10月1日(木)渋谷街宣のご報告。

10月1日(木)渋谷街宣のご報告。

渋谷街宣無事終える事が出来ました。拡散して頂きました
皆様。有難う御座いました。m(_)m

そして、雨の中参加頂きました方々お疲れ様でした!

街宣当日は、相変わらずの雨模様でして、街宣時間になる迄、濡れない
地下鉄入り口で待機していたが、今日は雨だし、今日の街宣はもしかして
私だけ??(笑)

そして、街宣開始前の15分前に何時もの場所に移動してみると、もうそこ
には、しろくろさん、Yさんが既にお見えになられておりまして、これで、一人
街宣でしんどい思いをしないで済むかと思い、不謹慎ながら、ちょっと、ほっ
とした瞬間でした。その後、KGSさんが、お出でになられてまして、先週の飼
い猫ちゃんの件を伺ってみますと、年齢19歳の大往生だったとの事でした。
以前、私のブログでタイムリーな動物の登場の件を投稿したばかりで有っ
た為に何か猫ちゃんに盛られたのか??とも疑いを持っていた為に一応
納得。

そして、街宣時間迄、ICレコーダーを流し続けて今回は、新品の電池を入れ
た拡声器の音量が尋常じゃ無い位??音量が大きかった為に、節約の為に、
レベル8に音量を絞りました。最近拡声器の音のスタミナが無かった原因は単
に電池切れ気味で有ったのだと云う言う事が判明致しました。





その後、弁士3人で2ラウンドの雨降る中での、2時間街宣で誠に心強い、
弁説内容で、創価ちゃんも、それに反応するかの様に唾吐きや、今回、創価
ちゃんが、『煩い!煩い!』と3人の信者さんにお褒めのお言葉を頂けまして、
仏敵ごっこの中、創価ちゃんにも大好評の街宣となりまして、私共被害者の
モチベーションのボルテージも益々上がると言う結果に、正に一石二鳥の
街宣となりました(笑)

閉めに、今回、消防者、救急車、ヘリコプターでの抗議活動が有り、仏敵ごっ
この加害者側の雄叫びかとも思える様な場面も有りまして、加害者側も満足し
ている模様です(笑)


追伸

最近、色々なブログを見ていますと、ふと思う事が有ります。それは、この集団
ストーカーが世界で連携していて人口削減などのワールドワイド的な視点でこの
謀略が世界各地で行われている等の書き込みを良く見る事が有ります。

私はこの件に対して違う見解を持っています。それは、例えばアメリカでの集団
ストーカー被害者の手記を見てみますと、日本の集ストとは、似ても似つかわな
い内容の荒っぽい内容の手口で、単に複数犯による単なる事件とも思えます。

確かに、アメリカSGIの創価被害者さんのブログでは、創価は単なるカルト宗教
で有る様な内容です。この事からも、アメリカの集ストと日本の集ストのとの繋が
りは、アメリカの集ストは個別の別件でのギャング的要素の強い、日本のとは、
全く別物で、日本人独特の例えば、マスゲームをやらせると、北朝鮮のそれより、
完成度の高い、世界一マスゲームが上手であろうと思える日本人の特性、協調
性にこの国の風土を織り交ぜて、上手い具合に完成させたのが、あの日本独特
の人海戦術がメインの創価による集団ストーカーなのであるのではないかと思う
のです。

私、海外一人旅が趣味で有りまして、毎年行っておりましたが、去年、イギリスの
ロンドンとスペインのバロセロナにいった際にも、ロンドンで、ヘリ、救急車と暴走
車が、それと分かる様なアンカリングが有りましたが、それは、一度きりで、恐
らくは、日本の外務省が現地機関に依頼して、アンカリングを行った様に思えま
したし、その暴走車は現地の創価SGIの信者の加害で有るのかとも推測致しま
した。

おまけ画像。

ドバイ乗り継ぎで、ロンドンへ、このエアバスA380は、総二階建です。ビジネス
クラス以上は、シャワールームを使用出来るそうです。
P1020016.jpg
ビックベンです。
P1020024.jpg
ウエストミンスター寺院
P1020022.jpg
P1020041.jpg
 ビクトリア駅です。
P1020045.jpg
大英博物館
P1020042.jpg

P1020030.jpg

P1020025.jpg

P1020035.jpg

P1020019.jpg
一路LCCでバロセロナへ。途中、乱気流で、5メートル位急に落下して、後ろに
座っているおばさんが『きゃ~!』と絶叫で、その後、直ぐに収まって、皆で爆笑!
P1020047.jpg

スペインのバロセロナでは、創価のヨーロッパの拠点が有ると言う事で、3度位
カルトチックな様な創価臭い事が有りましたが、日本程の加害と思える事も有り
ませんでした。

言わずと知れたサクラダファミリアです。
P1020048.jpg
P1020050.jpg
意外と内部の画像が無いと思ったので、掲載させて頂きました。
P1020051.jpg
P1020052.jpg
P1020053.jpg
バロセロナ旧市街です。
P1020055.jpg

P1020058.jpg

P1020061.jpg

P1020062.jpg
スペイン広場方面を見下ろして。
P1020064.jpg
ミロ美術館にて。
P1020069.jpg
ガウディーの遺作のカザ・パトリョ 有機的な曲線美。
P1020066.jpg

日本の駅よりシンプルでの機能美で、かなりお洒落です。
P1020072.jpg

それ以前は、私、ニューヨークが好きで、3回位行きましたが、ワシントン市で、1
度咳に依る創価の得意芸みたいのが有りましたがこれは、人種的な事かなと思え
ます(中国人に間違われた??)

結局、個人主義の強い、アメリカ、イギリスでは、人権に煩いので、いくら友好国
の日本の外務省の嘆願でもそれを、良しとしない文化風土が有るので、その地
元のSGI員程度の加害で有ったののいではないかと思うのです。

2年前のニューヨークです。携帯の写メで撮影してもそのままの状態で、私も見る
事が無くて意味が無いので、皆様の暇潰しにでも見て頂ければと思います。
P1020116.jpg
ブルックリン橋。
P1020111.jpg
P1020110.jpg

P1020091.jpg
P1020096.jpg
P1020078.jpg
P1020173.jpg

オペラの約3千円の格安席です。実は、ワーグナーのワルキューレを見たかったの
ですが日程が合わずでして、それはそれで素晴らしかったので、大満足後に結局、
その後はジャズで楽しませて頂きました。そのジャズバーで向えの席に座られたア
ルゼンチンから来られた方と、意気投合致しまして、地ビールを堪能しながら、色々
お話ししました。片言英語ですが(笑)

P1020106.jpg

ニューアーク市 (ニュージャージー州)
P1020083.jpg
P1020085.jpg
P1020082.jpg

ワシントンDCです。
P1020166.jpg
リンカーンメモリアル。 
P1020172.jpg
 ワシントン記念塔。
P1020171.jpg
実物飛行機が吊るされていたり、実物のスペースシャトルの展示も有りました。素晴らしい!!
P1020168.jpg
P1020169.jpg

例えば、今年の1月に研修旅行で行ったシンガポールでは,リトル東京とも思える
程に強い日本の影響力が有り、ほぼ日本と同等の付き纏いが有りましたので。

ですから、その国々にも温度差が有り、創価の影響力の及ぶ差が認知出来るの
で有るから、この事から、一枚岩では無く、 世界の航空会社のマイレージサービ
スの3様の如くに多少の多様性有る方向性で、例えイタリアのローマクラブの謀
略と創価が提携していたとしても、これは、世界統一の人権侵害の画策では無く、
その国々個別の事由で、同じ様な、道具,手口を使い、個々に、それぞれの悪事を
CIA等のマニュアルなんかを転用、悪用して、世界中である団体が個人に対して
行う搾取、迫害の常套手段の世界スタンダードとして、それに則した形態でほぼ
単独でそれを行い、そして、それを外部から垣間見てしまうと、それがあたかも、
連携、提携しているかの様に見えてしまうのではないかと私は思います。

要は創価は国内だけでの内弁慶で有って、世界からは特異で独特な孤立している
宗教団体なのでは無いのかと。

因みに、羽田空港に到着して電車に乗ると、得意芸の人身事故の為に、正に、誘われ
る如くに、最終電車になってしまい、創価の巣窟のあの大和駅で乗り継ぎ出来ずで、
途方に暮れた後に、結局土砂降りの雨の中、キャリーバックを引きずり歩いていると 
早速、創価警察パトカーの付き纏いのご挨拶が有り、創価の仲間内の連絡でか?呼
んでもいないタクシーが3度も道中会って、1度自宅迄金額幾ら掛かるとの私の問いに
対して、約5千円とか確か言っておりましたがそんなの払ってられるかと思いそれで、
駐車する所が無くて会社に止めていたバイクの事を思い出して取り敢えず、会社に行く
事に行先を変更し、その後何とか会社に辿り着き、あのデカイキャリーバックをスクー
ターの足元に無理やり置いてと言うより、ほぼ抱き着いて(笑)帰宅しました。

そして、外国から帰って来て先ず思う事は、ただ今!創価ちやん!又明日から、
仏敵ごっこだね。と言う事に集約されるだろう。(笑)

それと、日本独特の一糸乱れぬ朝鮮譲りの、粘着創価の行うマスゲームの様な付き
纏いが無い世界は、日本より自由が有る!!!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

furan

Author:furan
このブログはリンクフリーです。
初めまして。furanと申します。集団ストーカーを被害妄想と統合失調症等の精神疾患者と同様なレッテルを貼り付けようと信者全体で被害者を囲い込んで隠蔽しようとする大多数の創価学会員と一個人との闘い!昨年相模原より帰郷し、今は北海道在住です。:相当昔から被害を受けていた様ですが、本人はタイミングが良過ぎるな位にしか思っておりませんでしたが、7月1日から特に集団ストーカー被害が酷くなりました。被害初期は混乱していましたが、その2週間後目には。一念発起で一人町田街宣をして創価学会員に殴られたりと、この被害前には有り得ないほど退屈な日々でしたが、突如の短期間で波乱人生津波乗りサーファーにでも無理繰り仕立て上げられた様な感があります。(因みに私はサーファーでは有りません)

※注!

因みに、投稿コメントへの書き込みに対しては、基本的に返信は致しませんのでご注意下さい。この投稿コメントは、加害側の探りの道具に利用されておりまして、正直ウザイ!!(笑)為、宜しくお願い致します。常連の被害者さんは個人メールの方へお願い致します。その他の方は、公開しないで投稿する機能がこのコメント欄で選択出来ます。

現居住 北海道

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR