fc2ブログ
2024/02/19

これをご覧になればプリコジン氏乱や、羽田JAL機炎上事故の真相が分かる5か国で世界で最も危険カルト宗教と分類された与党の狂気信仰創価学会公明党

単なるオッサンの超仏敵の私を悪魔人物として、過去の歴史上の有名人物の明智光秀に見立てて悪魔性を演出していく創価学会の同期信仰はロシアと共有している件

明智光秀
享禄
日本の元号 (1528–1532)

実質、悪魔崇拝の呪いの同期テロ信仰崇拝教義発端が、単純な学会員知性レベルの教祖の生死日が指し示す創価学会。

教祖

牧ロ 常三郎(1871年7月23日(明治4年6月6日)- 1944年(昭和19年)11月18日)は、日本の教育者、宗教家。6月6日、44年、23日の揃い目数字&連番数字に執着し、教祖牧口23日と11月1と池田大作の1月2日と11月1が123連番&111揃い目数字&戸田が33で連番揃い目123同期信仰の教祖が指し示す数字同期信仰発端理由起点で、例えば羽田JAL機事故の1月2日はロサンゼルス国際空港地上衝突事故発生1991年の数字反転因縁意味から2月1日を羽田で忠実再現演出した1月2日発生のJAL機事故で呪いを演出するのは去年10月にロサンゼルス国際空港から帰国した超仏敵の呪いの帰国LAX同期演出。

創価学会第一代会長

戸田 城聖(1900年〈明治33年〉2月11日 - 1958年〈昭和33年〉4月2日)は、日本の宗教家、教育家、実業家、数学者。00年〈明治33年〉〈昭和33年〉1,2揃い目数字&連番に執着同期信仰教祖2

創価学会2代名誉会長

池田 大作(1928年〈昭和3年〉1月2日 - 2023年〈令和5年〉11月15日)は、日本の宗教家、作家。創価学会名誉会長。

超仏敵の私の歩んで来た人生を同期信仰に当て付け、彼等の都合の良い様に当て付けて行く明智光秀の生まれ変わり因縁同期を信仰の柱にし、呪いを自作テロで演出する傍ら、ロシアのプーチンのロシア正教会信仰後ろ盾キリル主教がウクライナ侵攻へ仕向け、又はプリコジン氏を信仰心から乱を起こさせた黒幕だろうし、日米の力を削ごうと貶めているのもプリコジン氏やナワリヌイ氏暗殺同様の安部元総理暗殺や岸田総理暗殺未遂同様同期信仰の政権与党の創価学会の勤行からで、当然の事皆さんの給料も下がり続けて来た理由も自民を失策で貶めてカルト票依存漬けにする策略でも国民は気付け無いが彼等の手口は過去本を読み漁れば一貫してるのが『目的の為なら手段を選ばず』で既に類は友を呼ぶ腐れ自民と共に組織犯罪社会の創価国。

2023年6月23日~27日、プリゴジンは、ロシア国防省の兵士がワグネルの拠点を砲撃したと主張し、プリゴジンはロシア国防省指導部への報復を宣言した乱

明智の乱とプリコジン氏の乱発生日で同期させる超仏敵に対する悪魔の証明
フロイス談→悪魔=謀反を起こす画策=超仏敵福井の誕生日の5月28日

愛宕百韻とは、天正10年(1582年)5月28日、光秀が本能寺の変を起こす前に京都の愛宕山(愛宕神社)で開催した連歌会で光秀の発句「時は今 雨が下しる 五月哉」をもとに、この連歌会で光秀は謀反の思いを表したとする説がある。
宗教面に関しては「悪魔(≠神道・仏教)とその偶像の大いなる友」で、イエズス会に対しては「冷淡であるばかりか悪意を持っていた」とフロイスは書いているが、特にキリシタンに害を加えたという記述はない

更、に超仏敵の入退社日に同期させウクライナ侵攻と同期信仰で肉付け
  
2022年2月24日に開始されたロシアのウクライナ侵攻
超仏敵の私の前職、2023年2月24日付退社その後有給消化でウクライナ侵攻日に同期させ悪魔人物像醸成演出&
先日X投稿した内容で転職2024年2月22日初出社日の同期振りも社員に潜伏する創価学会員が同期させる役回り。

去年X投稿した内容ですが、過去超仏敵の私が資格試験&去年職業訓練場所の学び舎に隣接する永山武四郎記念館も上記私の家紋の&鹿児島県人母方=桔梗=明智光秀の乱→謀反の思いの5月28日発句→私の誕生日5月28日で永山武四郎誕生日も同じで没も27日に拘り、次は武四郎繋がり同期因縁で松浦武四郎→北海道命名でここから亡くなった1888に亡くなった松浦武四郎に代わり、次に樋口季一郎1888年生まれる歴史改竄で数字を同期させ、しかも永山氏は、(勉強嫌いだった私の高校母校裏手の里塚霊園に改葬られ、定期的に学校行事で霊園掃除に駆り出されてた同期因縁演出理由から既に母高校新設&改葬迄徹底的に30年以前から行政が彼等の思いのままの行政乗っ取り状態で現在は完全創価国。

私の中学~高校~資格取得&去年の職業訓練校場所に当て付け武士→軍人因縁で同期信仰の正当性を煽る

次は、武四郎同期因縁&北海道同期因縁

永山 武四郎(天保8年4月24日(1837年5月28日) - 明治37年(1904年)5月27日)は、日本の陸軍軍人、華族。明治時代に北海道庁長官、第7師団長、貴族院議員等を歴任する。官位は陸軍中将従2位勲一等男爵。
天保8年(1837年)、薩摩国鹿児島郡鹿児島近在西田村(現在の鹿児島市薬師2丁目)の鹿児島藩士、永山盛広の四男として生まれた武四郎は、同じく鹿児島藩士の永山喜八郎の養子となる。戊辰戦争に従軍し、維新後の明治4年(1871年)7月、陸軍大尉・2番大隊付に任命され、明治37年(1904年)議会出席の為上京中に倒れ、5月27日薨去する。死を悟った武四郎は親しい者たちに「我が躯は北海道に埋めよ。必ずやかの地をロシアから守らん」と述べたという。この遺言により北海道札幌市豊平墓地に葬られた。後に里塚霊園に改葬=私の誕生日と222に拘るのも下記のつきさっぷ郷土資料館22と因縁引継ぎ意味合いでこの2位勲一等,薬師2丁目,2番大隊付222揃い数字同期因縁関数&華族理由も、ストーリー的に多分コレ→ 永禄10年(1567年)11月21日、朝倉氏の本拠地である一乗谷(現・福井県福井市)の安養寺に移座し、永禄11年4月15日に元服して足利義昭に改めた ウィキ抜粋文

松浦 武四郎(文化15年2月6日〈1818年3月12日〉 - 明治21年〈1888年〉2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家・浮世絵師・著述家・好古家。名前の表記は竹四郎とも。諱は弘。蝦夷地を探査し、北加伊道(のちの北海道)という名前を考案したほか、アイヌ民族・アイヌ文化の研究・記録に努めた。

222因縁引継ぎで1888同期因縁

上記W武四郎が私の誕生日&222に拘る因縁で同期し、この文を挟んで松浦&樋口生没年の1888で因縁引継ぎを演出し、結局悪魔の明智光秀の生まれ変わりの私(創価の信仰都合上の当て付け)が、中学からの経緯でその母方鹿児島県人=武士・軍人=北海道で永山武四郎の上京→誘導信仰死=上京街宣を期待した同期信仰で創価学会員共が付き纏い、嫌がらせでの精神的圧力から神田沙也加さん等自殺誘導で悪魔退治とする田舎臭い幼稚な世界宗教で有り、結局の処、文化庁職員の創価学会員を使い歴史数字年を途中で改竄し同期させたのだろう。

超仏敵の私の母校月寒中学校敷地に隣接する樋口 季一郎元住居資料館
つきさっぷ郷土資料館 所在地:札幌市豊平区月寒東2条2丁目=22

樋口 季一郎(ひぐち きいちろう、1888年〈明治21年〉8月20日 - 1970年〈昭和45年〉10月11日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。兵庫県淡路島出身。歩兵第41連隊長、第3師団参謀長、ハルピン特務機関長、第9師団長等を経て、第5方面軍司令官兼北部軍管区司令官。

だからこそ、日本国内&世界の信者向けで、毎日同期因縁テロ引継ぎ呪い演出を続けなければならぬ理由信仰




スポンサーサイト