ある被害者さんとのメールのやり取りを早速、周知活動に使わさせて頂きます!

下記文がある被害者さんの私への投稿文です。


furanさん

ありがとうございます。

この悪の行いをする創価を何とかしなければと思っています。
政治の力を使い国民を苦しめる公明党を叩き潰さなくてはなりません。

都知事選挙については皆さんlと同じで、桜井さんにと一致した考えです。

久しぶりに○○さんから電話がありました。
確かめたところ、パソコンはできないそうです。
それと、集団ストーカー被害はないそうです。
以前に聞いた内容と少しズレがあって戸惑っています。
テクノロジー被害者であり、警察が加害者と考えているとのことでした。
申し訳ありません。

別件ですが
NPOの会員さんがテクノロジー被害者として横浜地裁にて(台湾よりの帰化人の○○さん)裁判が行われましたが、やらせなのかと思う節があり詳細を確かめないと今後の事もあり、被害者さんが妄想被害者になりそうです。

9月8日に判決言い渡しとのことでした。
詳細は下記サイト内容を参考にされてください。
このblogの方は韓国人で○○さんという被害者さんです。

昨日(6月16日)、横浜地方裁判所で
テクノロジー犯罪の被害者を名乗る女性が
国を相手に国家損害賠償裁判を起こし
1回口頭弁論とのことで傍聴に行ったが、ちんぷんかんぷんで、
不可解なことも多くてこれも八百長裁判では、
裏になにがあるのではと思ったりして。。。

このような裁判で
被害者達が笑い者になり、理解・信用を無くすのではと思い、
すごくもとかしく、心配、疑惑な気持ちでいっぱいでした。

横浜裁判所、第1回口頭弁論、13時10分、5階 第502号法廷
平成27(ワ)第○○
1億何千万円の国家損害賠償と裁判官の発言があり途中で知った。

1~8、割愛します。

9.原告席に女が座ったが、
進まず法廷の隅でふたりの書記官が書類の準備で
バタバタしてる。結構時間が経ってから
被告席の人達に書類を渡したりしてから
ようやく裁判官が言い始める。

10.しかし口頭弁論なのに、
裁判官から今まで提出した書類の確認だけで終わり、
女は はい、はいだけで、時々日にちを聞き取れないふりをし、
日にちの反問を繰り返しだけで終わってしまった。、、
その上、最後に裁判官が被告側から
以前弁論書を出したらしくこれに対して
何かあれば7月31日まで提出するよう言い、
9月08日に結審すると言ったが、
全く理解できずちんぷんかんぷん。
また、被告側が日本国、警視庁、国家委員会など組織なのか、
長官の個人なのかに対する裁判官の質問にもちゃんと答えず、
自分が出してる書類もよく分からない、
訴訟というもの、裁判の事も分からない、
理解できてない様子で、、、
かっかりで嫌な気持ちで傍聴をした。

10.裁判が終わり、法廷を出たところ、女は
ひどい攻撃があったとか、攻撃で聞こえなか ったとか
言い訳をし(私には嘘に聞こえたが)
傍聴の人達は、開廷し結構な時間待たされたのは
裁判所側の嫌がらせだと思い、言ってる。。。
しかしそれは違う!!!
女が書類をちゃんと揃えない、提出しなかったので、
それを裁判の時間が過ぎても、確認、整理、揃えて
被告側に渡す為書記官達が奮闘したのである。

一体何の為、裁判の目的はなんだったんだろうか?
なぜ、長年の正会員である女が訴訟をしてるのに、
傍聴の呼びかけだけではなく
事前に色々サポートが出来なかったのか?
こんな被害・被害者達を侮辱する、信用をおとすのような
すさまじいメチャクチャな裁判にならなければならなかったのか?...
一体どうなってるんだろうか?。。。
この女は何だろう?本当に被害者なんだろうか?
経済的にも不透明で、高価なチラシを
長年何万枚段位でばら撒いてるし、
メール、電話もできず、私書箱を設けてるし、、、

私も被害の初めに犯したことだが、
どうか、本当の被害者方々は、
加害者、偽装被害者によるミスリード、
虚偽被害内容に騙され、煽られ、利用されないように、
あれも被害、これも被害と思わず、言わず、
ある程度根拠、証拠、確証がない限り、
断定しないで、慎重にしてほしい、、、
一般人、経験してない人達も理解できる、
説得力がある訴え、主張をしてほしい。

でなければ、被害者本人以外には、
理解できず被害妄想、頭おかしい人としか思われない、
逆効果を招くだけですので、どうか、、、


下記文が上記投稿文に対しての私の投稿文です

○○様

テクノロジー被害者には、被害をどうにでも都合良く訴えられるから偽被害者がいたとして

も不思議ではありません。それに対して付き纏い、嫌がらせを訴えているローテク被害者の

方が真正被害者が多いのだと思えますね。それは、何故なら、創価の付き纏い、嫌がらせは

被害者で有れば誰しも受けている被害で、その犯罪非を顕在化、隠蔽させる目的の為にはロ

ーテク被害よりテクノロジー被害の方が効率が良くこの犯罪をミスリード、都市伝説に転嫁さ

せる事が出来、その副産物として被害者を精神疾患に誘導出来る利点での一石二鳥の抱き合

わせでの加害を行える。元々、集スト被害者全員を全てテクノロジー被害者にしたいと加害

者側は思っていて、それを見破れる被害者が結果的にローテク被害者でそれを見破れないの

がテクノロジー被害者に分類されるのかと思えます。但し、世界での被害から法制化の進ん

でいる傷害としての電磁波照射被害等は信憑性があるのではと私はそう思います。


これは、加害者側がその被害者に対して、常に弱点を追求して行くこの加害方法に依って、

電磁波過敏症の被害者にはその様な加害法に特化して行くからこそ、この様な被害者の体質、

性格に適合した加害法に依って、ローテク、テクノロジーで差別分類されるのかと思えます。


実は、最近私のブログである被害者投稿映像にクレームを入れた映像も、フロントガラスに

映り込んだドリンクホルダーや、巻き戻して見ると、元々反射していた背景の光を過敏に反応

したもので有ったりで。要は、被害者の年齢、性格、社会経験、虚栄心、猜疑心等が引き金と

なって、加害者側が行う被害妄想演出の実傷害の無い嫌がらせの温度差の違いであって、その

原因は本人の被ミスリード勘違いが殆どで実際は、テクノロジー被害者の殆どは実はローテク

被害者??なのかもしれないし、恐らくは情報の氾濫で煮詰まってしまう事に依る被害の何で

も転嫁の被害者集団ヒステリーなのではないかとも思えます。その勘違い?した被害者が投稿

発信する内容は、良心からがその動機なのか又は、なりすまし被害者のミスリード目的のかの

違いでしかないと思いますが、結果的にその被害者が、一般人への有効なプレゼンが出来る

筈も無く殆ど全て?において集ストのミスリードに被害者自らが拍車を掛ける逆効果に終わっ

ている様に思えてしまう。要は、電磁波照射傷害等を別にして、テクノロジー被害の実態は、実

傷害の無い嫌がらせの温度差であって、その被害の殆どは、薬剤散布や混入が要因のいわゆ

るローテク被害者に収斂していくのではと思えます??


ただ、実際の処の真実はどうなのか?分かりませんが、ローテク被害者より、テクノロジー被害

者被害者の方が被害者数が多い事からも、そして加害側の性質からもそう推量が出来るかなとも

思えますし、例えばこの仮説で有れば、電磁波照射被害等以外において全てに説明が付くと言う

様な逆推理からの発想なのですが、かなり強引ですかねこれは??? 

                                          furan

ついでに追加致しますが、上記の様な構図が如実に反映しているのが、東京都に認可を受けて

活動されているNPO法人の集団ストーカー被害者の会ネットワークさんではなかろうか??

先日もそこが主催してプレゼンする発表会があり、その後私がその映像を見ていて思った事が

あります。それはこの犯罪に対して理路整然として実に分かり易いと思えたし、信憑性が有ると

思ったが気になる被害も多く、例えば、その被害項目の中の一つに思考盗聴という項目が有り、

この流れで行けばその内にUFO宇宙人が出て来ても不思議ではないかと思えました。それは、

私でさえ被害を完全に意識してから約2年半の内の加害者の行動の先読み(思考盗聴 笑)が

そこそこ出来る様になり先回り逆嫌がらせで、工作員にがっかりさせる事も有ると言うのに、そ

の事前の情報収集、把握に依っての先読みと、2,3、当てつけシナリオを用意して加害側が先

読み、仄めかしアンカリング(条件付け監視工作)をしているだけに過ぎないのにそこの分析が全

く無されて無くて思考盗聴!か・・これなら宇宙人が出て来ても不思議ではないだろうと一般人

はごく自然にそう思え都市伝説と思う筈だ。因みに私は、電磁波照射の絡繰りは想像だに出来ま

せんが、思考盗聴被害者の場合は、PCのCCDカメラ、マイク、携帯電話から(電池が装着されて

いる状態)常時、盗聴、盗撮されている事実を知り得ていないのではと思います。彼等学会員は、

通信、行政等日本を支配する為の総体革命実現の為の要所、例えば、電話、通信メンテナンス、

ネットプロバイダ会社等は、当然の如くにもう既に創価に抑えられておりますから、国民が創造

する以上に支配されていますから。


そして噂に依るとこの被害者の会には、偽被害者が多数潜伏してこの様に一般的には突飛とも

言える被害を掲げて、其れまでの集団ストーカー被害者の会を改めて超常現象の研究会に意図

的に差し替え様と常に画策しているのは間違えないだろうし、それで如何にこの犯罪を顕在化さ

せ無い為に、多々この会に学会員を送り込み被害者への嫌がらせ加害とを抱き合わせにし、

対加害者に対しての活動では無く、単なる被害者同志のガス抜きに主眼を置いての、その本来の

目的を骨抜きにさせようと工作しているに違いないと私はその様に思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

【正体】

その正体は全体主義。日本では左翼、共産勢力となる。両者が裏でつながってることは最近の野党共闘で一般にも広く知られることとなった。

これらの勢力はメディアだけでなく、その他の重要分野も含めて社会に広く存在している。2010年、中国国防動員法の施行で、これらの勢力が組織化されてることが表向きにも明らかになった。

【目的】

目的は2つ。1つは地域、会社などからの追い出し。個人で相手にできるレベルではないので飲み込まれるか出て行くかになる。訳が分からず、嫌がらせに切れて犯罪者になってしまう例がかなりあると思われる。

もう1つは脳内麻薬を利用した身内のマインドコントロール。向こう側の人間はターゲットを意識(連想)すると脳内麻薬が出るように訓練されている。向こう側の人間は日常にターゲットを連想する事柄が多く散りばめられているが、それだけだと脳内麻薬の出が落ちるので、変化を付けるためにターゲットと直に接触させる。

【家内監視】

外からの家内監視は赤外線。少し前にNHKスペシャルで衛星搭載の赤外線装置を使っての遺跡探査のことをやってたが、数mの厚さの砂に埋まってる遺跡をはっきり映し出していた。数mの厚さの砂の層を透過するということは、30cmもないコンクリートの壁も楽に透過するということ。

また、最近は壁の中の柱の位置を探す道具が1000円程度の値段で売られてることも、赤外線を使った壁透過の一例。

また、テレビ、パソコンなどを、液晶画面の裏に小型カメラを仕込んだ同じ製品とすり換えることも。某国のホテルのテレビには小型カメラが仕込んであるという話もある。

【音声送信と言われる技術】

衆人環境で一人だけ音を聞かせる技術は、キャリア波側帯波分散照射オーディオスポット制御という超音波技術で、これは睡眠妨害にも使われていると思われる。

マイクロ波を使った同様の技術があり、自衛隊のHPかなんかに載ってるという話があるが、これはまだ確かめてない。

どっちにしても、一人だけ音を聞かせる技術があるのは確か。キャリア波側帯波分散照射オーディオスポット制御に関しては、TBS夢の扉でも紹介済み。

【思考盗聴と言われる技術】

これに関してはまだ不明。ただ、軍事衛星の高度が150kmくらいで、分解能を30cmとすると、20mくらいの距離からだと、0.04mmを把握が可能ということになる。

一般には人体の画像診断は筒状の大きな機械に入らないといけないみたいな話になってるが、実際はすでに家の外部から人体を臓器単位で正確に把握できるようになってるのは間違いない。

【戦略】

少数派である左翼、共産勢力の戦略は二つ。1つはドミナント方式で場の密度を高めることで数的不利を補う戦略。地域、会社などを身内で固めてしまう。

もう1つは見分けがつかないことを利用して、表向きと裏向きの見えない二重構造を取る戦略。見えない二重構造のことを知らない組織の表向きを裏向きがもっともらしい理由を提示して動かす。

【電磁波・超音波】

3方向から1点で重なるように電磁波、超音波を照射することで、ピンポイントで攻撃が可能と思われる。
プロフィール

furan

Author:furan
このブログはリンクフリーです。
初めまして。furanと申します。集団ストーカーを被害妄想と統合失調症等の精神疾患者と同様なレッテルを貼り付けようと信者全体で被害者を囲い込んで隠蔽しようとする大多数の創価学会員と一個人との闘い!昨年相模原より帰郷し、今は北海道在住です。:相当昔から被害を受けていた様ですが、本人はタイミングが良過ぎるな位にしか思っておりませんでしたが、7月1日から特に集団ストーカー被害が酷くなりました。被害初期は混乱していましたが、その2週間後目には。一念発起で一人町田街宣をして創価学会員に殴られたりと、この被害前には有り得ないほど退屈な日々でしたが、突如の短期間で波乱人生津波乗りサーファーにでも無理繰り仕立て上げられた様な感があります。(因みに私はサーファーでは有りません)

※注!

因みに、投稿コメントへの書き込みに対しては、基本的に返信は致しませんのでご注意下さい。この投稿コメントは、加害側の探りの道具に利用されておりまして、正直ウザイ!!(笑)為、宜しくお願い致します。常連の被害者さんは個人メールの方へお願い致します。その他の方は、公開しないで投稿する機能がこのコメント欄で選択出来ます。

現居住 北海道

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR