2015/12/10

集団ストーカー撲滅・渋谷デモ2015 ダイジェスト総集編



集団ストーカー撲滅・渋谷デモ2015 ダイジェスト総集編

デモ責任者のSUNRISEMAN450さんの分かり
易い説明文を下記にフルコピー致しました。

https://youtube.com/user/SUNRISEMAN450?feature=hovercard


2015年11月22日に行われた「集団ストーカー撲滅・渋谷デモ」の記録ムービーで­す!
警察やマスコミも関知しない、国民に隠蔽された凶悪テロ犯罪「集団ストーカー」の
社会周知を広めるため、被害者有志の会が立ち上がってデモ活動を敢行しました!

恐るべき第二のオウム事件、悪徳カルト宗教S会による
組織的な嫌がらせ・ストーカー犯罪「集団ストーカー」の存在を知って下さい!
全国で大勢の人々が密かに被害に巻き込まれ、自殺や破滅へと追い込まれています。
貴方やご家族も、いつその標的にされるか分かりません!

※スペシャルゲストの大河原宗平さんを始め、デモにご参加下さった皆様、本当にありが­とうございました!
社会に隠蔽されたこの凶悪な組織犯罪を撲滅するため、今後も頑張って様々な周知活動を­続けて行きましょう!

※「集団ストーカー」とは…犯罪者が被害者に対して、執拗な付き纏い・監視・盗聴・盗­撮・様々な嫌がらせなどを繰り返す犯罪を、一般的に「ストーカー」と呼びます。このス­トーカー犯罪を、文字通り“組織的に実行する”のが「集団ストーカー」です。ほとんど­の一般国民には知らされていませんが、悪徳カルト宗教や暴力団、反日極左系団体などが­現在、こうした組織犯罪を密かに、全国的に行っています。復讐代行業や別れさせ屋、開­発工事などが絡んだ地上げ、企業のリストラ推進代行といった闇ビジネス目的で、こうし­た組織的ストーカー犯罪が横行しています。また、宗教団体やヤクザが、地域の防犯パト­ロールを乗っ取り、防犯活動を称した組織的ストーカー犯罪を行いつつ、税金から多額の­報酬をせしめているケースも非常に多いです。

一度ターゲットに選ばれてしまった人は24時間365日、ありとあらゆる悪質な嫌がら­せを伴うストーカー被害を受け続けるようになります。一例を挙げると、不特定多数の不­審者や不審車両を動員した付き纏い、尾行、監視。ヤクザや暴走族を雇い、被害者の回り­で様々な迷惑トラブルを起こさせたり、脅迫行為を繰り返す。被害者宅の周りで引っ切り­無しに迷惑な騒音が流されるようになる。一日何十回も悪戯電話がかかって来る。家の前­にゴミを撒かれたり、ポストから郵便物を盗まれる。自家用車に傷を付けられたり、タイ­ヤをパンクさせられる、ナンバーを盗まれる。近所や職場に悪質な風評を流されたり、誹­謗中傷のビラを撒かれる。自宅内に侵入されて室内を荒らされたり、盗聴機や盗撮機を仕­掛けられる、ペットが殺害される、飲食物に毒物を仕込まれる、等々…。こうした数々の­酷い嫌がらせが毎日、早朝から深夜までマシンガン方式で繰り返されるのです。被害者の­中には、ストーカー被害を苦に自殺にまで追い込まれた人さえいます。

集団ストーカー被害を警察に訴えても全く助けてもらえません。現行の「ストーカー規制­法」では「男女の恋愛トラブルに関係したストーカー犯罪しか裁けない」という、極めて­不条理な規定があるためです。したがって、恨みつらみが動機のストーカー犯罪や、集団­ストーカーのような闇ビジネスが絡んだ組織的ストーカー犯罪は野放し状態。被害者は泣­き寝入りするしかありません。集団ストーカー被害者に選ばれる切っ掛けは、非常に些細­なものです。特定のカルト宗教(イニシャルSが付く教団)の入信勧誘を断ったり、信者­と人間関係トラブルになる。選挙期間中に特定政党へ投票するように頼まれたが、断った­。たまたま防犯パトロールから目を付けられ、地域の不審者などとでっち上げられた。そ­んな下らない原因ばかりです。しかし、一度ターゲットに選ばれたら最後、被害者は基本­的に死ぬまで毎日、嫌がらせ・ストーカー被害を受け続けるようになります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント