FC2ブログ
2019/12/31

12月26日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀 犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 26,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月26日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀
犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。

26,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.
I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5hours.)

 札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の周知活動を行いました。
 
今回、街宣映像⑤26分がファイルサイズオーバーでニコニコ側に弾かれてしまい投稿出来ませんでした。しかも、ニコニコの動画のパスワードを簡易なワードにしていた事と、セキュリティの更新を暫くしていなかった事により、うかつにもIDを乗っ取られてしまい一時動画投稿が出来なくなりましたが、その後、パスワードの変更と共に、セキュリティの敷居を高くした事で問題をクリアー出来、今では問題ありません。 



 
dqKm51KPKCCou7R1577788196_1577788209.jpg
















今年を振り返ってみると、私の行動や発言によって、その都度、全学会員共が打てば響くレスポンスの状況が徹底して来ているのがひしひしと伝わって来る事です。まさか単なるサラリーマンのこの私を、精神的に追い詰める目的だけの為に、この国を裏で牛耳る創価共のイカレたバカ信仰で、あらゆる業種、職種、ポスト、コネ、インフラを駆使し、普段は、街中に夥しい数の学会員共を動員徘徊させながら、服装の色や、特定のテーマ性を持たせた車両車体色、同類用途車両等のペアリングを、交差点毎で行う事によっての監視行為の刷り込みと共に、私自身の感覚錯誤誘導や、通常有り得ないこの様な工作で有る事の説明を、他言する事により私の主張する内容の不可解さから不審がられる事で、精神疾患者とのレッテル貼りを、第三者から期待している抱き合わせの、狂信的なカルト信仰工作なのですね。
 
学会員共のバカな処は、工作の種明かしを私自ら、親切にも上記に記載迄しているのにも関わらずに、それでも飽きる事無く何度も何度も上から目線で取り憑かれた様に、繰り返し行って来る事です。彼らは、狂信的な教義に盲目的に隷従洗脳されたおバカちゃんの老若男女問わずの信者共がこの国に5百万人~その子供まで含めると約一千万人程も存在する呆れた現実です。しかも盲信しているだけに、信者自身が教団に騙される程度の低レベル知性の信者共が、私に対してそれと同等知性レベルでのマスゲームを徒党を組んで一方的に提供して来る。これ等の行為は、教団の団結心と共に信仰を深める勤行なのだ。彼等のその様な稚出な振る舞いと、その思考の浅はかさをつぶさに見ていると、いとも簡単に彼等の思考が読めてしまい、私に見透かされ分析されてしまう。しかも通常の社会人で有れば種明かしした手品などは面白くも何とも無く、当然、それに騙されようも無いのを普通、想像出来そうなものだが、彼等には全くもって理解出来ない様だ。それは、教団上層部の指示に盲目的に服従している、思考停止させられた学会員共なのです。彼らの信仰自体、本当に哀れだし、愚民化したこの国の行く末の未来は、一体どの様な国になっているのだろうか。
 
因みに、以前にも記載していますが、放送傍受法、所謂、盗聴法の濫用悪用により、学会員警部警察官と、学会員裁判官の結託により、私のスマホ、PCから、GPS位置情報と共に、リアルタイムの盗聴が行われています。それで最近、私所有のスマホの電源を切る際に、『バカ!死ね!創価学会員共!』『悔しいか!悔しいか!』と云って電源を切ると、早速、その翌日には、芸人のバカルディがどうだのと朝のテレビ番組でのMCが言っていたりするし、その数日後から、洗剤のCMで女装した男がCMの最後で『バカ!』と云う様なテレビCMが流れ始めたりする。普通この様な事は、私の被害妄想で有ると私もそう理解出来はするが、ただ、タイムリーさとその頻度は半端ではないのから故なのです。こんなしょーも無いレベルの大宗教法人が仏敵退治ごっこを老若男女が取り憑かれた様に日本全国規模で行っているのだから、人類史上、未だかつて無い低レベルの狂信的なバカ集団だろうし、日本発の他に例を見ない独特な集団である事だけは間違い無い。
 
このブログに初めて訪問された方や、一般の方々であれば、そんなまさかと思えるで有ろう事は想像に難く無いのですが、私の街宣映像を以前からご覧になられていた方であれば、多少は、そのタイムリーさを理解して頂けるのかも知れませんが。例えば、今年、平成から令和に年号が変わりましたが、変更前の、世間が新年号の言い当てなんかで賑わっていた頃の私主催の札幌ゲリラ街宣で、私が発言していたのは、私の生誕地が日本最古の城が在る、大野城市で有る事と、確か、『大宰府の裏山の砂利道で、それが原因で逆子になって産まれて来た』などと、私がその街宣で丁度、発言していた頃で、その後、大宰府所縁の和歌の採用から令和と命名されたと発表されたり、『私の母親の家紋が桔梗系であり、もしかして明智光秀系?なのかも知れない』と街宣で発言すると、来年のNHK大河ドラマが麒麟が来るの題名で、明智光秀が主役?のドラマの発表があったりする。一般の皆様であれば、何気にテレビを観てられていても、その水面下のテレビ業界、タレント業界等に潜む学会員共が必死に勤行を行う、しょーも無くもイカレた社会なのです。

