く出してユニバーサルスタジオに行くのも勿体無い
気がしたので、取り敢えずジョーホール水道対岸のマレーシア側のジョ
ホールバル市迄行こうと考えましたが、現地のツアー添乗員が面倒起
こされのが嫌みたいで、その添乗員の治安が悪い様な言い草を間に受
けた同室の同僚が嫌がったが、それを適当な予防策を提案して説得し、
いざ出国へ。

全く下調べをしていない思い付きデートリップですが、石橋を叩いて
渡る同僚とは違って、私はワクワク期待を膨らませた。
それで、地下鉄で、ウッドランズと言う所で降りて、そこから、手探りで
バスに乗り継いで海峡へ向かった。が途中でバス下ろされて、税関で
出国手続きして、再度バス乗車して、ジョホーバル市の税関で入国
(この間1時間半位でした)
審査で何れもハンコ押されるだけで、帰りのシンガポール入国時に入国
カード記入を求められました。



途中から地上に昇る地下鉄



ウッドランド駅1階のバス乗り場



海峡の幅は200メートル位でしょうか?

(交通費約7百円位で地下鉄2ドル40セント+バス1ドル50セント×2往
復シンガポールドル)
因みに、ジョホールバル市からのバス、市場は、シンガポールドル使え
ました。

ジョホーバル観光は、ヒンズー教のお寺でお祭りが開催されておりまして、
そのお寺の前で、箱から出して来た500ミリのミネラルウォータータダで
頂けました。何て他宗教者の私共に施しをして頂ける、寛容で、太っ腹
な素晴らしい宗教だと思いました。



ヒンズー教の皆様有難う御座いました。



こちらは、イスラム教のモスクで入口直前に連番カルトナンバー2台が駐車。中はガランとしていました。
(この2台では有りません)



食べかけで良く分から無いとお思いでしょうが、元々のボリュームもこんなんです。

他方、金の為に仏敵等と自分達に都合の良い様に無実の人間を貶め
て、勤行等と称して、信者の自由、道徳、金を搾取して、外国で、外人
迄使って効果の薄い付き纏いを行う邪教カルトのちんけ学会は、世界
で唯一無二のバカ宗教だと世界をそこそこ見て来て率直に思いました。
こんな宗教が日本に有る事自体恥ずかしく思います。

その後マレーシア王宮の周りを歩いて、アジアでの美しいモスクと言う
寺院を見て、最後にショッピングセンターのフードコートで、200円位の
ホットプレートを食べて帰路につきました。最近街宣で使っていたリュッ
クサックのファスナーが壊れて、物価の安いマレーシアでリュックを購入
する事も私の目的の一つで有りまして、結局千円位で、小振りですが、
そこそこの品質の物を購入する事が出来ました。

この後シンガポール市内に戻り、リトルインディアに行き、最近日本の
カレー粉に飽きていましたので、本場インドのカレー粉を購入しました。
(1kg袋6百円位)



先程食してみましたが、スパイシーで本格的に旨いんですが、私何か入れ忘れているのか、何か足りない(笑)


今回の旅行で思った事は、ヨーロッパやアメリカ依りも遥かにちんけ
学会のちんけ臭が強い事でした。日本の法人もシンガポールに沢山
有り、高島屋や伊勢丹がメインストリートに建っている光景は、正しく
リトルジャパン!地元協力者が多くて当然です。

それと、この集団ストーカーですが、外国に出てみると、反日洗脳教
育を受けたの中国、朝鮮人が日本人が憎くて、実は日本人のちんけ
学会員の事も私等、仏敵と立場は同じで、今は都合が良いから、単に
利用している道具に過ぎないのじゃないかと私は推察します。それに
気付きも、疑う事もしない学会員達に付ける薬は無い。バカは死んで
も治らないとは、学会員の為に有る言葉ではないのかと思えてしまう。
そして、外交もそうですが同じように中国と朝鮮人が手を組んで、日本
人を先ずは貶める事を常に虎視眈々と狙い続けているのだと思えました。

ただ、まぁ~色々と有りましたが、なんやかんやの楽しい旅行でした。
社長有難う御座いました!m(_)m

それで、帰国した翌日の朝のテレビを見ていると、札幌市厚別区の
女性殺害事件の取材をしていて、それを、取り締まる北海道警察の動
きが後手後手で、コメンテーターがその事に批判をしている所の場面
でした。
そこに錦野容疑者の軽自動車が写っていて、何げにナンバープレート
を見てみると、5988のゾロ目カルトナンバーでして、それで点と線繋
がりました。恐らくそれは、錦野容疑者と道警が、創価学会繋がりで、
その仲間意識から警察が容疑者を庇っている構図がバックグラウンド
として有る事実をマスコミは読み切れていないのか、これまた庇ってい
るのか?この構図の傾向は日本全国に蔓延していて、国自体がカルト
創価に蝕まれている現実ですね。このままこの様な事を放置し続けれ
ばどうなるか想像するだけで恐ろしいです。

何とか対抗勢力を作って根絶したい所ではありますが・・・現状に満足
している人達の国の特権階級に物申しても、効果薄なのは、明白で、
余りにも多勢に無勢の現実に、水戸の黄門様も薩長も御座いませんし、
街宣主催をしてみても8人集まれば良い方です。座して永遠苦を選ぶか。
少しでも抵抗を試みてそこに可能性を見い出せるか。それとも海外に
活路を求めるか?3択しか多分御座いません。さて、貴方様ならどうし
ますか?酒飲んで寝る??(上から目線ですいません)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

furan

Author:furan
このブログはリンクフリーです。
初めまして。furanと申します。集団ストーカーを被害妄想と統合失調症等の精神疾患者と同様なレッテルを貼り付けようと信者全体で被害者を囲い込んで隠蔽しようとする大多数の創価学会員と一個人との闘い!昨年相模原より帰郷し、今は北海道在住です。:相当昔から被害を受けていた様ですが、本人はタイミングが良過ぎるな位にしか思っておりませんでしたが、7月1日から特に集団ストーカー被害が酷くなりました。被害初期は混乱していましたが、その2週間後目には。一念発起で一人町田街宣をして創価学会員に殴られたりと、この被害前には有り得ないほど退屈な日々でしたが、突如の短期間で波乱人生津波乗りサーファーにでも無理繰り仕立て上げられた様な感があります。(因みに私はサーファーでは有りません)

※注!

因みに、投稿コメントへの書き込みに対しては、基本的に返信は致しませんのでご注意下さい。この投稿コメントは、加害側の探りの道具に利用されておりまして、正直ウザイ!!(笑)為、宜しくお願い致します。常連の被害者さんは個人メールの方へお願い致します。その他の方は、公開しないで投稿する機能がこのコメント欄で選択出来ます。

現居住 北海道

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR