FC2ブログ
2020/02/12

2020/2/21(金)日本を破滅に導く、反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪 周知街宣を国会議事堂建屋裏で行います。am11:30〜 Febrary, 21, 2020 am11:30~ Gang Stalker: anti-organized crime propaganda activity: In front of the nation parliament Building.

2020/2/21(金)日本を破滅に導く、反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪 周知街宣を国会議事堂建屋裏で行います。 am11:30〜

Febrary, 21, 2020 am11:30~ Gang Stalker: anti-organized crime propaganda activity: In front of the nation parliament Building.

cxQnyVsA2NUkgM51518267721_1518267804.jpg


Gang Stalker:anti organizational crime propaganda activity: In front of the nation parliament Building, a loudspeaker to appeal to the legislator returning to the parliamentary dormitory for lunch. I will appeal to Member of nation Parliament for investigating and solving this organizational crime. I appeal to Nation legislators members in order to facilitate the early resolution of this organized crime

山口県出張の帰路が羽田乗り継ぎの為、折角の機会なので、一度空港から出、街宣を行ってから、その日の夕方の便で北海道に戻るプランを立て、急遽街宣を行う事を即決。

.
反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知撲滅 国会議事堂裏で、昼休み時間を狙い議員会館に戻ると思われる国会議員に対して直接問い掛け、街宣を行います。

日時: 2020/2/21(金) 

開始:11:30〜        

場所 : 東京メトロ 国会議事堂前出口を出て、国会議事堂裏衆議院会館前交差点付近にて行います。

 我が国、日本の立法の府である国会の衆参両院議員に対し、昼休み時間を狙い議員会館に戻ると思われる国会議員に対して、なるべく一人でも多くの国会議員に対し、この集団ストーカー組織共謀犯罪の現実情を訴え、認識を持って貰い、この問題に対し国会の場で取り上げて頂ける様直接問い掛け、周知を試みます。
 
 公権力に迄浸透しながら、警察権力の防犯利権と巧みに懐柔癒着し、学会の集金力維持拡大、利権収奪の為に組織を挙げ、日本全国津々浦々でこのカルトビジネスを展開しながら、信者を駆り立て、集団ストーキングを道具としていると確信する。それに依り、放置され続ける全国の被害者に対しての非人権的な実状を先ずは一人でも多くの国会議員に対し周知する。

 他、過去に、参議院予算審議会等で議題に挙がった内容と同様に、創価学会員が共謀し、個人に対し、尾行、張り込み、嫌がらせ等の反社会的行為を、現在に及んでも未だ常時止むことなく継続されている顛末と共に、今では、一体不二の公明党が自民党と連立政権を組んで、日本政府の一翼を担う国家権力側におり、当然この組織共謀の抑えが効かないばかりか、更に助長し、かつ巧妙、狡猾、大規模となり、それはまるで、中国共産党が国民を監視する以上の個人監視行為が実際、この民主主義国家である日本国の国内社会の水面下で行われ、正にあのオーム真理教を超越する程、悪辣で陰湿な組織共謀が全国で常時行われている実態への説明責任を公明党議員と共に連立政権の盟主である自民党議員に対しても同じく要求するものである。
スポンサーサイト



2020/02/06

2月6日(木) 反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。 6, February Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city

2月6日(木) 反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知

        札幌ゲリラ街宣を行いました。

6, February Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city.
I carried out the street guerrilla anti organized crime opagandapr activities in Sapporo city center for about 2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5 hours.)
I'm going to Yamaguchi prefecture for work, so next week's street propaganda activities will probably be in Hiroshima.

札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の
周知活動を行いました。街宣映像④はファイルサイズオーバーでニコニコ動画側が受け
付けず⑤⑥のアップロードが未だ出来ていません。もしかしたら、投稿が明日以降にな
るかも知れませんし、アップロードが途中で中断になる症状が有る為にアップロード出来
る見込みが立っていません。しかも寒さの理由か?デジカメの電源が切れ切れになって
しまい街宣の全てが撮影出来ていません。
 


 実を云うと、私の勤める会社への出退勤時、あらゆる意味合いで日本という国は既に
終わっているので、敢えてアメリカのラジオをスマホで何時も聞いているのですが、例え
ば私が曲に合わせて体でリズムを取ろうものなら、、周囲に居る学会員共が本部に連絡
し、『仏敵が楽しんでいるのは許せない!!』と云う様なサイコパスなマインドになるらしく、
その直後に、スマホの回線が切れ、ラジオが聞こえなくなり、そのタイミングで周囲にいる
学会員共が咳払いをしてみたり、電車の運転手が汽笛を鳴らしてみたり、常時監視行為
をしている事を私へアピールをして来るのですよ。皆さんはまさか!と当然思うでしょうが、
集団ストーカー被害者はこんな事は当たり前な程、この国は既に異常な国家なのです。
なので、チャンネルを変えたりしながら防衛しながら彼等信者とのイタチごっこと化してい
るのですね。こう見えても私、人知れずに一人で試行錯誤しながら、常に創価のキチガイ
共相手に対抗するのに難儀してるんです。

 ですから、ニコニコ動画のアップロードさえ例外無く、私の就寝に入る時間から逆算して、
わざと、意図的にアップロードを中断して見たりしながら、意図的にアップロード完了と私
の就寝時間をピタリ合わせたりする事で、彼等の意図的管理からの監視行為をアピール
して来たりで、最近は、的を射た街宣内容からなのか、街宣映像のアップロードのみの
妨害をメインに置いている様に思えます。











20200206220059b75.jpeg
20200206220059b75.jpeg


 山口県への出張準備のゴタゴタで、残りの街宣映像をアップロード出来ませんでした、申し訳ありませんでした。
2020/02/05

台湾旅行、昨今の国内事件事故と、現世界情勢の投影相似。

 今週の札幌ゲリラ街宣はお休みしましたが、実は、私の勤務している会社の毎年恒例の社内行事にて1月25日から31日に掛けての5泊6日で台湾に行って来ました。今回はたまたまでしたが、何故かシナ人でも無いのに、春節での台湾旅行。前日に25日に神奈川で前泊した後に、翌日成田空港からの実質3泊4日の台湾旅行でした。

202002052135075b0.jpeg


 前回9年前に台湾に行った際には、私がまだ、このしょーも無い集団ストーカー犯罪に本格的に巻き込まれる前で有った為、その時は特に意識していなかったのですが、実は、親日国であればある程、日本国の政治、経済力を背景にしながら、このカルト宗教の強い影響力下に置かれている場合が殆どだと言えます。それは何故なら、去年の社内行事での上海や、今年の私的旅行でのウラジオストクに行った際にも、日本で起こるカルト創価の常套手段の手口を現地の警察が私に対して行なっていたからでした。その共産国家や元社会主義国家に於いてさえもこの病的カルト創価の意向を汲むだけの太いパイプの存在が有る。それは内閣が変わる度に首相もコロコロ変わり、その都度外交も一からの構築になるが、このカルト創価公明の場合は、ただでさえ党代表選出の選挙さえ行われず、結果的に首相の任期より長大で、日本の信用度を背景にした恒常的な日本国の代表窓口的役目として代行出来た処でもあるし、実際、歴代の首相の任期も短命に終わって来た事からも、諸外国からすれば自民よりも安定感を有し、そこから計らずも外交に於いて信頼、恩恵を得て来た実態が有ったのではないかと思える。しかも、今では、それを政教一致の弊害とさえ国会で指摘もされ無い程に、政界のコントロールを権謀術数に長けた創価公明の繰り出す工作により自民は懐柔され、国家の中に国家が有る様な構造のバチカン市国とは似ても似つかない異常なカルト国家に日本は変質してしまっている。

202002042130400f4.jpeg

 カルトの政治力とは、政権与党に於いて創価公明の方が少数派なのですが、既に相方、自民党の最大の選挙での支持基盤となっており、事実、自民公明推薦の自民党議員も相当数おり、既に癒着で雁字搦めな状態で引き剥がす事さえ出来無い、一蓮托生であり、選挙対策ですら互いの棲み分けを行い、自民党は小選挙区、公明党は比例代表でとの自民党支援者との組織間での票の配分調整取り決めの協定で、互いの結束も堅固なものとなっている。それを裏付ける様に、公明党の山口代表のブログには、『創価公明、自民との共闘を車に例えると、自民は、エンジンであり、それを巧みに操る操作系統のハンドルやアクセル、ブレーキ機能は公明党が担っていると自負する』との政権でのブレーン役的な内容を記載している程である事からも、少数派の創価公明が事実上政権与党を牛耳っていると云っていいだろう。だが一重に牛耳れると云ってもそれ相応の理由が有り、特に権謀術数に掛けては自民よりも2、3枚上手な事は元創価上層部の方の著作本を見れば一目瞭然なのだ。この様に自民は、創価の集票力を当てにして、相手を利用してやろうとカルト創価公明に下心を持って近づいていったのにも関わらずに、結局創価公明の巧みな策謀に引っ掛かってしまい、ミイラ取りがミイラになってしまう結果に終わったお粗末な顛末らしい。他、マスコミや省庁官僚に既に2万人以上学会員を送り込んでおり、地方議会議員約三千名を使い、議会を牛耳り、警察の予算人事権を掌握し、便宜を図った見返りの裏取引や、料亭等で接待を繰り返し、人的交流からの人脈造りで、検察さえも懐柔して行く。これを、元創価学会の顧問弁護士であった山崎正友氏著書「創価学会と水滸会記録」から引用すると、「例えば、秦野章、下稲葉耕吉氏ら、歴代警視総監は創価学会と親交を結び、犯罪行為を揉み消し様々の便宜をはかっておきながら、退任後は振り向きもされず」とあります。ですからその様な常態体質の腐敗した土壌は現在も健在で有ると言っても恐らく過言では無いだろうし、昨今の池袋での母子交通事故やその後一連の小学生や幼稚園児の列に車が突っ込む事故?、放火事件が胡散臭いのは、取締り捜査する側がこの集団である事や、更に上の警察庁にしても同様な状況だ、謀略により懐柔されながら馴れ合いになってしまい、今では一番日本で重要な機関さえ機能不全となり、裁判所、裁判官も同様で正義と公正さが歪められ、事の真相を国民に知らせる重要な事がカルト創価に隠蔽され、結果的にこの国は、既にまともな民主主義国家の体を成していない。

 カルトの経済力とは、末端信者から「学会に金を納めれば収める程、ご利益が貰える」と会員を騙し欺いて年間数千億円のお布施を非課税で集金出来る事や、他、墓園事業を立ち上げると称して、その資金として信者から金を集めておきながらも、その後信者が死ぬと、さっさと香典までも全て持ち去り、更に、その墓さえも信者に支払わせると言う様なエゲツない二重取りを平気で行う、単なるインチキ宗教鼠講ビジネス其の物な事。その潤沢な金で日本の三大新聞社(朝日、毎日、読売)には、機関紙聖教新聞を代行印刷を委託し、その印刷代金は、年間70億円程にもなるそうで、その他、広告費は、数百億円を新聞社、系列のテレビ局に金を落としつつ、上客気取りで黙らせる。要はマスコミ対策で、言論統制が金で可能になるし、政権与党内に於いても、学会を批判する自民党員へは、金で買収するまでも無く、学会支援をチラつかせる事でも可。又は競合候補を擁立し、容易に落選工作も可能。他、民間会社へは学会員の購買力を利用し不買運動をチラつかせ囲い込みも可。銀行に対しては、年間数千億円のお布施や推定資産約十兆円の金が物を言いう。

 このカルト創価公明は偽装宗教の殻を被り、日本の行政、司法、財界、政界、マスコミを水面化で子飼いにしながら、あたかも、世間向けには生活弱者に対して配慮を見せる素振りを見せながらも、実は学会員の心を繋ぎ留め置く口実造りの目的の演出の為で有るとか、表向きは、国民の利益追求を実践する党の様に偽装し、一般国民の目を欺きながら、さも国民と共に共存共鳴しているかの如きに振舞いを見せてはいるものの、実はその仮面の裏側の本性は、如何に国民の血税を貪りながらも、以前から、その利権収奪目的の為に必要あらば市民の生命、人権さえも目的成就の為には手段を選ばずに躊躇無く取捨選択をして来た非人道的な面も有している。そして、完全に思考停止させた教団の指示で有れば何でも反社会的な事もこなすロボットの如きの完璧に洗脳された学会兵隊が多数存在する事だ。実際、普段の彼等の異常な動きをつぶさに見て来た感想としては、単なる狂人の集団である事だけは間違え無いし、確信を持ってそう言える。しかしそういった反社会的集団も、現在では創価の意向を思いのままに体現出来る財界、マスコミ、地方行政、省庁機関、政権与党政権となり、今となっては創価学会は政治結社団体化し、それは単なる選挙での集票、集金マシーンとしてだけの機能する、教義、信仰などはそっちのけの金、票を集める為の口実造りの道具としてのお飾りに過ぎ無い。

 前置きが長くなりましたが、この常軌を逸した異常な組織共謀を一般人に理解して頂くのは、最低この位の社会的背景の前文が必要かなと思えます。本題に入ります。

 台湾では、観光名所九分、十分へ、今回、バスで市内郊外の町まで足を伸ばし、営業社員約二十人程で観光して来ました。九分では、空飛ぶ灯篭?に願いを筆墨で一つの灯篭に対して3人が願い事を書く様でして、その際、周囲がやたら願い事書け、書けと私に対ししつこく云うものだから、私、別に大した願い事も無かったが、云われるがまま、取り敢えずの適当に「大吉」と書いた。その途端、周囲が騒然として来た。そこは、正に汽車の軌道敷地内のレールの上で灯篭を飛ばしている醍醐味抜群が売りの観光名所ですから、早速タイミング良く汽車が走行して来まして、人々は、そそくさとその軌道敷地から出で行ったが、その時、私の眼前でこれ見よがしに係員は私が筆墨で書いたその灯篭のみをボトッとさり気なく地面に落とした。その際何時もながらだが、もしかしてさっきカルトちゃんに頼まれました工作?!又始まったかなと直感したが、これをカルト的に直訳すると、仏敵の私の願い事は、天に届かずに儚くも地面に落ちて叶いませんよ!という様なチンケでショーも無いカルトのネガティブガスライティングキャンペーンの寸劇なんですね。これ。その後、町が余りにも小さいので、カルトが工作がやり易い環境下で、その灯篭工作を手始めとした、事前に打ち合わせのカルト勤行工作に場面がスイッチした様だった。そうすると、私の歩こうと行く先々の動線に絡め、踏切、他の小路と交差する場所でのタイムリーなタイミングで日本と同様に、青い服装を着用する小作人を必ず各所に配置し、精度の高い徹底したマスゲームを私に監視行為を披露して来る。それは、台湾の山奥の町でさえも仏敵を監視出来るのだぞと、「仏敵に逃げ場は無いの!!」と、カルトは言いたげの様であるが、そもそも、明らかに学会員から逃げる目的で台湾迄来た訳では無いにも関わらずにです。(笑)このしょーも無い雑技団的な妙技を上から目線で、「どうだ、仏敵まいったか!」と信者は、私の精神に訴え掛けたい様だった。

20200204213345bc4.jpeg

20200205211408bf6.jpeg

20200204213500e40.jpeg

 その後、車椅子の人が2、3台出て来て、何とか最後に私がバスに乗り込む際の動線にこの車椅子との動線をタイムリーなタイミングでクロスさせる事で、この九分での学会員共の寸劇や、監視行為の総仕上げ的に、最後の締めに水戸黄門の印籠を見せつける様な意味合いで、彼等信者共が最後のその任務に集中している様に思えた。それでこの工作タイミングを合わせる手引役をしたのが、同僚社員の自他共に認める学会員夫婦で、奥さんの方は、先程の灯篭に筆墨で何やら願い事を書いていた様だが、一つの灯篭に願い事を書くのに飽き足らずに3つの灯篭にも書いていた様だ。どんだけ学会員は欲深で貪欲なんだよと思った。自身のご利益欲しさに夢中になって、教団が指定した敵対者に対し、監視、嫌がらせ行為を取り憑かれた様に、執拗に私に対し行って来る理由も頷ける。やはり、学会員だけの事有る。こんなのがご利益、功徳欲しさに国民の一割程の人間が仏敵ごっこに夢中になって取り憑かれる異常な国民だ。それにこの夫婦は、たまに信仰ボタンのスイッチが入るのを以前から気付いていたが、私、その際に、やっぱりやるん?!と思ったが、学会員の工作の大前提は、偶然を装いながらも、仏敵の私がその工作に感付いてい無い事なので、当然、この工作をするこの夫婦も、その様な教団の指示に忠実に従い、このしょーも無いシンクロゲームの最後に、学会員の思いの丈である水戸黄門の印籠出し立場で最高の仏敵成敗の構図を最後に完璧にこなしたいこの学会員夫婦と共に、その周囲の外国人も含めたカルト信者共で、正に雄叫びでも挙げるかの位にその場の空気が張り詰めていて異様に感じられた。それでその後、車椅子が私の目前を通り過ぎ、なんて事な無い様に、これって、作戦成功?失敗?なのかと思ったが彼ら信者は、組織の名が示す通り、つまらん価値を創造する創価学会と云う位であるから、恐らくは彼等信者共は満足なんだろうと思えた。因みに、その学会風水戸黄門印籠出しストーリーバージョンは大概4話程度しか無いにも関わらずに、何時もその印籠をこれ見よがしに、しかも常に上から目線で、そのストーリーさえも事前に知っている私に対し、「仏敵まいったか!!」と最初から見る気も無い学会風水戸黄門に無理繰りテレビチャンネルまでを学会員共に変えられる様な気分にさせられる。本当にウザ面倒臭い!それから、今度は間髪入れずに、ある同僚社員が買い物袋で音を立て始めた。それに反応する様に周囲の数人も反応し、同様に音を立て始め、私はそれを尻目に無視しながらバスに乗り込んだ。私その時に、今度は音テーマかと思った。その後社員を収容したバスは走行し始め、十分方面に向かうが、途中トンネルが有り、後方から筋書き通りの救急車がサイレンを鳴らしながらバスに追いついて来た。それで、日本での手口同様、先程音で感化しておいて、救急車を差し向け、このトンネルでサイレンの音を反響させれば、仏敵は音で精神圧迫する事と共に、車椅子と救急車の連想ゲームで怪我を連想させる事で精神不安にさせる事こそが彼等信者の今回一番の信仰であった様だった。因みに、在日の多い神奈川にいた頃は、車椅子⇒救急車⇒の締の最後に霊柩車が来るオチが付いてくるセットメニューとなる。しかも、縁起の良い午前にばかり来る。(笑)

2020020421340272a.jpeg

 帰路、午後7時半頃に成田空港に到着し、早速、私は入国管理の自動識別機のゲートを通り、1階の手荷物受取場所に向かおうとエスカレーターに乗り、その左側に立っていた。そうすると、丁度行程の半分位で、後方から、国内線用の大きさのキャリー手荷物が轟音を蹴立ててエスカレーター右側を勢い良く滑り降りて行った。当然その先には、一階に着きそうだった同僚の奥さんに当たって止まった。その後、私はその奥さんの怪我が無い事を本人に確認し、そのバックを落とした外国人に謝罪を求めた。その男はあっさり自身の非を認めてその奥さんに対して謝罪したが、これはたまたまでは無く、私が帰国した際にも監視、騒音の嫌がらせアピールをしたいと云う様な何時ものカルトの寸劇で有るのは間違い無いな。

20200204213640fa6.jpeg

2020020421360329e.jpeg

2020020421324650a.jpeg

20200204213201858.jpeg

20200204213136353.jpeg

20200204213108be9.jpeg

 この様に強制的に創価ワールドの住人にされて、この様な病的な世界から、当然私は、漫画の世界に迷い込んだ様に思える訳で、思わず「子供の頃から漫画、アニメばかり見てるから国民が馬鹿になるんだろ!このとんだ馬鹿民族が!!」と私は呟いた。先進国のこの日本人が幼稚な宗教に騙されて、約国民の1割がこんな子供でも飽きてしまう様な事を大の大人が真剣にやり遂げようとする訳なのだから、どんだけ馬鹿なのかと呆れてしまう。私も同民族ですが、一部国民とは言えここまでレベルが低いとは。少なくても民族性の一部か教育に欠陥が有ると云えるだろう。

 因みに私が長距離移動すると大きな事件事故、又はVIPのステップダウンが有るとのジンクスが有りますが、26日に成田空港から13時発の台湾行きの飛行機を搭乗待合室で待っている合間時間に見た報道なんですが、その台湾出発時刻の4時間前の福井県福井市の上空に、天空全体の空面積の半分が曇りで半分が晴れの興味深い報道がされていました。まぁ〜何て事無い報道だったんですが、印象に残ったのが、旧正月26日の福井市の空の半分に覆っていた雲の種類がひつじ雲でして、今年の干支はネズミだったなと思い出したのですが、そう言えば、私の生まれ年の干支はひつじですから、福井が、旧正月に海外に旅立つ日の同姓の福井市の空に鼠では無くひつじ雲って面白いと思っていましたが、帰路、成田で一泊し、翌日31日に地元北海道のに戻り、早速自宅のテレビ報道を見ていると、イギリスのBrexitを祝う報道がされており、往路の福井市の報道は、もしかしてあの空がドーバー海峡と、E Uからイギリスの分断の意味合い??でのイギリスのEUからのステップダウンを揶揄したものだったのかと勝手な解釈をしました。ただ、前面ににコロナウイルスと出してしまうと余りにもベタ過ぎて、湖南省のインフルエンザ、オーストラリアの火災等何でも関連付け出来てしまうので面白味が無いと思いましたし、人災臭いし。

2020020521441522a.jpeg


福井新聞引用
空が真っ二つ、福井で不思議な光景

福井地方気象台「珍しい」
2020年1月27日 午前7時10分
直線的に雲が発生し、青色と白色に分けられた上空=1月26日午前9時40分ごろ、福井県福井市東今泉町から撮影

 雲が直線的に現れ、上空が真っ二つに割れたような不思議な光景が1月26日午前、福井県内各地で見られた。
 福井地方気象台によると、本州南海上にある停滞前線の移動に伴い、前線付近にできた高積雲が移動したことで起こった。高積雲は「ひつじ雲」などと呼ばれ、通常はまだら状や帯状だが、この日は前線の影響で、雲が地上に近いところで分厚くなりびっしりと空を覆った。同気象台は「きれいに一直線になって動くのは珍しい」という。



 しかも、コロナウイルスやオーストラリアの火災は人災らしいし、5日アメリカの民主党候補指名争いで異例の集計トラブル、嵐のインスタグラムに投稿された『256』、湖南省、アメリカのインフルエンザ等何かデジャブな感が有ったなと思いきや、そう言えば以前、池袋での痛ましい母子の交通事故を起点として、ほぼ毎日、人の列に車が突っ込む事故が、自然界に有り得ない確率で連続して起こっていたのを思い出した。この畳み掛ける様に次々と事を起こす事で、社会に知られたく無い案件を、覆い隠す目的の為に、さも偶然を装って起こす事で、たまたまの偶然を人々に意識させ、結果的に世界の目を逸らすマスキング効果を狙った確信犯行で有ると思った。但し、湖南省とアメリカのインフルエンザは、時期的にたまたまなのかなとも思いますが、ただ言える事は、これまでに、カルト創価のカス共は、常識をを遥かに超越した犯罪者集団で有るのは間違い無いし、病的な反社会的な狂人集団で有り、基本、一人一人の信者は、気が小さく臆病な人物の集まりだが、あらゆる業種、職種に潜むカス学会員共が信濃町の号令一下、世界の目が創価に向かない様に必死にちんけな工作に没頭している反映ではないかと思えてしまうし、巨額の資金力と権力、人員の動員力は、潤沢で夥しい程の思考停止の洗脳された信者をどの様にも動かす事が出来る恐るべきカルト集団なのです。

 この様な手口を普段から常套手段にしながら、国内で信者を動員し、一個人をストーキングをしては、組織の集金力維持の道具にしているのが、創価学会であるし、子飼いのテレビ局、マスコミを金をチラつかせながら報道統制し、国民に悪事を知られない様に撹乱謀略工作に勤しんでいる。

 この他、首里城、白川郷、政府専用機な火災、ボヤなど3〜4日中の連チャンで起きているし、京都アニメーションの学会員犯人の犯行や、登戸での小学校生殺傷事件では、創価公明が提唱した防犯協会連合、通称防犯パトロールに事件後直ぐに血税が投入される利益誘導とも取れる事件も起きた。正に犯罪者集団が、権力、利権収奪目的、あわよくば、この国を創価の思惑通りに動かせる国へ変革する目的成就での真の公明党の役割と池田大作が生前?発言していた発言内容とピタッと合致してしまう。

 それで私が思うに、約5年間のほぼ毎週アンチ創価公明のゲリラ街宣を世界でただ一人行う、世界190ヶ国に存在する病的なカルト宗教信者の敵対者で有り、彼等の一番脅威に思っているでのあろう事は想像に難く無い訳です。当然、超仏敵と云っていいだろうと思う。少なくとも他の被害者は、電磁波だのテクノロジー犯罪などの実在し無い有りもしない偽被害者を絡ませてられて、被害者同士が互いに繋がって戦おうなんて言ってる間は、少なくてもこの犯罪が世間に顕在化し得無いであろう事は明白であるし、結局その様な被害者連中は、学会にとっては、子供騙しに騙される世間知らずの被害者位にしか思っていない事は確かだろう。

 そしてこの組織は、たった一人の個人に対し、全組織力を挙げてそこまでするのかと言うような事は、元公明党の書記長であった矢野絢也氏の著書にも記載も有り、私自身もそれを痛切に実感している。例えば、自宅マンションの全方向の隣室住人は、創価学会員共に固められて、コンクリートマイクで常時盗聴され、例えば私の食事の献立内容は、スーパー店員に潜む学会員からの買い出しした物品のレシートの情報リークや、周囲の学会員の監視の目からの情報収集、又は、勤務先の同僚の携帯電話から盗聴し、社内での会話内容情報から情報を拾われる。当然私のスマホは、常時盗聴、GPSの位置情報が筒抜けであるのは、以前のこのブログでも何度も記載しております。例えば、タイムリーなタイミングでテレビ番組のMCに私が食事を食すタイムリーなタイミングで本日の献立を言わせてみたりする位、結構頻繁に行っており、普段一般の方々が何気にTVを観ている時でさえ、この組織のしょーも無く、常軌を逸した病的な信仰をテレビを通して反映しているしょーも無い現実も有る。

 自身でもそこ迄、学会がするものか?と疑念を払拭出来てはいませんが、病的なカルトが巨額な金で世界にワールドワイドに害悪を撒き散らすのも有りかなと思い一応飛躍気味ではありますが、可能性の一つとして書いてみました。

 最近、元日産社長のゴーン氏が海外逃亡し、彼曰く「日本の司法システムは、まるで中世の様だ」と語り、私は正に渡しに舟で、早速それに便乗し「令和の時代になっても、魔女狩りならぬ仏敵狩りを行う中世の様な遅れた国日本だ」と英文で世界に対して発信したつもりだった。そのツイートはこれまでの私の周知活動にしては、始めて説得力の得られた(笑)発信だなと思えた。それに今まで積み重ねて来ていたYouTubeの再生回数も35万回程度にもなっていましたが、今では残念ながら、私のアカウントは凍結されたままになっている。その他、ほぼ毎週の札幌ゲリラ街宣と共に、たまの上京でのJR山手線主要駅、国会議事堂建屋前街宣での活動の継続で周知効果は少しづつでも上がって来ている事だけは、間違い無いだろうと思っておりますし、そんな個人のアンチ創価公明の周知活動に対して、当の創価の方は、どの様に考えているかまでは知る由も無いが、少なくても国内で胡散臭い事件、交通事故、放火などの多発での利益誘導、利権収奪や票の上乗せ、撹乱隠蔽工作と共に、それをさらに深化し、畳み掛ける独特の常套手段を世界に使い始めた??経緯から見ていると、ゴーン氏の発言に便乗した私の効果的な内容のツイート発信等が実は圧力になっていて、彼等の行動の最後のトリガーとしての決め手になり???それにより彼等の核心で有る処の世界世論の目から創価の悪事や実態が知れ渡らない様に防衛撹乱工作し、その為、世界190ヶ国に存在するカスな学会員共を動員し、金を世界にばら撒きながら、買収や世界の要人のコネを最大限に行使したり依頼工作、又は、学会伐の外務省鳳会の外国に於いての日本の信用度を利用しながらも諜報活動を不審に思われずに職権乱用したりし工作、世界各国の要職に就いた外国人学会員が職権乱用や便宜を図る事での工作が畳み掛けようとする動機ではないだろうかとも思える。特にオーストラリアの火災や、コロナウイルスでの場合は、正に人為的で有ると思えるし、コロナウイルスの場合は、エイズとインフルエンザの免疫破壊と感染力の良いとこ取りの継ぎ接ぎウイルスで1人の感染者を長期に何度も感染させる事でパンデミックを引き延ばしたい意向の反映かと思えるし、そのウイルスを研究所からの買収工作でリークさせた上で、周到に長引かせる為の遺伝子操作を加味準備した上で引き起こし、世界世論の目を創価に長期に渡り向かせ無い様な、壮大でかつチンケなカス撹乱工作を故意に引き起こしたのかと疑ってしまう。この大宗教対一個人や、世界対一個人の対立構図が、同一の相似したスケールギャップとして拡大投影した外郭枠にすっぽりと合致する処が首謀者の臆病者の発想と符号する。

因みに、今月9日から山口県へ、仕事での短期出張に行って来ますが、自身の仕事状況の様子を伺いながら、翌週のゲリラ街宣を広島市で行えるかどうか分かりませんが、一応行う方向で、拡声器も準備、持参して行こうと思っております。
2020/01/23

1月23日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。 23,January Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city

1月23日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀

         犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。

23,January Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city
I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 2 hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2.5 hours.)
Next week, guerrilla street propaganda will stop for me to go abroad.

札幌市中心部で約2時間と共に、地元最寄り駅での周知活動を含め、計2時間半程度の
周知活動を行いました。未だ街宣映像⑤⑥のアップロードが出来ていませんが、もしかし
たら、投稿が明日になるかも知れません。

それと、来週の札幌ゲリラ街宣は、私の勤務する会社の行事の為にお休みします。










2020/01/16

1月16日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。 16,January Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city

1月16日(木)反日カルト、集団ストーカー組織共謀

         犯罪周知 札幌ゲリラ街宣を行いました。

16,January Gang stalker: Today, I did street guerrilla anti organized crime propaganda activity in Sapporo city
I carried out the street guerrilla anti organized crime propaganda activities in Sapporo city center for about 1.5hours.
(I put in activities of street propaganda at the nearest station of my home, and carried out activities for a total of 2hours.)

今回の街宣内容は、反日活動家の様な街宣となってしまいましたが、創価共が、鎌倉や江戸時代の村八分や中世の魔女狩りならぬ仏敵狩りを、令和の現在に至っても受け継ぎ、再現し、この時代錯誤の遅れた精神性の内面を持つ一部の国民の信仰と共に、中世の様な日本社会の水面下の実態を周知出来たのは、その現実を知って頂く機会を提供出来た事は良かったと思っております。少なくても、日本国は、先進国とは言い難い程の、遅れた要素を保持しながら、狂気な教義を持つ異常なカルト宗教が政権与党の政界に君臨し、国民が思っている程にまともな国では無いし、その国民が聞きたくも無い様な真実を知らしめる事の重要性と共に、その改善点を提示する事での、普通なアプローチと全く違うこの国の正常化への指針?を異質な街宣内容表現方法として受け取って頂ければ幸いに思います。