 今回の街宣のブログ更新が遅れましたのも、以前にも触れましたが、普段、街宣で取られてしまう時間の合間で作業し続け、自宅床のジュータン床からフローリング床に貼り替えを何としても今年までにLDだけでも終わらせたい事を優先した事がその理由です。その結果、昨日、16畳貼り終えました。意外にも素人仕事にしては、妥協しなかった甲斐あって職人品質仕上がりです。
 CMWORqRn9RGN47m1577783296_1577783310.jpg



それと、私主催のほぼ毎週ゲリラ街宣も来年で5年目に入ります。今後も試行錯誤し、何らかの結果を出して行ければなと、抱負を持っております。今後共に、賛同者様の皆様方の思いと一緒に、街宣に取り組んで行きますので、更なるご理解とご協力の程宜しくお願いします。

スポンサーサイト



2019/12/20

12月19日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 19,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月19日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀

犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。


19,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5hours.)

 今回、札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の周知活動を行いました。

















2019/12/13

12月12日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 12,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月12日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀

犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。

12,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5hours.)

 今回、札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の周知活動を行いました。













 街宣途中、大通り公園にて私が拡声器で喋っていると、本日の学会のテーマであろうタクシーと共に、ダンプカー2台が私の傍らに停車して来た。それに以前にも記載しましたが、私は今現在千歳市内で勤務していますが、当然勤務中にも、彼等は、一方的に嫌がらせを行なって来る。がしかし、その目立ったものに対しては、その都度返り討ちにする様にしておりますが、切りが無い程次々と湧き出して来る。特に最近は、タクシー会社各社に潜伏する学会員供が共謀し、その営業車両を使用して、私の乗車する社用車に対して、進路妨害&監視行為の抱き合わせで、意図して敢行して来ていた。本日の街宣時でさえ、普段の街宣時よりも、学会側がタクシーの存在感をアピールしている様でも有ったので、私は、「タクシーの後ろ2台のダンプカーも何か意味が有り匂うな!」と意識した途端に、咄嗟にフラッシュバックして思い出していた事が有った。それは以前の、確か2回目の国会議事堂建屋前街宣でも、私が拡声器で喋っている正に真横に一台の2トントラックが停車して来ていた過去の同様なケースが有ったからだった。それはどう見ても、道路工事の現場資材満載の2トントラックで有り、以前の近隣の首相官邸前や自民党建屋前街宣に於いても、この場所にこの様な作業車が停車しているのを見た事も無かったし、少なくても、近隣には現場も無く、周囲からは、明らかに場違いに映っていたし、不自然に浮いていた様に見えた。この様な独特な感性は普段からの経験から、学会員供のしょーも無い嫌がらせの手引書が既に私の頭の中にインプットされており、そこからの引用から導き出した答えだった。それで私が、「このトラックは、学会員が乗っており、トラックから排出するマフラーからの廃棄ガスで嫌がらせしているのですよ!」と、即座に彼等の意図を読み、発言した途端にそのトラックは動き出し、掃けて行ったのと同様に、今回もそれと正にオーバーラップし、しかも、この街宣途中から大通り公園にタクシーと共に、後続として停車して来たこの2台のダンプカーに至っても、チンカスな学会員供の考えそうな仏敵への嫌がらせの勤行だろうと判断し、それで私が拡声器で「この2台のダンプカーが停車している理由は、排気ガスでの私への嫌がらせで、学会員だろ!」などと喋り出した途端にこのダンプカー2台は、早速反応し、動き出し始めたが、其の内の後ろの一台は、私が最後に発したフレーズの「学会員だろ!」に、再び私が断定した事に即反応した様で、それがよっぽど彼等の天邪鬼なカルト心に火を付けたのか、その内の一台は、その場所から前走車に連んで一緒に動き始めたのにも関わらずに、それを拒むかの様に途中でその場所に再度停車し、その後もそこに留まり続けた。しかも、この集団は呆れた事に、風向き迄考慮に入れている程の気の入れ込み様のいつもの呆れた信仰なのです。この盲目的に隷従する創価学会員供は、嫌がらせ出来る物で有れば、何でも使いながら一方的に嫌がらせして来るし、例えば、夜であれば車両のヘッドライトを、邪教ビーム(笑)として、徒党を組んで、路面の角度や、信者仲間との連携で、何としても私の視神経に障る様な嫌がらせを好んで勤行で行う、この人類有史以来、未だかつてこの様な低レベルな知性を共有する異常な大集団は、この創価が人類史上初であろう事は間違い無いだろう。私は、常時この様な狂信的で低レベルの異様な信者供にSNSの情報共有により場所をリアルタイムに特定され、常時マスゲーム的な付き纏いに付き合われ続けている。これは、常時、組織に付け狙われた者で無ければ、分から無い事ですが。

引用開始〜



「創価学会の幹部達は、そういう威圧を与える力として益々マス・ゲームを誇示し、一貫した指揮の元に動く統制の素晴らしさをデモンストレーショする」約50年前発刊の日本初の創価学会批判本 藤原弘達著創価学会を斬るから この本が発端で、言論出版妨害事件を学会が引き起こしている。

〜引用終了


 ですが私からすれば、この程度の嫌がらせや付き纏いで精神的に追い詰めると云う、学会側の下らない思惑と違い、正直、私は大した事無いし、なんて事無いと普段からそう思ってはいるが、蠅の如くに湧き出して来る彼等の習性がウザいのは、確かに事実でも有ります。但し、たまに共謀しながら、偶然を装い交通事故に誘導しようとする常套手段は、東池袋の母子の交通事故と手口を踏襲しているので、油断は禁物なのです。

 そして、最近の煽り運転での一発免許取り消し策定や、ヘイトスピーチ規制条例もそうですが、これ等の規制の特徴は、適用範囲が曖昧であり、片務的で有り、一方通行だ。しかも、これ迄に無い様なあたかも片方に肩入れしたかの如くな、未だかつて経験したことも無い様な異質な極端さが共通している様にも見える事です。恐らくは、反日組織が権力側で、その権力側に都合が良い、特定の集団に便宜供与と利益誘導している事の表れでは無いかと思う訳です。後者は、川崎市池上町の在日朝鮮人の不法占拠問題の一応表面形での凍結と供に、日本人に対してのヘイトスピーチの新規固定の抱き合わせの利点。そして前者は?と記すと、上記にも記載している、全国で学会員共が人、車両等を使っての被害者への組織的進路妨害や付き纏い、嫌がらせ行為を学会の敵対者として行う信仰に於いての結果として、この組織のカルト集金ビジネスの集金力維持と利権維持が現実に運転し存在している。そしてその被害者の中でも、今の処、日本で唯一毎週学会批判街宣を行う私が学会に対しての一番順位の敵対者であろう事からの最優先成敗目標たる超仏敵工作に於いて、正に、そこに導きたい自殺誘導や、例えば車両による進路妨害に対して、普段の私の学会員への行動パターンを読解吟味した上でのリアクション報復を便乗利用して、その顛末の結果として、その煽り運転での免許取り消しでの職を奪う事で社会的抹殺が誘導出来る事や、不安感、学会員への報復牽制効果の創出、そして共謀する学会員自体を守る事が可能となる。この様な壮大?な囲い込み工作により彼等学会員供の狂信的で偏執な勤行での目標成就が全学会員の最優先する何よりの総意なのです。この日本での一大大権力信仰宗教が一個人を敵対者と見なし、法律までを手に掛け、歪めながら、配下の裁判長や法曹界、公明党議員まで動員し、末端の盲信者を扇動しながら、個人を徹底して追い込む。その一方で、自作自演の利益誘導を完遂する上で、末端信者を狂気の信仰により駆り立て、煽り運転をしながらエアガンを撃たせてみたりと故意に派手な事件を起こさせては、その都度、マスコミに病的に報道させ、それにより一般国民を洗脳しつつ、その結果、法改正に持ち込む常套手段だ。その他、ドライブレコーダーメーカーや、仲介販売業者までをも潤わせながら、そこからのキックバックを期待する程の織り込み済みの狡猾さと共に、個人対一大組織が対峙する構図での有り得ないスケールギャップから、それにより、私の主張を信憑性無きものにする程の一定な説得力を持たせながら、私の信用を貶め、自他ともに認める精神疾患患者に誘導出来れば、法廷での証言力を喪失出来る効能からも、、完全犯罪成立の筋書きも完璧にし、超仏敵への信仰工作の結末共々に、昇華する事で彼等の果実である功徳やご利益に直結出来る一番な利点が得られる。そしてこの様な抱き合わせのカルトビジネスを、今から、約50年前辺りから各界の著名人や政治家著作の創価学会の批判本にも多々記載している数々の批判本内容から、彼等の思考や、そこから彼等の病的な振る舞いの経緯や背景から、仮にでも専門家が今改めてこの組織をプロファイリングでもすれば、恐らくは私の主張もまんざら不整合とはなら無い筈であろうし、逆にそれを裏付けている様にも思えるだろう。仮にそうであれば、昨今起こる、妙な事件、事故、放火等、それで辻褄が合うのではなかろうかと思えるし、病的なカルトとは、彼等学会員供の盲目的に服従し、しかも目的を達成するには、手段を選ばないまでに狂信的で常軌を逸する日常の振る舞いから、例え一人の個人に対してさえ、信仰での功徳や御利益欲しさに、教団の敵対者としてレッテルを貼れさえすれば、そこまで執拗で偏執的に徹底出来るサイコパスさをこの組織自体が有しているのです。

-事実は小説よりも奇なり-
私の主張に対して、まさか!と思われている方々は、至って正常な方々ですが、現実の日本の現状は異常其の物なのです。世界の十か国から反社会的で危険なカルト宗教が政権与党に居座り続ける現状です。正にイカレてます。

 最後に、上記の創価学会を斬るにも、記載が有りますか、創価学会の低知能で、狂信者集団の異常な実態の記載が有り、国民の皆様は、この異常なファシズム集団に実態を知るべき事は国民の義務だと私はそう思います。何故なら、この国の未来を、国民が、政権与党のこの集団に託している現実と、実際、重要な政策のキャスティングボートさえこの集団が握っている訳なのですから。
2019/12/07

12月5日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 5, ,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

12月5日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
      
        札幌ゲリラ街宣を行いました。

5, ,December Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city. I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.5hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 3 hours.)

今回、札幌市中心部で約2時間半と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計3時間程度の周知活動を行いました。
















何度も書いている事ですが、学会員供は、当然、自宅マンションにも多数居住しており、常に24時間体制で監視行為を行いながら、独特な思考の浅い彼等のシナリオに基付き、私自身の感覚を疑わせ様とあの手このこの手の洗脳行為を、物事のペアリングにより刷り込みを掛けて来る。

引用開始〜

元創価学会顧問弁護士 山崎正友氏著書 創価学会、公明党の犯罪白書より一部抜粋

「平成9年頃、創価学会による被害者の会が被害状況についてアンケート調査を行なったが、その結果、実に四千人近い人達が、被害の実情を寄せて来た。創価学会員から、尾行、見張り、集団暴行、脅迫、怪電話、その他の嫌がらせを受けた人達は、その手口を事細かに訴えている。創価学会の人権侵害行為が最も集中して加えられているのは、日蓮正宗管長、阿部日顕上人と私である」「こうした嫌がらせや加害行為を行う為の組織として、教宣部、広宣部という組織が全国規模で作られ、日常的に、かつ組織的に徹底して一般市民に加害を続けているのが創価学会である」

〜引用終了〜


 上記の本は、今から18年前の初版が出された本ですが、その間、世の中はより便利になり、今では、スマホを誰しも持ち歩き、自身のスマホの位置さえ、手中のスマホであれば、即座に世界地図から特定出来る迄に進化し、その学会自体も、教宣部、広宣部でなくとも、現在では、末端の学会員さえほぼ全てこの集団ストーキングに加担していると言っても過言では無いだろうし、例外は、その中の信仰に徹している昔ながらの信仰の虫の堅物信者位の者だけだろう。

 最近、上京や街宣映像のネットへのアップの遅さが災いし、ブログ更新が遅れがちになっておりましたが、それを挽回しようと、度々、通勤時の電車の中で、書き込みをしてみたりしたせいか、先日、降車駅を一つを乗り越してしまい、自宅に戻ろうにも、次の上り電車は20分後であり、歩いた方が若干帰宅時間が早いと思い、結局、そこから歩いて帰宅していると、道すがらにイオンが在るので、ついでに買い物をして行こうと、その建屋横の立体駐車場横を通り過ぎてから、入店し、買い出しをした様な出来事がつい先日にあったばかりだった。

 その後、2日前に行った札幌ゲリラ街宣の際には、先ず札幌駅に到着し、改札から南口の大丸百貨店横を通り過ぎてから、街宣の準備をする事が常なのです。

 これで私が何を書きたいかと記せば、この何の関連も有りそうの無い二つの件が、以前、上京する際に予約を入れた宿の最寄駅で、早速、母子の痛ましい交通事故が起こったり、私の行動にシンクロ、当て付けの様にタイムリーなタイミングで事件、事故が起こる事が多い。最近では、ウラジオストクからの帰路便のウ◯ル航空の同型機が、私が日本に帰国した確か4日後に、奇跡の事故では有りましたが畑に不時着していたりする。この事は、このブログに以前も書いております。不思議とアメリカ、ロシア共に、私が初訪国したその直後に奇跡の航空機事故が起きたりシンクロする。

 少なくても、私は、学会員から敵対者として、仏敵なるレッテルを貼られている人物である事は、電車内で拝まれてみたり、その彼等の異常な振る舞いから、特別な人物として、彼等の信仰の敵であると云うのは、否が応でもその様に気付かされてしまう。 

 それで彼等は、私の事を、第六魔王だのと、ハクション大魔王ばりの漫画チックな名称を彼等から頂いている様で有りまして、私が出勤時に、自宅玄関ドアを出た途端のエレベーターが止まっている位置が6階である事が毎日で、その数字を私に当て付けに見せる事によっての監視行為と共に、私があたかも魔性の使いとしての自覚を持たせたい様でもあり、その様なカルト工作を繰り返し、徹底し続けて来るのですが、一応、彼等の大前提は偶然が重要で有り、さすがに毎日それを行うと、それをまさか工作している工作員の部屋までもを特定されてはマズい訳でして、しかも、その必然がバレてしまうと、私の感覚が自らがオカシイと誘導したい錯覚工作も台無しになってしまうのを彼等が恐れている事で、たまに、インターバル期間を持たせて、工作がバレない様に自然を装う事もしばしばの常套手段工作なのです。

引用始め~

12月6日の事故

2019年(令和元年)12月7日 土曜日
北海道 NEWS WEB
強調文高齢男性 駐車場で13台に衝突
12月06日 17時57分
6日午後、江別市にある大型商業施設の駐車場で、80代の男性が運転する車が周囲に止めてあった車あわせて13台に次々と衝突しました。けがをした人はおらず、警察は、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えたと見て調べています。6日午後2時すぎ、江別市幸町にある大型商業施設「イオン江別店」の駐車場で、80代の男性が運転する車が周囲に止めてあった車に次々と衝突しました。警察によりますと、この事故でぶつけられた車はあわせて13台にのぼりましたが、けがをした人はいませんでした。当時、男性は駐車場に車を止めようとしていたと見られ、調べに対して「事故のことは覚えていない」と話しているということです。警察は現場の状況などから、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えたと見て詳しい状況を調べています。

12月7日の事故

2019年(令和元年)12月7日 土曜日
北海道 NEWS WEB
「大丸」地下駐車場で車から出火
12月07日 10時31分
7日午前、JR札幌駅に隣接する大手デパート「大丸札幌店」の地下駐車場に止めてあった客のワゴン車から火が出ました。火はまもなく消し止められましたが、辺りは一時、騒然となりました。
消防によりますと、7日午前9時半すぎ、JR札幌駅の南口にある大手デパート「大丸札幌店」の地下2階の駐車場に止めてあった客のワゴン車から火が出たと通報がありました。火はデパートの従業員によってまもなく消し止められましたが、札幌駅前には消防車17台が駆けつけてデパート周辺は一時、騒然となりました。けが人はいませんでした。デパートの営業は通常通り午前10時から始まり、地下駐車場は一時、利用を制限していましたが、午前11時すぎから利用できるようになっているということです。
大丸によりますと、午前9時半ごろに客の車が駐車場に入庫した直後に火が出たということで、警察が出火の原因を調べています。

~引用終了



 そう言えばこの直近な5日間程度、出勤時にエレベーター停止階が6階では無い数字だったのを思い出していたが、2日前の札幌ゲリラ街宣が終わった翌日の昨日、先日、ブログ書き込みに夢中になって、駅を一つ乗り過ごしてしまった際の帰りに寄ったイオンの立体駐車場で車が13台が絡む事故が起こった様で、7日の本日も、5日の街宣の際にその横を通る経路での札幌大丸百貨店の駐車場での車両火災が有りました。更に、以前、このブログに記載した内容で、首里城火災や岐阜の白川郷、政府専用機のボヤがマインドゲームの様に印象操作での刷り込みを、カルト儀式の如くに、ペアリングやトリプルリング?の火災繋がりと駐車場繋がりのテーマ性手口の符合の一致から、その様な手口と共通に、教団の集金力維持の為の、中世な魔女狩りと見紛う、仏敵村八分虐めの所謂、集団ストーカーを道具にしているのと共に、その仏敵たる教団の敵対者を攻撃する動機理由造りの為に、盲信者供を使い、自作自演を偶然を装った業務上過失ありきの未室の故意からの組織共謀で、世間に疑われずにその様に演出しているだろうと確信するし、特に最近思うのが、一般国民すら、「たまたまだよ。」と、その様な自然界に存在しない異常な確率さえ、国民は、何とも無関心な様が祟り、それを加害側に逆手に取られ、今や、全国民を巻き込んだ形で、その洗脳から飼い慣らされつつ有るカルト国家完全成立への変貌過程を辿りつつ、これ迄ひたすらに社会の水面下で隠蔽されて来たこの組織共謀さえ、今では全国民規模迄に大っぴらになり始めている気がする事です。

引用開始〜

藤原弘達著書 創価学会を斬る から一部抜粋

「組織に対する盲目的服従や忠誠心の為には何でもやる。例えば会長から声を掛けられれば人殺しでもやり兼ねないわけで、そういう利用された学会員、利用された政治集団、利用された議員とでも言える者が続々誕生して来ているのだ」

引用終了〜

 それで昨日の帰宅時のエレベーターの停車位置が6階になっており、近所のイオン駐車場での事故を当て付けたタイムリーなタイミングでのマインドゲームの演出だとそう思えるし、これと抱き合わせた監視行為と、魔性の持ち主である錯覚を私に植え付けたい学会員供の狂信的なカルト性の演出と共に、攻撃敵対者の私への攻撃動機のメッセージでもある。それは当然、信仰の源泉である、大作先生への健気な思いを只、ひたすらに勤行を一方的に行って来ている訳です。

 更に、山崎正友氏の時代から、この組織共謀犯罪も進化発展し、山崎氏のレベルの嫌がらせ、監視行為は、今では、この犯罪被害者で有れば当たり前の日常茶飯事でもあり、この被害者に対し、付き纏う人数の規模すら、陸海空に問わずに、あらゆる乗り物、コネ、ポスト、インフラ、公権力を駆使し、一人の監視、付き纏いの為に、わざわざ数百人、数千人の単位で工作員がバトンリレーの如くのマスゲーム的演出により動員させては、常時、追いすがって来る異常さなのです。例えば、意表を突いて、車や電車等でで他地域に移動したとしても、約10分もすれば、日本中何処でも、大量の人員の動員が可能なのです。それに私は、実際日本中大体の処に仕事で行ったが、何処でも同様な状態ですし、全国共通な手口を自身の眼で見て来た。それを裏を返せば、国民の大多数の一般の方々も、いざこの犯罪に巻き込まれてしまえば、誰しも同様に、彼等の都合により、いきなり一方的にオファーがやって来る。当然例外は無いし、人海戦術と云う透明な檻に囲まれた牢獄社会が今そこに直ぐ、あなたの目の前に広がったいるのが異常な国、日本の実態なのですよ。

 その中でも、私の置かれた立ち位置は、日本で唯一の毎週学会を批判する超仏敵(笑)であろう事は、想像に難く無い筈であり、当然、その被害内容も、被害者の中では、先鋭を極める質となっているらしく、昨日、勤務する会社で、業者から頂いた限定のお歳暮さえ、帰宅後自宅のテレビの電源を入れると、早速、価格や限定品である旨のテレビCMが流れ、先日、上京する為の航空券をネットで購入した翌日に、出社してみると、早速私の机の上に、その航空会社の機内サービスと同様のキットカットのお菓子が置いてあったりもする。他、私の個人的な生活で出て来る嫌がらせに使えそうな商品等は、次々テレビを点けたタイムリーなタイミングでテレビCMに反映してしまう勢いは、勤行の裏返しで、正に、病的に徹底している。

 それは、超仏敵を倒したい一途な信仰の勤行が、テレビ関係者、タレント、広告代理店等のあらゆる業種、職種に渡る学会員供の総意で有り、教団に対して盲目的に隷従する事が、彼等の信仰としての結果でもあると言っていい。これらの者達がSNSを駆使して、超仏敵のリアルタイムな状況を、常時周辺にいる学会員供が本部に報告を入れながら情報を共有し、それに対して策を巡らせ、嫌がらせを考え、監視行為の一連の指示をリアルタイムで出している。彼等は、丁度、蟻やイナゴ、蜂、蝿の類の昆虫類の習性に非常に似ており、一つの行為を取り憑かれた様に一糸乱れぬ動きで団結し、当然、指示されるがまま、言われた通りに、只々、個性の皆無な金太郎飴の如くの頭のスイッチが入る様であり、正に、病的な程までに、どんなつまらぬ事さえ、いい歳の老若男女問わずに、やってのける病理性を有する。

 この様なカルト宗教に国家を乗っ取られ、国民が知らされていないだけで、既にこの国内は、創価精神病棟社会となってしまっている現状を、国民の皆様方は、「まさか!たまたまさ!」と看過し続けますか?と云う事です。私は、少なくても、国民としての義務は、一応、果たしているつもりでいますが、それを真摯に聴いて行動する事は、私と同様に、今生きている国民の義務だと思いますよ。創価は、明らかな民主主義の敵、日本な敵である事は間違い無いし、この現実を真剣に国民が考え、向き合わない限りこの国の未来は無いと断言出来ます。

【注】時間に余裕の無い中で投稿しておりますので、脱字、添削、文脈意味不明、整合等、鋭意?修正しておりますので、投稿後3日程度後位での閲覧をお勧め致します。
2019/12/04

11月27、28日、東京都内での周知活動を終えて。

11月27、28日、東京都内での周知活動を終えて。

27日 27/Nov, JR Yamanote Line Outside Main 8 Stations Street Propaganda activities.

I addressed the dangers of the cult Soka Gakkai to the citizens on the street.
This false Buddhism has spread to about 119 countries around the world. This
religion is a cult religion that worships the greedy Daisaku Ikeda. In Japan, this
organization is a group that surveillance and stalks individuals. This organization
had a history of anti-social anomalies being discussed at the Diet 20 years ago,
but now it is in charge of the government, concealing the suspected murder case
of former lawmakers It has been done. It seems that Japan has begun to move
into a new dangerous religious fascist state, as the cult designation of the Soka
Gakkai decided by the House of Representatives of the French government in
the past. This organization has already begun to distort Japanese politics,
some judicial systems, and police justice. There are about three activists,
including myself, who are criticizing this Soka Gakkai in Japan today.
Previously, members of the Diet and public opinion were aware of the
abnormalities of this organization. After that, all criticism was calmed by
the acquisition and threatening work by this organization.

W3vJXkWt9YIxf8X1575426104_1575426111.jpg
品川駅前 In front of JR Shinagawa Station

品川駅前 In front of JR Shinagawa Station
fffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff.jpg
In front of JR Shibuya Station

渋谷駅前In front of JR Shibuya Station

新宿駅前 In front of JR Shinjuku station

池袋駅前 In front of JR Ikebukuro Station

秋葉原駅前 In front of JR Akihabara station

東京駅前 In front of JR Tokyo Station-①

東京駅前 In front of JR Tokyo Station-②

新橋駅前 In front of JR Shimbashi Station

有楽町駅前 In front of JR Yurakucho Station

 午後1時過ぎ頃に品川駅に到着し、40分から街宣を始めた。それから、渋谷、新宿南口、池袋東口、秋葉原、東京、有楽町、新橋駅前の山手線主要8駅にて周知街宣を行い、移動時間意以外は、全て喋り通しで、正に体力勝負の持久力街宣。秋葉原では、デジカメの電源を入れるのを忘れて、2回目の映像が撮れてません。


28日 28/ Nov, activities

before Nation Parliament building
I did street propaganda activities in front of the National Assembly .
I appealed to the anti-social nature of the cult religion, in front of the Houses of
Parliament against the legislators who would return to the parliament dormitory
during the lunch break. Using the Komeito Party, which is synonymous with the
cult religious group that reigns in this Japanese government, it is hidden in
society and continues to attack individual human rights.

11時チェックアウトのホテルに宿泊し、居心地が良かった為か?何故だか時間を混同し、ブログにて告知していた街宣開始時間に遅れてしまい、結局11時半から街宣を始めました。

 この時に一方的に私の街宣時間失念騒動に巻き込んでしまった公安の方々、大変申し訳ありませんでした。この場を使い、改めてお詫び申し上げます。

 今回も、昼食時間に外を歩いて議員会館に戻る議員さんを見る事は有りませんでしたが、街宣後に、議員会館から出て来られたと見られる秘書さんらしき方に、興味を持たれた様で「チラシはないの?」かと問われましたが、私の活動では街宣のみでチラシ配布活動はこれまでもして来なかったのと、若干持っていたチラシの在庫が切れていたので、この絶好の機会すら活かせなかった事に残念さだけが残った。











 その他、今回の街宣では、街宣映像から受ける印象とは違い、実際はかなり人通りが有った事と、自称被害者の方が一人、見学に来られていた。それで街宣前に幾つか会話を交わしてみると、何やら「ローテク」だとか言っていた。このローテクノロジー被害と言う事は、その対義語からハイテクノロジー被害も意味し、それを認知する信奉者である事は、これまでの私の経験から容易に判断がついた。私、「被害者は、私が活動し始めた4年前と同様の次元で、未だにそんな処に拘り燻っているのか!」と、頭の中で、全く進歩しない被害者に対して苛立ちを感じずにはいられなかった。かなり大袈裟かも知れないが、私一人、単独で試行錯誤しながらも、常に先を見据え、目標に向かって進歩して来たつもりの自負の念からすれば、私の頭の中には、ドリフターズ世代だからか、あの一つの有名なフレーズが浮かんでいた。それは、「駄目だ、こりゃ!」(笑)


 しかも、このハイテクノロジー犯罪とか言う実在しない犯罪は、何をもってハイテクなのかの定義が曖昧で、それを逆手にあたかも実在する犯罪かの様に偽被害者が触れ回るが、これは明らかに加害側が創価の犯罪を煙に巻く為の道具に使っているに過ぎず、例え、スマートフォンと言えどもハイテクノロジー製品なので、どの様にも都合良く使える撹乱工作としての用語の言葉の綾にしか過ぎ無いし、若しくは、被害者自身の個性の問題で、例えば、抗議出来無い被害者の弱さを逆手に取られ、あらゆる鳴り物の電気製品等を加害側に持ち込まれ、悪戯まがいにいい様に、好きな様に、やられ放題にさせてしまっている状態では無いかと想像が出来るし、特に被害者は、社会経験が浅い方が多い様に思えるから、その内のどちらかだろうかと思う。

 しかも、この活動を始めた頃は、全てこの電磁波やハイテクノロジー被害を訴えてる組織が全てで選択の余地すら無かったが、考えてみると、明らかに創価が一般市民に対して組織的な付き纏い、嫌がらせを行なっている事実は、著名人や元政治家の暴露本、国会での予算委員会でも以前議題に迄上がっているにも関わらずに、この被害を訴える純粋な被害者の会が何故だか何処にも皆無なのも実に府に落ちなかったし、逆説的にしてみると、電磁波やハイテク被害を訴える自称被害者9割以上の殆どが、実は、加害側の息の掛かった工作員であるとも言える。

 と云う事は、その様な被害を訴える自称被害者と活動を共にしてしまうと、何としても煙に巻きたい加害側の意図に自ら乗ってしまう事に直結してしまう。だから私は、以前活動を一緒に共にしていた被害者の方々に対しても、それを匂わせる、電磁波、テクノロジー犯罪のワードをSNSで仄めかしている被害者へは、有無を言わせず一方的にブロックして来ました。そうでもし無いと上記の被害者と同様に、負のスパイラルを断ち切る事は出来無いし、益々胡散臭い被害者連中が次々と湧いて出て来る。恐らくは被害者は気付いていないだろうが、上記の犯罪を被害者が自ら認めてしまうと、少なくとも加害側には脈有りと見られてしまい、胡散臭い学会員供のお遊戯的なショーも無い乳幼児レベルの儀式に無理繰り付き合わされた上で、その彼等の舞台へ引き摺り下ろされてしまい、負のサイクル被害に被害者自ら油を注ぎ込み、助長させている事など考える範疇も無いのだろう。

 私はそうした事を完全に割り切り、被害者が一番恐れる孤立を覚悟で、そうしたブロックをし続けている内に、その努力の甲斐あってか、今では、SNSでのフォロワーは、一般の方々がほぼ全てになっている。ですが被害者では、こうはならずにSNS上では全てが被害者、偽被害者ばかりとなっている筈で、肝心な一般社会への周知発信でさえ、結果的に被害者仲間内の狭いコミュニティのみで伝達完結されてしまう。これでは、周知活動の努力、労力迄を含めて全ての意味さえ皆無に帰す事となる。これに対して、私の場合は、そうした加害側の意図に自ら乗らないばかりか、一般の方々への周知が出来る利点を手に入れたと思える。但し、リツイート、いいねが増えない限りは、結局の処、他の被害者と同等の周知活動レベルとも言えるし、それが今後の私の課題でも有る。

 最近は、それでも胡散臭そうな自称被害者がSNSでフォローして来るが、面白い事に、私がブロックしまくったせいで、もう弾切れたになったのだろうか、今では、1ヶ月以内程度の急ごしらえの即席IDばかりで、このことにより、偽被害者の判別が非常に分かり易くなった(笑)それは、兎に角被害者にネットで纏わりつかせて、創価信者同士の手口同様に、先ず人情の柵を造らせ、同情を誘い、それで意のままに操れる操心術をそこに嵌め込み、洗脳を繰り返して逝く、これ等の手口では、加害側、被害側と共に同様の手口で騙される一定数の人々が居て、それに自ら気付気ないレベルの人々が加害側の学会員、被害者にも居るという事だろう。

20191204091209e80.jpeg

20191204113607802.jpeg



 先日、ツイートでも発信したのですが、復路の航空会社に手荷物として預けていたソフトキャリーバッグに付けていた南京錠が壊され、しかも、バックの中身が物色された形跡が有った。早速、翌日その航空会社に連絡を取り、その南京錠を持って千歳空港に迄足を運んで、出発カウンターの担当者と鍵を見せながら話をしてみたが、結局、担当者曰く、「付属品は、保証対象になりません!」「今迄、その様な事が無く、当社の社員が鍵を意図的に壊す筈有りません」と頑なに内規を盾にこちらに譲る素振りさえ見せる事無く、結局、私が泣き寝入りとなってしまったが、たかが千円程度の南京錠では有るが、今後の事も考え加害側へ牽制を入れる意味合いでも有ったからです。仮に、街宣の映像を記録したデジカメのSDカードの抜き取りがその目的である可能性も有り得たので、今後は、搭乗前に画像を残し、担当者の氏名を聞いた上で、鍵が壊れていないかチェックして貰い、搭乗後の手荷物受取で再確認を必ず行い、警戒を怠らない様常に、海外滞在モードで徹底しようと思う。

 確かに、この担当者の言う事も理解出来るのですが、私、「御社だけでは無く、他の航空会社にも学会員がおり、自身の信仰に基づいて、信仰の敵対者に対し、正義の勤行を行なっているのですから、内規や法令遵守、それよりも信仰の教義がそれに勝るカルト信仰が、特定の個人に対し、この様に鍵を壊し、バックの中身を確認した物色した動機も有り得る」「しかも、この南京錠は、自宅に所有する工具位ではびくともしない代物で、例えこれが何処かに接触して変形する位なら、そもそもソフトなキャリーバッグの方がが衝撃を吸収してしまう筈で、この様な南京錠のつる部分の変形は、意図的で無い限りは有り得無いし、私自ら帰宅後に、自身のバッグを壊す理由も当然見当たら無い。実際、自身でキャリーバッグを開けるのにペンチを使用したのにも関わらずに南京錠は、ビクともしなかった。しかも、法外な請求をし、不当な復旧を求めている訳でも無いし、南京錠が壊れたのは、明らかに飛行機搭乗の際に、手荷物預けた時以外どう考えても有り得ない」と言っても、内規ありきで私の言い分もはぐらかす事に終始している様に思わずには居られなかった。

 確かに、一部警察官でさえこの集団ストーキングに加担している現状で、当然個人ではどうにもなら無い限界を感じた。だが、その担当者が『手荷物作業の監視カメラ迄確認出来る』と云い、もし、犯罪であればその立証が完璧に出来るであろう自負があろうから、自社職員がそこ迄のリスクを冒して迄個人の手荷物の物色をするなど到底有り得ないと思うのは当然だろうし、逆に、私の方が可笑しなことを言っていると思うのは至極真っ当な案件でもあるが、例えば、首里城火災もそうだが、監視する警備会社すら警察官僚の天下り先で有り、防犯協会連合会とも懇意の仲で有り、そもそもこの組織を造ったのも、利権収奪目的の犯罪者集団である創価と公明で胡散臭い事この上無い。その事からも、監視カメラの死角を把握し、内規を逆手に取り、当然の事、その監視員迄もが既に加害側に取り込まれているか又は、信者共の共謀であるのは想像に難く無い。そう言えば、この担当者とスマホで会話している際にも何故だか電波状態が悪いだとか、気に触る様なノイズが聞こえて来て、回線に第三者の関与が有る様な気がしていたが、これは、以前にも経験していた。それは、私主催の自民党本部前街宣を行う際に警視庁の公安担当者と日程の擦り合わせをしていたスマホでの会話での状態と全く同様な症状だった。それは、その後の自民党本部建屋前街宣時に来た麹町署の担当警察官の不審な振る舞いが正に、創価信者の振る舞い其の物だったのを憶えている。

 この事で一つ理解が進んだ事が有る。それは、この集団ストーカー組織共謀犯罪犯罪被害者が、実は、被害者が主張する程は被害者数が少なくて、恐らくは24時間体制での監視行為や、徒党を組んで動員を掛けた大規模の付き纏い行為被害を被る被害者、この組織の信仰から仏敵とレッテルを貼られて、攻撃を受けている所謂、集団ストーカー被害者は全国に100人もいないのではないかと云うもので、この組織からちょっとした嫌がらせや、子供の学校での虐め行為、利益誘導の為の不慮の交通事故死、以前からの個人情報不正取得事件の個人データの集積から、学会系企業の商売敵への盗聴、PC情報のリーク等の被害者は全国で数千人程度の被害者がいるのではないかと思えるし、少なくても、ヤフーBB個人情報450万人分、ベ〇ッ〇コーポレーションの流失個人情報から、個人情報保護法の宗教法人除外規定がお墨付きを与え、今後もその不正な個人情報のこの組織の濫用、悪用が考えられると思う。

 私は、宝くじの3000円以上の高額当選すらないにも関わずに、このしょーも無い集団ストーカー組織共謀犯罪の被害者に当選する確率て、どなたかにお譲りさせて頂きたい位で(爆)

 因みに、私が長距離移動のジンクスは何故か特に有りませんでしたが、加害側が私の都内での街宣が先月であると踏んで工作していたにも関わらずに、当てが外れたのか?もし、強いて関連付けすると、ローマ教皇が東京を旅立った翌日に、私が山手線主要駅街宣を行ったタイムリーさ位か?今回は無しでした。