FC2ブログ
2019/01/23

1月23日(水)本日、反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 23, January, Gang stalker: Yesterday, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

1月23日(水)本日、反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
      札幌ゲリラ街宣を行いました。












23, January, Gang stalker: Yesterday, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.
I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.hours.
The upload of the street propaganda video to You Tube has been frozen and has not been done yet. I will release it as soon as it can be up.

特に問題無く約2時間の周知活動を行いました。

業務連絡
 
集団ストーカー被害者は例外無く、携帯電話、スマホ、PCから通話品質で常時生活音迄も盗聴されており、位置情報さえもリアルタイムで把握されております。例えば被害者が電車に乗車した際には、待ち構えている学会員共数人から逐一凝視されながら被害者の手取り足取りの様子を監視されております。それは、被害者が電車に乗り暫くして精神的に心が安定した瞬間を狙い、その学会員共がタイムリーなタイミングでくしゃみや咳き込み等の音立をし、被害者の心の安定を阻害する嫌がらせと共に、監視の刷り込みがその目的で有りますが、例えば被害者が電車、バスでの最後部席等に座る環境に居り、その被害者が周囲を見回して明らかに学会監視員が被害者を監視出来ない位置に居る場合にも関わらずに、それでもなお、上記に記載した様に被害者の心の安定した瞬間を狙ったタイムリーなタイミングで精神の安定阻害が出来るイリュージョン的(笑)な音立て嫌がらせ手口は、それは誰しも電車乗車中には大概スマホの画面を見ているいる訳ですが、集団ストーカー被害者の場合に至っては、常時そのスマホ上部に設置されているカメラから被害者の顔が学会側に丸見えに監視されており、その顔の表情から内心が読まれているからこそタイムリーなタイミングでの嫌がらせが可能になるのですね。ですから、少なくてもスマホカバーが手帳タイプの御所有で有れば、電車、バス乗車中は、上蓋を閉めてカメラの視界を遮る方がベターですし、クシャミや咳き込みを嫌がらせを行う工作員は、イヤホンから学会本部やリーダーからの被害者に対しての嫌がらせ指示を受けている様であり、見た目も割合判別し易い?のです。

 この様に私のスマホから常時盗聴されている事は経験上明白でありますから、私の方から逆に学会側に挑発する事にした。其れで私、『仏敵様(私)は何時になったら私を追い詰めてくれるんだい!この間抜けな学会員共!』などとスマホ下部に向けて語り掛けて見ると、翌日辺りから学会員共の動員令が発令されたらしく、しょーも無い嫌がらせや監視が濃密になり、その監視ツールである青色、緑色の上着を着用し、特定のスポーツメーカーのロゴの付いたバッグなどの小物類を多用した不特定多数の学会員共に依るマスゲーム的な色ペアリングアピールでの監視の刷り込みや、以前より精度を増した毎交差点毎の青色車両の出くわし遭遇の頻度が格段に上がりました。これ等の常軌を逸した学会員の奇行は、仏敵を倒したい一途な信仰からの動機に他なりません。
 それで私はどの様に次の一手でそれに対抗しようかと思案してみた。要は、私の通勤は電車であるから、札幌ゲリラ街宣以前の電車に乗車する前に、自宅最寄り駅での周知街宣を取り敢えず追加し、地元の周知強化をしてみる事にして、早速、本日から最寄り駅街宣を実行しました。街宣を始めて10分もすると、自称反創価だと云う老人が付き纏って絡んで来まして、私の今迄の経験からこの爺さんは、見るからに風貌といい、胡散臭い学会員だろうと思いましたのでその対応もせずに無視しておりましたら、飲みかけのコーラを私に差し入れに来ると云う様なこのしょーも無い嫌がらせを一方的に行って来る学会員共の特有な行為と共に、私に対し、闇雲に話し掛けを一方的に行う事に依り、正に街宣を邪魔したい意図がそこから読み取れますし、これは明らかに学会側から差し向けられて来た学会員である事は間違えないだろう。

 因みに、この様な盗聴行為を恣意的に運用出来る土壌は、放送傍受法改悪に依り、創価信者の警察官と、創価信者裁判官との共謀で可能です。それは、警察建屋内のPCでの対象人物の盗聴、位置情報の特定が可能であり、そのPCから、創価信者警察官や協力者から学会本部にパスワードやIDをリークさせ、その情報を基に本部でその情報を一括し管理して発信し、末端信者のスマホからでさえもその様な警察の監視アプリの情報共有から被害者のリアルタイムでの位置情報の把握特定が可能だろうと推量する。
スポンサーサイト



2019/01/17

1月16日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 16, January, Gang stalker: Yesterday, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

1月16日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
  
 札幌ゲリラ街宣を行いました。

16, January, Gang stalker: Yesterday, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.hours.

特に問題無く約2時間の周知活動を行いました。








2019/01/11

1月10日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 10, January, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

1月10日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅
   札幌ゲリラ街宣を行いました。

10, January, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.


I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2.5.hours.

特に問題無く約2時間半の周知活動を行いました。












以前、私のこのブログでの内容で、
神の啓示か!??『ダビンチコードならぬゴッド?コードか?? 』を記載しましたが、集団ストーカー組織共謀犯罪被害者に有りがちな周知には逆効果で御法度である超自然的なオカルトと、現実的なカルトを私、自らが混同してしまっている様に記載している様で、これでは、信憑性の観点からはその効果自体が相殺されてしまう危機感から改めて補足説明として追記しました。そもそも集団ストーカー組織共謀犯罪は、カルトの犯罪で有って超自然的なオカルトでは全く無いのです。ですのでそこの処の差別、色分けをこのブログに訪問して頂いている皆様の客観的な目線で判断して頂きたいのと共に、私はその2者を完全に分離したい問題意識を常に保持し続け、それの対応選別に苦慮(笑)している事を皆様にもそこそこ感じ取り納得?して頂きました上で、この文面内容とその本題の趣旨、本筋からブレていない事を一つ一つ説明しながら集団ストーカー組織共謀犯罪の全体的な整合性や信憑性をアピール出来ればと思っております。何せ、対する相手が大権力組織団体が造り出す異常な環境に置かれた私の立場や視点での判断、問題提起ですし、当然個人である私が錯誤に陥り易い事も否定の出来無い事実ですから。

ですが、今の時点で私がその異常な環境から導き出す『カルト』と『オカルト』の意味は、片や創価が主体的に行う低次元で稚出な組織共謀犯罪で有るし、対するもう一方の部分は、それに反し、以後に記すカルトの入り込む余地の全く無い、浅はかなレベルとは全く別物の深い慈愛に満ちた存在?とも受け取れる壮大なシナリオを提供??しているその存在?を私が感じ始めた事です
その壮大なシナリオを提供??する存在は余りにも曖昧で抽象的表現ではありますが、私の主観ではあくまでも、『オカルト』事例とは別件説明としたいと思います。それは単に私自ら更にドツボに嵌り込んでるだけかも知れませんけれども(笑)

それで先ずは、去年8月下旬から仕事で山口県へ出張に行った際に記載した私の過去の2つのブログ内容からの上記の隠されたコードを改めて説明する為、その出張行程に対してリンク関連する経緯説明を引用した2つの投稿文の抜粋です。(夜、会社から帰宅し、早々に家事を終わらせ、酒を飲みながら時たま船を漕いでたりで改めて日中見返して読んで見るとビックリ!な文面でして(笑)、若干分かり易い様に加筆編集してはいますが、過去のこのブログ内容と見比べて頂ければ一目瞭然だと思います。伝えたい意味は同様です)


1、2018/09/06 投稿文

『9月6日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 広島ゲリラ街宣を行いました。特に問題無く2時間半の周知活動を終えました。

広島街宣を終えて私、ふと気がついた事がありました。それは、前回記載した私が長距離移動すると大きな事件事故等が起こると云うジンクスで、今回は何も無かった様に記載しましたが、よくよく考えて見ると、実は、私の山口県への出張は、私の勤務している会社の都合に依り確か、6月下旬辺りから転勤か出張かで二転三転していた頃で、その頃は、丁度西日本集中豪雨での広島市内で被害を受けていた最中でして、本来、7月6日(金)豪雨被害時期辺りでの広島寄りの岩国への出張の可能性も十分可能性が有った事なのです。その後ようやく出張に決定し、それで晴れて8月24(金)に新千歳空港発で羽田に着いて、それから神奈川で私が山口県で使用する営業車を受け取り、その営業車で約600㎞のドライブ旅行です。途中京都で一泊した後、東名、名神高速を経由し、同乗していた上司の2人で代わる代わる運転を交代しながら、その翌日には山陽自動車道を走り山口県入りを果たした訳ですが、それと並行した昨日、北海道にて震度7の大地震が有りました。つい、数日前は、丁度、千歳市内で勤務しながら、営業活動範囲での苫小牧、千歳、恵庭市内の正に震源地近辺周辺で営業車に乗り私は個人宅の個別住宅訪問営業しておりました。そこで私が何を云いたいと記せば、私の移動する移動経緯を事前に先読みする様に、広島集中豪雨被害、大阪台風被害、そして、北海道地震と25年振りの最強クラス台風、北海道では史上初の震度7地震と狙い澄ましたかの様に厚真発電所ダウンでの全北海道ブラックアウト等が矢継ぎ早に次々と起きて来た。その様な背景の中で、冒頭に記した大きな事件事故?の 『大きな災害』の私のジンクスと共に、災害が起きた順路での広島、大阪、千歳(苫小牧の厚真)の災害順路に対し、山口県出張での私の進路がそれとは全く反対の逆順路で有り、通常、少なくてもそれを意味する事であると強引に意識すれば、まるで私の移動に対し、現在から過去に遡るかの如くに数々の災害が逆順のシンクロ対応している様にも拡大解釈するとその様にも捉えられます。一見誰しもこの様な突飛な見立てのこじ付けは、当然有り得ないと思える筈で有りますが、この私のジンクスは、今に始まった事では無いのは、以前からの私の過去のブログから見て、判断して頂きたいと思います。』


2、2018/09/12 投稿文 

『 ダビンチコードならぬゴッド?コードか??
私の長距離移動に対するジンクスの件(大きな事件事故、ステップダウン)なのですが、前回、事前の告知通りに去年6月20日に行った東京での山手線内周り主要駅遊撃ゲリラ街宣の際では、丁度、日本時間6月20日、サッカーロシアワールドカップ杯で日本が、アジア勢初の南米チームのコロンビア撃破で、まさかのステップダウンが有りました。それで、今回、私が山口出張で移動する時期が不透明であった為か?長編ストーリーの起承転結的に、そこにダビンチコードならぬゴッド?コードが仕込まれて?いたのに気付きました。

それは、先日の広島ゲリラ街宣後に、ふと、気付いた件で前回のブログで記載しましたが、西日本豪雨被害、その後、大阪での台風被害、北海道での初の震度7地震被害と直後に起きた全北海道電源喪失ブラックダウンとタイムリーなタイミングで私の仕事での出張の経緯、経路から、前回ブログで記載した『過去に遡るかの様な経路順』だと単純に考えておりましたが、実は更に奥が深く、先日の全米オープンシングルのグランドスラムで優勝した大坂なおみさんの苗字は、大阪市の旧名『大坂』と同じで過去に遡るのと、日本人初の全米オープン女子シングルでのグランドスラム制覇で有り、まさかの女王セリーヌ・ウイリアムズさんのステップダウンです。それで、なおみさんのお母様の出身地は北海道、なおみさん自身の出生地は大阪で、何れも北海道、大阪市での両都市災害での電力ダウン。因みに、私が山口県に来た翌日の9月7日、プロ野球広島カープの新井貴浩選手の残念なステップダウンがありました。それはあたかも、私の出張先迄の経路順での『災害地順』に対しては、過去へ遡る様で、しかも逆に、いざ私が山口に到着してからは、更なる逆転現象の?経路で広島地元の新井貴浩選手のステップダウンで振り出しの日常のモードに戻った感で、その様なタイムトリップストーリーで帰結、完結している様にも思える。ですが、ただ一つ残るコードの意味する件が分からないのです。それは、なおみさんのお父様の出身地であるハイチと在日帰化人である新井選手の共通案件での共通コードである『在日』です。このコードの?意味する神?が私?に対する啓示とは??次回は、在日創価のステップダウン、瓦解、なのか??それとも、公明党の連立政権から下野するのか?? 』

この2つのブログ内容から簡潔に読み取ろうとすると、
私が長距離移動すると大きな事件事故等が起こると云うジンクスに対し
1、広島集中豪雨被害、2、大阪台風被害、3、北海道史上初の震度7地震とその前日に襲った25年振りの最強クラス台風、4、厚真発電所ダウンでの全北海道ブラックアウト等、の順で起こった災害に対して、話題の旬人物とその生い立ちまでをリンクさせ、私の長距離移動が時系列の最初の始点である北海道から、神奈川~大阪~広島と上記の1,2,3,4、の経緯順とは逆に進路した結果、それは正に、過去に遡るかの意味合いとも取れるコードをそこに読み取れ、旬人物の大坂なおみさんの偉業さえもタイムリーなタイミングでグランドスラム制覇とまさかの女王セリーヌ・ウイリアムズさんのステップダウンが有りました。因みに、『大坂』中世日本での『大阪』の旧名ですし、9月7日のプロ野球広島カープの新井貴浩選手の残念なステップダウンがありました。最後に残った『在日』のコードは、そもそも大坂さんが日本には住んで居ない私の誤りで有ったので、結局、残ったコードは無かった事になりますが、実はそれに代わる以上の最後のコードが隠されておりました。それは、前振り役とも取れる騒動であった2018年10月1日に起きた山口県出張帰りの復路時寸前の2日前の10月1日に西日本一帯での火球騒動が有った様で、山口県出張帰りがてらの東京都心で行った10月3日の私主催の山手線主要駅9駅遊撃街宣と、その翌日の10月4日、警察庁前街宣を行う朝、私の滞在先の宿のテレビでも火球を撮影した報道が流されてされておりましたので、その騒動を見て知っておりました。そのテレビ報道内容は、昨日早朝飛び立った岩国空港での監視カメラが捉えた映像にもその火球落下が映っておりそのテレビ報道を見た私は『3日前に私が居た岩国でそんな事が有ったんだ』位程度に捉えておりました。その日の夕方、関東での周知活動を終えた私は、羽田から地元北海道の自宅へ1ヵ月振りにようやく帰宅する事が出来ました。

それから私は、その件をすっかり忘れていましたが年が明け、早速の2019年1月3日には本年初の北海道神宮前街宣を行いまして、その後、何気に他人のツイート投稿内容を物色して見ておりますと、ツイート内容に付属していた映像が目に入りタップしてその映像を見て見ると、それは山口県岩国空港に駐機しているANA機の頭上の天から地面に向けて火球が落下して行く光景の動画配信を何気に見ていてその時に私はハッと気が付いた。その動画は奈良、京都、高知、東京での同じ火球落下のシーンが各都市場面に割り振られており、その映像から、各都市の火球が進入して来る方向から判断して、恐らくは岩国空港の手前北側辺りの方向から大気圏に進入し南方の四国上空辺りで燃え尽きた様に推測出来た。それは確か、去年10月4日警察庁前街宣を行う朝、東京の宿のテレビで見たその街宣3日前の10月1日に起きた西日本一帯での火球騒動と、本年の1月3日の岩国空港での火球落下の映像報道と同様な映像構図だった様に思い出しました。が、その10月1日の岩国空港での報道動画自体ネットで何処を探しても見つかりませんでして、正にデジャブな想いでした。

因みに、最近頻繁に起こる日本各地での火球報道で、西日本での主な火球報道は、2017年と2014年位の様です。



これらの事は、私の大いなる考え過ぎかも知れませんが(笑)私なりに考えて見ると、山口県への出張での復路の航空機に私が搭乗する処迄が残された最後の残されたタイムトリップ?の最後のコード?かなと思え、それは、今年に入っての1月3日の火球落下映像は、日時と便は違いますが、去年10月3日山口県出張での復路の岩国空港発の早朝の便で私が座ったのANA便右窓側の右翼後縁辺直近の座席を指している?様でも有り、『3の日開催街宣』繋がりと共に、その街宣日直前での火球での同類な背景理由から、人知を超えた壮大な過去から現在へのさり気ない神からの?メッセージでは無いかとその時そう私は感じた。僭越ながら、只一人で他に依存しないで体を張りながら単独であの邪教テロ集団共と戦い、ひたむきに誠の真実を社会に対し訴え続ける私の姿勢に対し、それが天に通じた!??それは正に、神からの人間界の私に宛てたメッセージであると思えてなら無い。それは、目に見える形で火球をその手段として道具とし、私に対してもお導きの目を掛けてくれているとのアピールなのかもしれないと思えた。私は恥ずかしながら信仰は持ってはいませんが無神論者でも無い。それ等の事を総括して鑑みて見ると、去年の10月3日の私主催の山手線主要駅9駅遊撃街宣と10月4日に警察庁前街宣と共に、本年1月3日(木)に行った北海道神宮前の神前に於いても私に対して、『更に精進しなさい!』との激励のお示し啓示?だったのかも知れないし、そう思いたい。これまで私は、自問自答しながら答えを求めつつも、手探りでこの山頂に隠されているであろう伏線コードに対して、少なくても自意識ではトラバースせずに敢えて最短の絶壁を垂直登坂を選択して来たつもりでいますから、私が知らず知らずの鍛錬の中である程度の修行域に達しており?、この様なメッセージを受け取れる眼力を養わされて来たのかも知れません。何か悟りを開いた修行僧みたいですが、上記を裏を返して改めて考えて見ると、もしかすると、堕落と腐敗から狂気の日本社会へ変貌してしまった神からの警告から、以前、私が図らずも記載した古代都市のソドムとゴモラを揶揄しておられるのかも分かりません。(北海道東部胆振地震の犠牲者の方々には、心からお悔やみ申し上げますと共に、家屋被害に見舞われた方々には誠に不謹慎で大変申し訳有りません。)

他、これからの今後の活動も私が今出来る最善と思える選択を取り、これ迄もこれからもただ粛々とその作業をこなす事が結果的ににコミットすると確信しております。

それと最後に下記の冒頭部分を再度アピールして置きたい処です。

『単に私は常にその2者を完全に分離隔絶したい意識を保持し続け、それの対応苦慮(笑)している事をアピール出来ればと思っております。』

皆様は上記の経緯から私の主張する件はやはり『オカルト』の部類に選別されますでしょうか?それとも、現実的と超自然的のどちらになるのでしょうか?私は少なくても真実をありのまま書いているつもりですが、それとも私の大いなる思い違いからでしょうか?

           
         資料報道1、

【 出2018/10/3 21:00神戸新聞NEXT 】

出現予測不能の「火球」撮影に成功 明石の男性
山内さんが五斗長垣内遺跡から撮影した火球(中央より左上の斜線のような光)(本人提供)
宇宙のちりが大気圏に突入するときに生まれる「火球」が1日午後6時半ごろ、西日本上空などで目撃され、インターネットや会員制交流サイト(SNS)でも目撃情報が相次いだ。兵庫県明石市のアマチュアカメラマン山内勝さん(73)は、淡路市内から火球の撮影に成功した。
 
山内さんは、同市黒谷にある五斗長垣内遺跡を撮影しようとカメラを構えていたところ、視界の片隅にオレンジ色の明るい光が目に入った。「思わずシャッターを切った。一瞬、花火みたいに見えたけど、すぐに枝分かれして消えた」と話す。
 明石市立天文科学館(人丸町)によると、火球は流れ星の一種で大気圏を通過して落下する際、空気との摩擦で発火し、明るく光る。井上毅館長は「ときどき観測されるが、日時は予測不可能。撮影されるのはとても珍しい」と話す。(勝浦美香)

       
        資料報道2、

【 国内社会ニュース(共同通信)2019年1月3日 / 18:32 / 6日前
  西日本中心に「火球」目撃相次ぐ】
共同通信

3日未明、西日本を中心とする各地で、光を放つ物体が落下する様子が目撃された。インターネット上でも「閃光がすごかった」「衝撃音もした」と投稿が相次いだ。小惑星のかけらが落下する際に光り輝いて見える「火球」とみられる。
 3日午前4時50分ごろ、大阪府羽曳野市の自宅から西の空で動画の撮影に成功したアマチュア天文愛好家上田昌良さん(67)は「音は記録されなかったが、一瞬ピカッと爆発し、かなり大きい明るい火球」と話した。
 国立天文台の山岡均准教授は「火球で音がするケースは年に数回と珍しい。通常は大気中で蒸発してしまうが、地表まで届いた可能性もある」としている。


2019/01/03

1月3日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 札幌ゲリラ街宣を行いました。 3, January, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.

1月3日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 
      札幌ゲリラ街宣を行いました。

3, January, Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized
crime propaganda activity in Sapporo city.

I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities
in Sapporo city center for about 2hours.

特に問題無く、約2時間程度の周知活動を年初に行いました。









新年明けましておめでとうございます。本年も一週一滴の努力を以ってして、常しえと
思える岩盤さえも突き抜く威魂を持ちつつも、その滴圧を掛け続ける作業に終始します。

それと本年は、去年山口県出張前に銀行口座から引き出しました浄財残金2万円を、
春先辺りに上京し、周知活動に使わさせて頂きますので、宜しくお願い致します。



早速分かり易いので敢えて記載しますが、昨年末12月27日に札幌ゲリラ街宣を行い、前回のブログを投稿した訳ですが、私の行動、行為、言動が直接社会に反映される事象から、前回のブログ内容に於いて、歌手の細川たかしさんの携帯電話ドコモCM『1980、一休さん』と記載しましたが、早速その翌日には、

【一休さんの声優、藤田淑子さん死去 68歳】

2018/12/29 16:22
テレビアニメ「一休さん」の一休さん役などを演じた声優の藤田淑子さんが2018年12月28日、死去した。68歳だった。所属事務所が公式サイトで発表した。浸潤性乳がんで病気療養中だったという。「キテレツ大百科」のキテレツ役や「デジモンアドベンチャー」の八神太一役などでも知られる。

この様な報道が流されておりました。一般人の方で有れば、私もそうですが、私の言動行為が社会に反映する様な超能力?が当然私に有る筈は無いと思うのが常識との事を踏まえまして、上記の藤田さんの事案を重ね合わせて鑑みて見ると、亡くなるタイミングの原因として1、単なる偶然 2、第三者が関与した未室の故意からの事件??の二択?が想定出来る訳ですが、2、を更に想定し、深堀して考えて見ると、約500万人と云われる学会員の立場からは、仏敵(私)の言動、行動に社会事象をタイムリーにシンクロさせ、その非現実的な通常有り得ないギャップ事象に対し、仏敵(私)自身が混乱し、結果的に自己認識の不信から感覚の錯誤に至らしめる精神疾患へ誘導した結果、精神的に奴を挫けると、彼等信者共はそう盲信させられ、仏敵を挫く行為が教義で有ると共に、その実践こそが勤行であると洗脳されている訳で有るから、例えば、A、遺族が自己の信仰から未室の故意に及んだ??B、学会員の担当医が自己の信仰で未室の行為(生命維持装置等を外した、又は、薬剤の過不足で死期を調整した)に及んだ???何れにしても事件化出来無い様に、事前に、看護師等の口裏合わせや重要な証言力を有する医者等のポストには既に学会員が配置されているのだろうか??

1月1日 元旦

新年になり、割と近所に住む姉夫婦の家へ行く事になり、私が『何階だったっけ?4階~』と行く前に事前に携帯電話にて姉夫婦の居場所の階を確かめた後、私は、自宅共同住宅前に有るバスの停留所から時間よりやや遅れて来たバスに乗り込んだ。そこでガラガラに空いた席から私は、最後尾の右側席を選択し着座した。それからバスは、2つの停留所を過ぎた頃、大学の敷地内の周辺に住宅の全く無い普段大学の学生位しか利用しそうで無い停留所にて、60くらいのオヤジ一人がバスに乗り込んで来た。右手には側面には緑色のベタラインが入った紙製の手提げ袋を提げ、そしてすかさず何か目的を匂わせる様な勢いで私の前の席に座席を陣取った。私、は『何か変だ!』創価臭いと思い周囲を確かめて見ると、私の座る右側では無くその左側の席に座る若い女性の手提げバックが緑色のラインとのアイテムのペアリングで、通常、カオス?なこの社会では、色、服装、がたまたま偶然に隣り合わせにペアルックで同色が揃う事が余り無い事を逆手に取り、信者共で事前にテーマ色を決めた上で、偶然を装いながらこうして意図的に非日常を造り出し演出する事で、色のペアリングから監視アピールを常套手段の手口としている訳なのです。

この様に普段からあらゆる処に潜む学会員が情報を共有をし、この監視活動をSNSを駆使しながら信者共が私の位置情報をラインに貼り付けリアルタイムに私の位置情報を掌握し、その位置情報に基づいて嫌がらせや監視活動をしてやろうと手ぐすね引いて待ち構え、湧き出して来るのですね。こんなのが私の日常ですから、この創価のこのしょーも無い挟み将棋擬きのフォーメーションペアリング監視に当然、私が気が付く事と共に、このオヤジは、他に多数空いている席が有るにも関わらずにまるで目的が有るかの如くに、目もくれずに私の目前席を選択したこの不自然さの2点の根拠から、この左右、若い女性とこのオヤジは学会員であろうとそう断定した。

そのままバスは走り続け、急に私の目前に座るオヤジが任務である工作を一方的に私に対し演じ始めた。それは、オヤジが急に体を動かし始め、どうやら私の気を引く作戦なのかと私が思い始めた頃、そのオヤジが右手の親指を手の掌側の内に向け、4本の指で正に『4』数字を造りながら、そのオヤジ席の前の席にその手を差し出していた。私はその際、創価の4は死をアピールしたいのかなとも思ったが、それでも、私はオヤジの行動を無視し続け、自身の作業であるTwitterのツイートの投稿作業を繰り返していた。その内、目前のオヤジがその右手を上に上げ始めて、ナチス親衛隊のSSの敬礼??か又は、サダムフセイン像の出で立ちの様に、右手のみを天に差し出すかのようにその4本指で数字の4をアピールしている構図になった。それは誰がどの様に見ても明らかにこのオヤジの行為は挙動不審者の様に見える。それで初めて私はそのオヤジの行為のアピール行為の意味に気が付き理解した。それは、何てことは無い、外出前の私と姉との携帯電話での内容での『4階』を知っているぞのアピール監視だった(爆)訳です。この学会員はそんなしょーも無い事をわざわざ私の仄めかす事を目的に、私と同じバスに乗り、工作して来ることの余りのつまらなさと面白さに笑いが止まらなかった。

それは年末辺りの師走から、『単なる頭オカシイ暇人』の学会員共から、『単なる頭オカシイ忙人の学会員』共に変態していたので、彼等が年末年始のモードに入り活動縮小をしているのかと思いきや、早速の学会員共に依る新春芸の披露が待ち受けていたのです。当然こんな分かり易過ぎる学会員の運命は、私なりの『可愛がり』に晒される事になるのですね(笑)。何せ、私よりも一周りも人生経験が有るであろうこのオヤジが下らないカルトに嵌り、残り少ない人生をこんなしょーも無いカス行為を正当化し、自己の信仰を差し挿げ替えられた挙句にその洗脳された脳は『創価脳』で思考停止に陥り、その仏敵を追い詰める処か、逆に、単に自身がカルトに煮詰められ搾取されている事さえも自身で気付けずに、私に対して何の効果も産んでいないこの非生産的なしょーも無い反社会的行為に指示を受け身を染めるこのオヤジ自身とその置かれた境遇に対し、憐れみを持たずしてはいられなかったし、単に、余りにも面白く浅はかな乳幼児レベルに笑いが暫く収まらなかった。

その後、姉夫婦宅で飲食を共にした後の帰宅時にお土産を貰ったが、そのお土産を入れる手提げ袋があのオヤジの紙袋と同じサイズで、良く見て見るとその紙袋には3枚のTシャツが入っており、しかも真ん中に浅緑色のTシャツが入っていた。それを垣間見た光景に私はげんなりしてしまった。それは、姉夫婦迄もが既に協力者に囲い込まれているのか??又は、姉の携帯電話迄も盗聴されているのかの2択だろうとも思えた。

帰宅には往路と同様に復路もバスを利用しましたが、ターミナルでの発車迄、バスに乗り込んで椅子に座って待っていた私は、暫くしてある男が、バスの運転手に話し掛ける素振りでバスの前扉に近寄って来たのに気が付いた。その際、すかさずバスの運転手が前扉を開けた。そうするとその男は、『〇〇大学前は?』とバスの運転手に話し掛けた。その発言に私は、空かさず先程往路にオヤジが乗って来た停留所と同様だと思った。これは往路でのオヤジを連想させるペアリングでの先程上記に記載した監視工作の手口の一つなのです。その後その男は、往路の『可愛がり』に反応してか?乗車して来なかったが、これも、創価監視のカルト流のシナリオで、私からすればのどうでも良い起承転結での『結』の部分だったらしい。

この病的な奇行を一方的に、無心でしかも執拗に繰り返して来るカルト信者の病巣の存在を全国の一般の方々に知って貰いたいと共に、頭がオカシイ者達が権力を掌握しているこの国の実状です。一見、表面上は、この国の行政のトップは総理大臣ですが、実効支配しているのは、有力省庁の官僚に多数巣食う創価学会員共ですよ。ですから、当然この様な組織的共謀罪も社会に顕在化する筈も無く、当然に国民の利益を反映出来る筈が無いであろう国会に於いても、国の国体をも破壊を促進させる様な政策、法案が当たり前の様に罷り通るのですね。