創価が私に対しての孤立作戦??何故かメールを送信すると自分のPCのゴミ箱へ(笑)

この文面は、今回の渋谷デモの実行委員様宛に送付したものですが、メールを送信すると

何故か??自分のPCのゴミ箱に送信されてしまう(笑)それとも、私が北海道に転出した

ので、実行委員のメールシステムから私のアドレスを削除されている理由?からか定かで

は分かりませんが。


これは、その文面内容です。


今晩は。みなさんfuranです。東京ではお世話になりました。

実は、気になる事が有り思わずメールさせて頂きました。

今回、途中でデモ委員抜けた立場からこういう事を言うのも気が引けるのですが・・・

それは、今回のデモダイジェスト版映像を見てこれはお祭りテイストでは無い深刻な

時事問題を扱うデモで有る事が、ひしひしと伝わって来る非常に良い内容で有ると思い

ました。tokeさん有難う御座います!素晴らしい!!


がしかし、よくよく見てみると、ゲストで有る大河原さんだけが顔を晒して、一般の方が

見たらこの人 が主 催者???と思えてしまうのではないかと思いました。

私の街宣でも個人で自衛して下さいとの注意書きをブログに記載していましたが、今回

のデモでも同様であったのにも関わらずに更にモザイク迄防御策を講じるのは、過剰防

衛なのかとも思えました。


確かに、糖質○ォッチなるチンケなオタクが絡んで来ていたみたいでしたが、これは、被害

者が過剰に恐れる事からに依る加害側の逆手引、利用されているだけで、実は、被害者自

身が呼び寄せているのかも知れません???(アホウドリさんお気持ちお察し致します)


そこで、改めて皆様の全て の個人情報は既に筒抜けで有る事を改めて加味して頂きまして、

是非の次回のデモに反映し、改善?して頂ければと思う次第です。

そして今、他団体のデモも研究してみる価値が有るかも知れません。


そして、この集ストが都市伝説では無い事の証にには、やはり、そこそこ顔を出して行かない

と一般人に説得力と信憑性が得られないのではないかと思います。例えば、横田めぐみさん

のご両親が娘の早期解放を望んで、顔にモザイクを掛け記者会見するのと同じ状況かとも思

いますが、しかし、統合失調症のカードを加害側が持っている訳ですので、それに対抗、手当

して、もし、統合失調症のレッテルを貼られそうになった被害者さんがいた場合に、その行政に

対しての不服申し立てに依る賠償請求システムを被害者同士が共有して、その履行義務を

共同で負う互助活動とすれば、今迄よりも、、縛りがある程度緩和され、更に次のステップに

個々の人権を担保しながら、その活動を広げる可能性に繋げられるかも知れません。


(この件は、一人者?だから言える事かもしれませんが、お子さんのおられる被害者さんは

虐めの材料を自らのお子さんに科してしまう可能性も有るので用心深さが欠かせません)


上から目線の差し出がましい内容で大変申し訳有りませんが、今回のデモ実行委員各位様の

ご心労と共に、被害者に勇気を持たせた功績は多大で有るとの貢献に対して、敬意を持た ずに

はい られません!!お疲れ様でした!そして有難う御座います!今後ともに宜しくお願い致します!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

furan

Author:furan
このブログはリンクフリーです。
初めまして。furanと申します。集団ストーカーを被害妄想と統合失調症等の精神疾患者と同様なレッテルを貼り付けようと信者全体で被害者を囲い込んで隠蔽しようとする大多数の創価学会員と一個人との闘い!昨年相模原より帰郷し、今は北海道在住です。:相当昔から被害を受けていた様ですが、本人はタイミングが良過ぎるな位にしか思っておりませんでしたが、7月1日から特に集団ストーカー被害が酷くなりました。被害初期は混乱していましたが、その2週間後目には。一念発起で一人町田街宣をして創価学会員に殴られたりと、この被害前には有り得ないほど退屈な日々でしたが、突如の短期間で波乱人生津波乗りサーファーにでも無理繰り仕立て上げられた様な感があります。(因みに私はサーファーでは有りません)

※注!

因みに、投稿コメントへの書き込みに対しては、基本的に返信は致しませんのでご注意下さい。この投稿コメントは、加害側の探りの道具に利用されておりまして、正直ウザイ!!(笑)為、宜しくお願い致します。常連の被害者さんは個人メールの方へお願い致します。その他の方は、公開しないで投稿する機能がこのコメント欄で選択出来ます。

現居住 北海道

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR