2016/12/24

未だに、帰宅難民の私、

20161224132248450.jpg
一昨日は、国際線ターミナルのベンチで他の外国人と共に川の字で寝、早朝国内線ターミナルでカウンターに並ぶも、空席待ちが約150名もいて昼前位迄、出発便毎に変わるカウンター間を右往左往させられた。その後、諦めて、今日は天皇誕生日だから恐らくは、保守の街宣でもやっているに違い無いと思い返し、思い切って都心に向かい街宣に参加する事にしました。

それで参加させて頂きましたのが、日浸会、菊川代表の反天連カウンター街宣でした。私としましても、保守活動をこれから活動の幅を広げたい所でも有りましたので、一応、軽く顔を覚えて頂こうと思い、菊川代表、有門さん、と、もうお一人お名前失念してしまいましたが、すいません。挨拶をさせて頂きました。皆さん気さくな方々でおられまして、気持ち良く私に接して下さりまして、有り難うございました。

そして、街宣終了後に、時間も有ったので、明治神宮を徒歩で散策後に、相模原の橋本に有るビジネスホテルに予約を入れ、宿泊した。流石に明日は、帰宅出来るだろうが、出来れば早目の便に乗りたいものだと思った。

そして本日、午前中に空港に着いてカウンター前に並ぶと、50名位は並んでいた。そこで私もその列に並んでいると、創価のチンカス学会員らしいのが、それと分からせたい如くのタイミングで音をたてて来るんですね。昨夜のブログを投稿した3分後には、私が座っている真横で今まで誰も居なかったのにも関わらずに何か思い出したように作業員数名が来て、作業しだしだしたのでした。

要するに、私の居場所が特定されたのが、ブログ投稿時で、其れまでは、混乱した状況下で何時もの様には、把握出来ていなかった様に思えます。確かにその工作員でさえ目的地が有って、その様に振る舞っているでしようから、工作するにも余裕が無いか(笑)

その後、順番待ちが私の番近くになり前客の煩い犬の手荷物がようやく裏方に下げられたと思いきや、私がカウンターで喋っている最中に何故かその絶妙なタイミングで裏方から私の目前を通って再度違う裏方へ。

正にカルトチックにan,n,a事するか~(笑)大体大手なら、そんなチンケな事に精出さんと、臨時便でも出せよ!!(怒)

まぁ~何処の航空会社にもこのバカ信者は生息しておりますし、そしてこの航空産業を監督している国土交通相は、創価信者だからいづれ日本の航空会社は、創価王国が出来た暁には、三色旗塗装の気持ち悪い創価航空へと統合されるのだろうか?(笑)ただこれ迄も此れからも、我が国では、あらゆる分野を牛耳る一大権力者ではあるが、線香花火の如くにポトンと潰える運命にある高齢化した小山の大将の様な創価!それは何故なら、一般人虐めしか出来ないレベルからの脱却は、工作員がその様にしか洗脳されていない以上到底無理だからだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント