2014/12/10

12月7日(日)あほうどり様主催の横浜街宣に参加してきました。

創価学会員の警察を呼ぶ為だけの大根役者芸
毎回恒例の創価学会員の警察を呼ぶ為だけの大根役者芸。
(テクノロ爺様画像アップして頂きまして有難う御座いました!)
私が拡声器を持って話始めた途端に創価学会員の身体を張ったストリー
トシアター(芸)その構図は築地の仲買人がマグロを仕入れて搬出している
様子ですか?みたいな毎回色々な大根役者芸を披露してくれます。

最近の映像では、youtube【緊急!カルト創価学会「粉砕」街宣in王子
[お・ま・け]26/12/01】
私の背後の交差点でタクシーがトラックに追突。

前回の初!藤沢街宣でも、あほうどり様が弁士
をされている際に創価学会員の猿芝居。

創価学会員は兎に角私共仏敵の邪魔をしなければならないらしい。
彼等のすがる御本尊様はこの下らない寸劇がお気に入りなのであろう。
そして、彼等の本意とは違い集団ストーカーに加担している警察官を自
ら誘い込んで、私の声明の内容とシンクロし花を添えている事にあの
狂信的なカルトの頭では理解出来ないらしい。

普段でさえ救急車のサイレンやパトカーを事ある毎にまとわりつかせて、
私を妄想だどかに仕向けたい筈なのに、この様に街宣するタイミングに
毎回変な事件事故を、映像として証拠を毎回残させる幼稚とも言える場
当たり的な短絡思考のバランスの悪さに、彼等創価学会員達の心の
整合性を保つ事が出来ない環境に置かれている証拠でも有るのだと
思う。環境と精神は密接な関係があるからこそ彼等はそれを利用して
加害して来ているのに、彼等自身がその縦割り組織の中でその狂信的な
洗脳で捨て駒となり、末端の信者は既に精神疾患一歩手前ではないのか
と。恐らくかなりの割合で創価学会員の工作員達は統合失調症を発症して
いる者が多いと私は思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます